記事・レポート

「したたかな生命~進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か~」

更新日 : 2009年07月24日 (金)

第22章 エセのエコに騙されるな

北野宏明さん

北野宏明: じゃあ、どうするかというと、もう使うものは限られてくる。日本のバイオマスで、家畜排泄物がかなり再利用されています。食品廃棄物は、実は20%ぐらいしか使われていないのです。残飯の8割は使いようがあるんです、栄養分が高いですからね。食べたらメタボになるけど、これは使い道がある。

廃棄紙は結構難しいみたいで、これを何とかするという研究はありますが、ほとんどだめなようです。パルプ廃液は使っています。

製材等もかなり使っています。建設の資材の場合、問題はセルロースを分解しないと使えないということ。これが非常に難しいというのと、いろいろなところにバラバラにあるんです。それを持ってくると輸送コストがかかる、当然エネルギーもかかるので、それを全部計算すると、あまりエネルギーバランスがよくないのです。

林地の残材も同じ問題があります。要するにあちこちから集めなければいけないから、切って集めてどうのこうのやるエネルギーコストを考えると、ペイするかは微妙です。

あとは籾殻、これは使えます。現在、7割が使われていません。これをどうするか。ただ、これはどうもいろいろ聞くと農地から集めるというのは、大規模プラントだと難しいみたいです。農地の近くに大規模プラントがあるということは、ちょっと考えられないので。そうすると、そこまで持ってくるエネルギーコストとバランスを考えると、これはどうか分からない。

小さめのプラントが農家にたくさんあるというふうになると別です。ただし、今、セルロースを分解するためには濃硫酸でやるのです。そうすると、そんなものをあちこちには置けませんから難しいんですね。そうじゃないやり方が今できつつあるので、それができると分散型でできるかもしれません。

こういう廃棄物のリサイクリングでエネルギーをつくるわけです。そのときの問題は、どう回収して分配するかです。今の大規模回収、大規模分配という、ハブ型のシステムはエネルギー効率が悪いし、ロバストネスも低くなってくる。だから、分散型のやつでなければいけないのです。

例えばこれから森ビルが北仲ヒルズとか開発するじゃないですか。ああいうのもローカルな分散型でやるのが、多分エコロジカルにフレンドリーですよね。ローカルでカーボンニュートラル、エナジーニュートラルにするためには、それなりの仕掛けが多分必要だと思います。普通の都市構造でこれをやったときには、やはり集配のエネルギーコストで多分負けてしまう。バランスがとれないのです。

最近「フードマイル」というアイディアがありますが、エネルギーで一番問題になるのは、遠くから物を持ってくるということなので、基本的には輸送コストなんですね。ここをクリアできるような都市構造に変えていかない限り、環境問題のインフラとしての問題は解決できない。

竹内薫: エコという話になると、2つあるような気がするんです。実際にそれがうまく回っていて論理的にちゃんとしているものと、何かちょっと掛け声だけのものと。

北野宏明: エセのエコ。

竹内薫: エコといわれるものの中にはいろいろなカラクリがあったりするものもあるので、ちょっと気をつけなければいけない。

北野宏明: そうですね。食料のようなものは使わない方がいいですね。オーストラリアは藻類を使って光合成をさせて、そこから油を分泌させたり、エタノールにしたりするプラントをつくっていますが、こういうのは割とまっとうです。技術的にまだ結構大変だけれど、こういうプラントは出てくると思います。
(その23に続く、全23回)

※この原稿は、2008年7月3日に開催したRoppongi BIZセミナー「したたかな生命~進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か~」を元に作成したものです。

※本セミナーで取り上げている病気や疾患などの説明および対処方法は、「ロバストネス」の観点からの仮説です。実際の治療効果は一切検証されていません。講師およびアカデミーヒルズは、いかなる治療法も推奨しておりませんし、本セミナーの内容および解釈に基づき生じる不都合や損害に対して、一切責任を負いません。病気や疾患などの治療については、信頼できる医師の診断と指示を必ず仰いでください。

「したたかな生命~進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か~」 インデックス

NO PHOTO


該当講座

したたかな生命
進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か
北野宏明 (ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長  )
竹内薫 (作家・サイエンスライター・理学博士)

大腸菌、癌細胞、ジャンボジェット機、吉野家、ルイ・ヴィトン、一見するとばらばらなこれらのものには共通点があります。それが「ロバストネス」。「頑健性」と訳されることの多い言葉ですが、その意味するところはもっとしなやかでダイナミックなものです。システム生物学から生まれたこの基本原理は取り巻く環境の幅広い....


BIZセミナー その他 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter