記事・レポート

「したたかな生命~進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か~」

更新日 : 2008年12月15日 (月)

第7章 全部に対してロバストというのはあり得ない

北野宏明さん(左)、竹内薫さん(右)

北野宏明: ボーイング777は乱気流に対しては極めてロバストです。乱気流で落ちたという話は聞かない。しかしライト兄弟の飛行機というのは横風が1メートルぐらい吹くと、もう飛ばせない。人間が頑張って制御していますから、横風に対しては極めて弱い、ロバストではないのです。

ところが、ボーイング777が何らかの理由で電源系が全く使えなくなった場合には、全部電気で動いていますから飛ばすことができません。ただの物体として、自由落下する以外ない。ただ、そうなる確率は極限まで押さえていますから、現実には、普通はそんなことは考えなくて構わないわけです。が、何かの状況でそれが起きたときにはもう飛びません。

一方、ライト兄弟の飛行機は電気を使っていませんから、関係ないんです。じゃあ、ライト兄弟の飛行機を安定して飛ばす方法はあるかというと、あります。最新の電子制御を使えば、かなり安定します。そのときには、でもやっぱり電気がなくなったらだめになる。要するに同じなんですね。

もう少し分かりやすい話をしましょう。例えば森の中に町があるとします。森林火災が起きると、森が燃えてしまいますから、この町はあまりロバストじゃないわけですね。ロバストにするためにはどうするかというと、バッファゾーン、緩衝帯をつくるのです。西からの火に備えて、西に壁をいくつか設ける。そうすれば西で森林火災が起きても、火は町までは来ませんよということで、ロバストになったと考えます。

ところが全然違う方向から火が来ると、壁は役に立たないわけです。西からの火災にはロバストだけれども、南や北、あるいは東からの火災には脆弱である、ロバストじゃない。つまり、トレードオフがあるというわけです。

当然、「もうちょっと頭使えよ!」という話になりますよね。火がどっちらから来るかわからないんだから、町をグルッと囲むように緩衝帯を設けようと、当然思いますよね。そうした場合、何が起こるかというと、森全部に火が燃え広がりますから、真ん中の町は酸欠で人が死んでしまうわけです。結局、デザインの問題があるわけですね。

「いや、それは中途半端なことをするからいけないんだ。全部木を切ってしまえ!」ということで、今度は木を全部切るわけです。そうすれば木がないんだから、森林火災は起きない。絶対大丈夫です。でもあるとき、雨が降るわけですね。すると町は洪水で流される。

これ、実際に起きていることなんですよ。日本でも、実際に同じようなことがたくさん起きています。ダムをつくって護岸すると、ある一定の水害に関してはロバストになるんだけれど、それを超えたものに関してはものすごく脆弱性があるというのは、よく知られていることです。また、水質汚濁の問題などに関しては、護岸をやってしまうと極めて脆弱になります。

だから、どうしてもトレードオフがあって、全部に対してロバストじゃないわけです。この場合にロバストだと、それ以外のものに対して脆弱性が必ず出てくる、それをどうコントロールするかが勝負だろうと思います。
(その8に続く、全23回)

※本セミナーで取り上げている病気や疾患などの説明および対処方法は、「ロバストネス」の観点からの仮説です。実際の治療効果は一切検証されていません。講師およびアカデミーヒルズは、いかなる治療法も推奨しておりませんし、本セミナーの内容および解釈に基づき生じる不都合や損害に対して、一切責任を負いません。病気や疾患などの治療については、信頼できる医師の診断と指示を必ず仰いでください。

関連書籍

したたかな生命

北野 宏明, 竹内 薫
オーム社

「したたかな生命~進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か~」 インデックス

該当講座

したたかな生命
進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か
北野宏明 (ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長  )
竹内薫 (作家・サイエンスライター・理学博士)

大腸菌、癌細胞、ジャンボジェット機、吉野家、ルイ・ヴィトン、一見するとばらばらなこれらのものには共通点があります。それが「ロバストネス」。「頑健性」と訳されることの多い言葉ですが、その意味するところはもっとしなやかでダイナミックなものです。システム生物学から生まれたこの基本原理は取り巻く環境の幅広い....


BIZセミナー その他 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter