アカデミーヒルズスクール
イベント

VISIONARY INSTITUTE
第6回 言語のイノベーション 未来が出現する編集技法

BIZセミナー 教養 文化

VISIONARY INSTITUTE(ヴィジョナリー・インスティテュート)は、私達の過去・現在・未来を統合的に通観して、「今、私達が学んでおかなくてはならないこと」を創発し、よりよい未来への卓見力を育む。次世代に伝承してゆく本質的な価値創造を志向する学習機会です。

日時

2010年09月30日 (木)  19:00~20:30
終了しています

内容

VISIONARY INSTITUTE - 2010 Seminar

第1回の講師 野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)
第1回「美徳のイノベーション」
野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)
第2回の講師 グエナエル・ニコラ氏(デザイナー)
第2回「異文化のイノベーション」
グエナエル・ニコラ氏(デザイナー)
第3回講師 伊藤俊治氏(東京藝術大学教授)
第3回「意識のイノベーション」
伊藤俊治氏(東京藝術大学教授)
「今、私達が学んでおかなくてはならないこと~確かな未来創造へのマイルストーン」と題して、有識者の方々をお迎えし 、連続セミナーとして開催しているVISIONARY INSTITUTE 2010 Seminar。
現在、社会や組織のいたるところで、私達が気づきはじめている「断絶」。その克服と、「一体性」の回復に向けて、有識者の多角的視点から現在をみつめ直し、私達一人ひとりが過去・現在・未来を統合的に通観し、よりよい未来への卓見力を育くもうという本機会では、リーダーが何を実行するか、どのように実行するかだけではなく、個人としても集団としても自らは何者なのか、行動を生み出す心の源泉は何であるかという根本価値にこそ気づくことが示唆されています。

2010年4月から9回連続で開催される連続セミナーは、これまでに
第1回/実践知の本質視点に学ぶ『美徳の経営』論
第2回/異文化視点にこそ価値が際立つ『日本のデザイン』論
第3回/先端芸術のアート視点により進化をたどる『人と環境のコミュニケーション』論
第4回/知性の統合視点から本質に触れる『未来をつくるイノベーションのための文化資本』論
第5回/自他の関係性を非分離の述語視点から読み解き直す『存在のホスピタリティ』論
と回を重ねて来ました。

更にその前後には、各セミナーの講演内容に学んだ本質的価値を定め、ライブラリーメンバーとファシリテーターによるWorld Cafeを連続開催。「私達の未来創造」について、真摯な対話を継続して重ねています。『経済行為とは?』『変容とは?』『日本が変わるためには?』など多彩なテーマ設定ながら、そこに一貫して通底する問題意識や解決策をめぐり、毎回盛況のうちに活気に満ちた対話が重ねられ、まさにそれまでの気づきや発想を更に跳躍させる意識変容(マインドイノベーション)が参加者同志の中で実感されつつあります。

これまでのプロセスから、いよいよ本年後半のVISIONARY INSTITUTEにおいては、『日本とは』『日本人とは何であるのか』『世界の中の日本・日本の中の世界』『私達にとってかけがえのないもの』という本質的な文化視点について、今、私達が実践的に何にどのように向かうことができるのか探究に取組んでゆきます。

第6回 言語のイノベーション 未来が出現する編集技法

第4回講師 福原義春氏(株式会社資生堂名誉会長)
第4回「未来をつくるイノベーションのための文化資本」
福原義春氏(株式会社資生堂名誉会長)
第5回講師 山本哲士氏(国際ホスピタリティセンター ジェネラル・ディレクター)
第5回「存在のイノベーション」
山本哲士氏(国際ホスピタリティセンター
ジェネラル・ディレクター)
VISIONARY INSTITUTE - 2010 Seminar- 中盤を迎える第6回は、常に『編集』的視点から世界を縦横無尽に読み解き、日本文化研究の第一人者である松岡正剛氏をお迎えします。

松岡氏は、日本で初めてのエディトリアル・ディレクターとして、学際の領域を超えて、超ジャンル的編集と先駆的グラフィズムを次々と生み出し、アート・思想・メディア界に多大な影響を与え、常に革新的に時代の文化創造に寄与して来られました。

1987年に編集工学研究所を設立。日本文化、経済文化、物語、デザイン、文字文化、図像学、自然学など多方面に及ぶ研究成果を情報文化技術に応用・発展させる活動を開始。
世界初のインターネット上の学校「ISIS編集学校」の開設により、編集工学の教育メソッド化にも意欲的に取組まれています。一方で、ウェブ上に連綿と編まれた『千夜千冊』の執筆は、世界の知の体系を出現させ、その書籍は、本セミナーで第4回にお迎えした福原義春氏のアートディレクションにより出版されました。それは、現在も更に連環編へと進み編まれ続けています。

更には、日本の歴史文化の思想と技術を伝承するための連続講義形態も勢力的に展開。「連塾」などを通じて『日本の方法の魂(スピリット)』を公開し、また書籍と読書の新たな可能性を探り実現した『松丸本舗』の取組みは各界から注目される新時代の知的ビジネスモデルとなっています。

今回は『言語のイノベーション 未来が出現する編集技法』と題して、松岡正剛氏の編集という方法をめぐり、日本の文化資本への可能性とその方法の根源となる『言語』『文脈』についてもご教示願います。
それは、イノベーションという新たな発想やものづくり・ことづくりに向かうための、分母的かつ根本的な知識創造/価値創造の方法について、大きな示唆に富んだ学習機会となるでしょう。

参考図書

千夜千冊

松岡正剛
求龍堂

講師紹介

講師
松岡正剛 (まつおか・せいごう)
編集工学研究所所長・イシス編集学校校長

1944年京都生まれ。東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授を経て、編集工学研究所所長・イシス編集学校校長。
1971年に工作舎を設立し、オブジェマガジン『遊』を創刊。超ジャンル的編集と先駆的グラフィズムを次々に生み出し、アート・思想・メディア界に多大な影響を与える。1987年に編集工学研究所を設立、情報文化と情報技術をつなぎ、応用発展させる活動を展開。数多くの企画・開発プロジェクトのプロデュースや監修、演出を手掛ける。2000 年にネット上で連載をスタートした壮大なブックナビゲーション「千夜千冊」は300万アクセスを超える。同年、インターネット上で編集術を学ぶことができる「イシス編集学校」を開校した。また、日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し、独自の日本論を展開している。
著書に『知の編集術』『日本流』『フラジャイル』『日本という方法』『17 歳のための世界と日本の見方』『にほんとニッポン』『国家と「私」の行方』ほか。編集構成に『情報の歴史』『色っぽい人々』『NARASIA』『日本力』『意身伝心』『匠の流儀』『インタースコア』など。

すべて読む 閉じる

開催実績

ヴァンダナ・シヴァ (環境運動家 / ナブダーニャ財団ファウンダー)
ハンス・ルドルフ・ヘレン (農学者 / 昆虫学者 / バイオヴィジョン財団ファウンダー)
アリス・カニングハム (NPO法人秀明インターナショナル国際プロジェクト エグゼクティブディレクター 国連NGO担当)
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2014/12/12 (金)

加藤重治 (前文部科学省国際統括官 / 日本ユネスコ国内委員会事務総長
)
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2014/11/28 (金)

山本良一 (東京大学名誉教授)
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2014/10/17 (金)

若尾久 (カシオ計算機株式会社 CSR)
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2014/09/12 (金)

竹村真一 (京都造形芸術大学教授 / Earth Literacy Program代表)
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2014/06/13 (金)

宮脇昭 (横浜国立大学名誉教授
公益財団法人地球環境戦略研究機関 国際生態学センター長)
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2014/01/30 (木)

村上和雄 (筑波大学名誉教授 )
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2013/10/11 (金)

アラン・A・今井 (NPO法人秀明インターナショナル 理事)
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2013/09/19 (木)

島津光二 (日産グローバル株式会社取締役会長)
鮎川雅子 (日産グローバル株式会社代表取締役)
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2013/06/18 (火)

西鋭夫 (スタンフォード大学フーヴァー研究所教授)
薄羽美江 (株式会社エムシープランニング代表取締役 / 一般社団法人三世代生活文化研究所理事)
開催日 :  2013/05/30 (木)

Everett Kennedy Brown (epa通信社日本支局長 / ブラウンズフィールド代表)
開催日 :  2012/10/10 (水)

下山博志 (人材開発プロデュース企業
株式会社人財ラボ 代表取締役社長)
開催日 :  2012/07/17 (火)

的川泰宣 (宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授
はまぎんこども宇宙科学館館長)
開催日 :  2010/11/24 (水)

高間邦男 (株式会社ヒューマンバリュー 代表取締役)
開催日 :  2010/10/18 (月)

山本 哲士 (株式会社国際ホスピタリティ研究センター ジェネラル・ディレクター)
開催日 :  2010/08/04 (水)

福原義春 (株式会社資生堂 名誉会長)
開催日 :  2010/07/08 (木)

伊藤俊治 (東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授)
開催日 :  2010/06/21 (月)

野中郁次郎 (一橋大学 名誉教授)
開催日 :  2010/04/20 (火)

募集要項

日時 2010年09月30日 (木)  19:00~20:30
受講料(税込) 5,000円
定員 200名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • VISIONARY INSTITUTE、アカデミーヒルズ
プログラム提供
協力
会場 アカデミーヒルズ40(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー40階)

※会場を40階に変更しております。ご注意下さいませ。

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

■今後のVISIONARY INSTETUTE-2010 Seminarのご案内

第8回 的川泰宣 (独立行政法人宇宙航空研究開発機構 名誉教授)
第8回 的川泰宣 (独立行政法人宇宙航空研究開発機構 名誉教授)

テーマ:飛翔のイノベーション 未来を開発する宇宙探索
日 時:2010年11月24日(水) 19:00~20:30
推薦書籍:『宇宙からの伝言』(数研出版 2004/12)


第9回 佐治晴夫 (鈴鹿短期大学学長)
第9回 佐治晴夫 (鈴鹿短期大学学長)

テーマ:創成のイノベーション 未来に継承するリベラルアーツ
日 時:2010年12月20日(月) 19:00~20:30
推薦書籍:『女性を宇宙は最初につくった』(春秋社 2009/03)



お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



Friday Night
66 BOOK CLUB
六本木アートカレッジ
石倉洋子のインタビュー