六本木ヒルズライブラリー
書 籍

新刊お薦め 2023年

「最も強い者が生き残るのではない。最も賢い者が生き残るのではない。唯一生き残るのは変化できる者である」とは、ダーウィンが言った言葉ではない、とご存じですか ? 誤って理解され、世間の常識となっている進化論を、第一線の進化学者が「進化と進歩」などを手がかりに紐解いていく『ダーウィンの呪い』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



舞台は2010年代の韓国。新卒で銀行に入行。しかしバブル崩壊時期にあたってしまったという日本人の著者。経営破綻に近づいた韓国の銀行を再建するという機会に、捲土重来的な思いを抱きます。与信、財務分析の強化等、「当たり前のこと」を地道に重ねていくことで、再建が果たせるのか?『韓国貯蓄銀行再建日記』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



人間の感情は、文化が違っても変わらない。しかし、日本社会には独特の生きづらさがある。イタリア人の精神科医である著者は、日本文化の外にあるものと比較することによって、内側からは見えにくい「日本の慣習」を明らかにしていきます。『見えないから、気づく』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



"ラグビー南ア初の黒人主将" の自伝は、圧倒的な貧困、人種問題、アルコール等多くのものと戦いに、苦しみながら勝ち残ってきた一人の人間の物語。壮絶な努力によってもがきながら結果を残してきた人物と描くことにより、誰にでも親しみやすい一冊。『RISE ラグビー南ア初の黒人主将 シヤ・コリシ自伝』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



視覚思考者は、イメージを駆使して物事を理解することが得意。それに比べて多数であるマジョリティの言語思考者は、物事を順序立てて考えるのが得意。異なる二つの思考者が協力し合えるようになるためには何が必要か。『ビジュアル・シンカーの脳』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



「失われた30年」で済むどころか、このまま永遠に、昭和的ゾンビ企業がゆっくりと沈んでいきそうな、日本経済。日本的企業においてCFOが機能していないことも一因かと、素直に思える説得力のある一冊『CFO思考』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



何を考えるにしても、感情にぶらされ過ぎずに、"正しい考え方"をすることがまず第一歩。『「数学的センス」を磨く フェルミ推定』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



個々人に寄り添って「休むこと」の必要性を伝える著者。少しでもイヤだと思ったら、違和感を感じたら、休みましょうとの言葉が暖かく響きます。『全部うまくいかないのはわたしが頑張りすぎるから』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



ゴリラであることに誇りと自信を持ち、夫のゴリラを射殺した動物園を訴えるーー。緻密な法廷小説であり、人間の存在を問うユニークなフィクション。『ゴリラ裁判の日』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



私たち自身が子どもだった頃と、今でも何ひとつ変わらない日本の学校システム。どうして「モノを考えさせる」教育が日本になくなってしまったのでしょうか…『東大よりも世界に近い学校』ほか、今読むべき新刊書籍のご紹介です。



「ファシリテーション」とは何か? これを行うにはどうすればよい? 新しいものを生み出す「ファシリテーション」を実践的なものにする『共に受容するファシリテーション』など、今読むべき最新書籍のご紹介です。



2041年の私たちは、確実に今より年老いています。それならば、今のうちにSF的な想像力を働かせ、受け入れる準備をしておいた方がいいかもしれない…『AI 2041』など、最新のおすすめ本はこちら。




六本木ヒルズライブラリー
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊