記事・レポート

「したたかな生命~進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か~」

更新日 : 2009年07月23日 (木)

第21章 食料を原料にしたエタノールは、環境に優しくない

北野宏明さん

北野宏明: 環境問題というと、何か「自然に帰れ」みたいなイメージがあるんですよ。エコエコというと、何か自然というイメージがあるのですが、自然という意味でいくと、人間はある意味、不自然なわけですよね。つまり人間の存在そのものは、別に地球にとってはそんなに必要ではない。

北野宏明: 結構邪魔かもしれない(笑)。

竹内薫: 地球にとっては、別に人類がいるか、いないかということは、そんなに関係ないだろうし。

北野宏明: 関知する話ではないですね。彼は、彼というのは変ですけれど。

竹内薫: しかし、人間中心に考えていった場合、人間が存続できるか、つまり、今のこの快適な文明生活みたいなものを続けらるかというのが環境問題ということですか。

北野宏明: 1つの考え方はそうですね。やはり、それに伴って我々が密接に関係する動物、植物などのかなりの部分が迷惑を被り、絶滅してしまったりするわけですから。そういうことも含めて、自分たちだけじゃなくて、人類の責任というのは非常に大きいですね。

竹内薫: 例えばシステム論から見たときに、二酸化炭素濃度をこれ以上上げないための、何か方法論となると、どういうものがありますか?

北野宏明: 基本的に大きいのはエネルギー問題。ごみの問題とか、いろいろなことが人類活動にはあると思います。人類活動以外の二酸化炭素の変動や気温変動もあるのですが、ただこれはあまりコントロールできないので、この話をしても仕方ない部分があります。

人類活動ではO2を使って、CO2を出しているわけですが、森林がCO2を吸収して酸素を出しているんです。でも実は、森林よりも海の方がCO2吸収は圧倒的に大きいです。

面白いのはヤマニ石油相(サウジアラビア王国)が、「石器時代は石が足りなくなって終わったんじゃない」と言っているんです。まあ当たり前ですよね(笑)。でもなかなか鋭くて、「石油時代は石油が足りなくて終わるんじゃないだろう」と言っています。

竹内薫: それは面白いですね。

北野宏明: これを70年代に言っているんですよ。なかなか名言で、僕も気に入っているのです。やはり、この問題ではオルタナティブエナジーというのを多分やらなければいけないでしょう。最近、食料を使ってエタノールをつくっていますが、これはあり得ない。

竹内薫: まずいと。

北野宏明: もうだめでしょう。それともう1つ。ボルネオ島で、今何が起きているかというと、森林伐採が進んでいます。森林を伐採してオイルパームを新たに植えている。要するに油ヤシのバイオエタノールでエコフレンドリーなエネルギーをつくっているんです。

竹内薫: 原生林を全部切ってしまう。

北野宏明: ボルネオでは原生林をガンガン伐採しています。それで、オイルパームのプランテーションを開発して、それでエタノールをつくって、「これで地球環境に優しい!」という話なんです。

竹内薫: つまり、我々がエコエコと言っていろいろな政策を進めた結果出てきたのが、ここまでいってしまったということになると、これは何なんだろうという話ですね。

北野宏明: ボルネオは大問題ですよね。アマゾンやブラジルでもこういうことは起きているわけです。いろいろなところで、こういうことが起きている。

東北大の中静透先生という生態をやっている人とお話をしたことがあるのですが、「この辺りの伐採は非常に問題だ」と言うのです。なぜかというと、蝶や蜂などの虫は湿地帯で休んで、それから森林に出てくるのです。彼らの巣は基本的には湿地帯にあります。湿地帯を伐採してエビ養殖などもやるわけですが、そうなると、そういう昆虫がいなくなる。昆虫がいなくなれば、いずれ森林は滅びます。だって受精できないから、リプロダクションできない。

竹内薫: 花粉を運ぶ虫がいなくなってしまうわけですね。

北野宏明: ここら辺の原生林の寿命はあまり長くないだろうという議論をしています。そういうことが今オイルパームだとかいろいろなことで起きているのです。だから、これはあり得ないソリューションになっているのです。無理なんですよ。

竹内薫: かえって環境破壊になってしまうわけですね。
(その22に続く、全23回)

※この原稿は、2008年7月3日に開催したRoppongi BIZセミナー「したたかな生命~進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か~」を元に作成したものです。

※本セミナーで取り上げている病気や疾患などの説明および対処方法は、「ロバストネス」の観点からの仮説です。実際の治療効果は一切検証されていません。講師およびアカデミーヒルズは、いかなる治療法も推奨しておりませんし、本セミナーの内容および解釈に基づき生じる不都合や損害に対して、一切責任を負いません。病気や疾患などの治療については、信頼できる医師の診断と指示を必ず仰いでください。

「したたかな生命~進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か~」 インデックス

NO PHOTO


該当講座

したたかな生命
進化・生存のカギを握るロバストネスとは何か
北野宏明 (ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長  )
竹内薫 (作家・サイエンスライター・理学博士)

大腸菌、癌細胞、ジャンボジェット機、吉野家、ルイ・ヴィトン、一見するとばらばらなこれらのものには共通点があります。それが「ロバストネス」。「頑健性」と訳されることの多い言葉ですが、その意味するところはもっとしなやかでダイナミックなものです。システム生物学から生まれたこの基本原理は取り巻く環境の幅広い....


BIZセミナー その他 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter