記事・レポート

無料で学べる「オープンエデュケーション」がもたらす人材革命

~ウェブで教育の機会が世界に開かれる意味:飯吉透×石倉洋子~

キャリア・人ビジネススキル政治・経済・国際
更新日 : 2012年08月10日 (金)

第6章 ウェブで人生を切り開け! 昨日と同じ自分でいるなら明日はない

石倉洋子(慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授)(左)飯吉透(京都大学 高等教育研究開発推進センター 教授)(右)

飯吉透: グローバル人材とオープンエデュケーションには共通点があります。

例えば——

・狂おしいほど情熱的である。
・「生き方のモード」であり、完成形がない。自分を拡張し、変化し、成長させることに意欲的に取り組み続ける。
・より楽しく前向きに学び続け、働き続けられる。……楽観的にやっていくのが大切です。
・自ら問題を探し、解決し、それを発信していく。……そうすることで自分の知識やネットワークを国内外に広げられます。
・自立的・自助的であると同時に、協調的・互助的である。……たとえ意欲的でも、わがままに独善的に一人で勝手にやっていく人は、グローバル人材として歓迎されません。2つのバランスを取るのは非常に難しいのですが、とても大切です。

『ウェブで学ぶ』の共著者、梅田望夫さんは「ウェブは、人生を切り開いていくための強力な道具になる。そのとき重要なのは師や同志との出会いであり、ウェブなら時空といった物理的な制約を超えて志向性を同じくする共同体をつくれる。知識を学ぶだけでなく、職を得て生計を立てていくために、ウェブを人生のインフラとして活用していくことが大切だ」というようなことを述べています。こういうことを我々も考えないといけないと思います。

石倉さんは、『グローバルキャリア』という5章からなる本を書かれ、ウェブに「Global Career Part6(グローバルキャリア・パート6)」という、いわば6章目となるサイトをつくられました。グローバルキャリアの共有を通じて、同志の始めの一歩を支援するという素晴らしいサイトです。ぜひアクセスしてみてください。

20世紀前半に活躍したジョン・デューイという有名な教育学者・思想家は、こう言いました。「If we teach today as we taught yesterday, we rob our children of tomorrow.(昨日と同じようにきょう教えていれば、あしたの子どもたちは不幸になる)」。これを現代ふうに言い換えれば「If we learn today as we learned yesterday, we rob ourselves of tomorrow.(昨日と同じように学び続けていれば、我々自身の明日はない)」ということになるのではないでしょうか。

教育とは、無現の可能性を信じることです。だからこそ、オープンにならなければいけないのです。ぜひ皆さんにはオープンに学び、オープンに人を育てていっていただきたいと思います。

Clip to Evernote

関連書籍

『ウェブで学ぶ~オープンエデュケーションと知の革命~』


『ウェブで学ぶ~オープンエデュケーションと知の革命~』


梅田望夫,飯吉透
筑摩書房

『グローバルキャリア~ユニークな自分のみつけ方~』

石倉洋子
東洋経済新報社

『世界級キャリアのつくり方』

黒川清,石倉洋子
東洋経済新報社


該当講座

オープンエデュケーションがもたらす人材革命

~ウェブによって世界中の人々に教育の機会が開かれる意味~

オープンエデュケーションがもたらす人材革命
飯吉透 (京都大学 高等教育研究開発推進センター 教授)
石倉洋子 (一橋大学名誉教授)

飯吉 透(京都大学 高等教育研究開発推進センター 教授)
石倉 洋子(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)
全世界に広がるオープンエデュケーションを巡る動きを解説し、これからの教育、個人のキャリア構築がどのように影響を受けるのかを考察します。また、グローバル人材の育成が急務と言われる中、日本人はオープンエデュケーションを具体的にどのように活用していけばいいのか、議論します。


グローバル・アジェンダ 政治・経済・国際 キャリア・人 ビジネススキル 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter