オピニオン・記事

生命観を問い直す

更新日 : 2009年08月03日 (月)

第12章 生命の目的は子孫を増やすことだけではない

福岡伸一 分子生物学者/青山学院大学教授

会場からの質問: 脳細胞は、従来、一度壊れたら再生しないと考えられてきたと思いますが、この間、再生するのだという論調を聞きました。脳細胞の再生も「動的平衡」システムのような理論から説明できるものなのでしょうか。

福岡伸一: まず「細胞が分裂して増えていく」ことと、「動的平衡状態によって細胞が新陳代謝をしていく」ことは同じではありません。脳のほとんどの細胞は、一度完成すると二度と分裂しないので、損なわれると死んでしまいます。しかし、わずかな細胞だけに分裂能力が残されていることが最近わかってきました。ご質問はそのことをおっしゃっているのだと思います。

分裂することをやめた細胞は、すべて動的平衡状態にあります。細胞自体は増えも死にもしませんが、細胞の分子はものすごく高速で入れ替わっていきます、ですから分子レベルでは、私たちは1年前と今とでは全然違っています。よく「お変わりありませんね」と挨拶しますが、皆さんは「お変わり“ありまくり”」なのです。

会場からの質問: 心は非常に曖昧なもので、なかなか客観的に定義することは難しいと思います。心はどこにあるのかということに興味を持っているのですが、先生はどのようにお考えでしょうか。

福岡伸一: これまた非常に難しいご質問です。「万物は流転する」。これは、紀元前5世紀頃にヘラクレイトスが言ったとされる言葉です。日本でも中世、鴨長明が「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」(方丈記)と記し、生命を動的なものとしてとらえました。シェーンハイマーは、偉人たちの言葉を言い直したに過ぎないともいえますが、1つだけ違うことがあります。それは、使った言葉の解像度。彼は分子のレベルで「生命が絶え間なく流れている」と言ったのです。

同じことが心の問題にも言えます。心がどこにあるか、心の物質的な基盤は何なのか、情報的な基盤は何なのか、あるいはエネルギー的な基盤は何なのか、これはいまだに解決できない問題です。ただ、心は人だけが持っているものではないと思うのです。カメムシだって何かを考えて何かに悩んでいます。ミミズだって悩んでいます。

進化論に先立って、ダーウィンが研究していたのはミミズで、ミミズが葉っぱをくわえて穴に入る様子を研究しました。できるだけ大きな葉っぱを穴に入れることで、何度も出入りしたくない、安逸な暮らしをしていたいとミミズは思っているわけです。

そこでダーウィンはいたずらをして、葉っぱを逆ハート型に切り、簡単に穴に入れられないようにしました。ミミズは一瞬悩んだのですが、試行錯誤の末、葉っぱの反対側を持って入れる方法を編み出しました。

多くの生物は、実はできるだけサボろうとしている、できるだけ楽をしようとしています。ダーウィンやドーキンスには「利己的な遺伝子」という言明があります。「生命の目的は子孫を増やすこと。DNAは自己を複製することが目的であって、私たち個体はその乗り物にすぎない」という意味ですが、これとは違う遺伝子の側面を見ることができます。

遺伝子が自己を複製したい、私たち個体が子孫を残したいという行動はたくさん見受けられますが、実はそうではない生命の時間もたくさんあります。それは、できるだけサボろう、できるだけ楽をしようということ。

遺伝子は「自己を複製しろ」とだけ命令しているのではなく、むしろ個体に対して「自由であれ」と言っているようにも見えるのです。

この「自由さのあり方」として、心の問題もとらえられるのではないかと私は思います。これまた十分な答えになっていませんが、何かのヒントになればと思います。


該当講座

生命観を問い直す
福岡伸一 (分子生物学者/青山学院大学 理工学部 化学・生命科学科 教授)

現在、私たちの周りには生命操作を巡る様々な議論があります。遺伝子組み換え、クローン技術、ES細胞、臓器移植・・。これらを可能とする先端技術の通奏低音には、「生命とはミクロな部品が集まってできたプラモデルである」という見方、すなわち機械論的生命観があります。 しかし、本当に生命とはプラモデルのような置....


BIZセミナー その他 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事