記事・レポート

無料で学べる「オープンエデュケーション」がもたらす人材革命

~ウェブで教育の機会が世界に開かれる意味:飯吉透×石倉洋子~

キャリア・人ビジネススキル政治・経済・国際
更新日 : 2012年08月09日 (木)

第5章 カリキュラムも教材もないオンライン大学が登場

飯吉透(京都大学 高等教育研究開発推進センター 教授)(右)

飯吉透: 今、海外の一流大学は競うようにオンライン教育に取り組んでいます。特に、MOOC(Massive Open Online Courses)という形が注目を集めています。スタンフォード大学がグーグルの研究者と一緒に「人工知能概論」という既存の講義をオンライン教育化しオープンにしたところ、10万人ぐらいがサインアップしました。これがユニークなのは、受講は無料なのでスタンフォードの単位はもらえないけれど、一定レベルをクリアしたら教えている先生から認定書がもらえることです。10万人が登録したといっても模様眺めの人が多かったとのことですが、それでも約2,000人ほどが認定書をもらったそうです。

このスタンフォードの躍進によって尻に火がついたMITは、「MITx」という試みを始めようとしています。

素晴らしいのは、こうして一流大学がお互いに「自分たちの方がすごいぞ」と競争していることです。個人もそうですが、大学という組織であっても、意地の張り合いがあると頑張る精神が失われないのです。それに比べて日本の大学は……私は日本の国立法人大学に雇用されているので、発言には気をつけないといけないのですが(笑)、同じ国立でもイギリスのThe Open Universityは完全にオンライン化されていて、国内外の学生が学んでいます。http://www.open.ac.uk/

アメリカの19の州が合同でつくったウェスタン・ガバナーズ・ユニバーシィティというオンラインの大学はもっとラジカルで、カリキュラムもなければ講義動画も配信していません。学生は何を使って学んでもよく、試験やレポートで評価されれば単位が認定されて卒業できるのです。学位取得コストが普通の私立大学の6分の1程度で、頑張れば最短2年で卒業できるので、学生にとっては経済的にも時間的にもメリットが大きくなっています。しかも週7日・24時間体制でサポートも受けられます。 http://www.wgu.edu/

Clip to Evernote

関連書籍

『ウェブで学ぶ~オープンエデュケーションと知の革命~』


『ウェブで学ぶ~オープンエデュケーションと知の革命~』


梅田望夫,飯吉透
筑摩書房

『グローバルキャリア~ユニークな自分のみつけ方~』

石倉洋子
東洋経済新報社

『世界級キャリアのつくり方』

黒川清,石倉洋子
東洋経済新報社


該当講座

オープンエデュケーションがもたらす人材革命

~ウェブによって世界中の人々に教育の機会が開かれる意味~

オープンエデュケーションがもたらす人材革命
飯吉透 (京都大学 高等教育研究開発推進センター 教授)
石倉洋子 (一橋大学名誉教授)

飯吉 透(京都大学 高等教育研究開発推進センター 教授)
石倉 洋子(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)
全世界に広がるオープンエデュケーションを巡る動きを解説し、これからの教育、個人のキャリア構築がどのように影響を受けるのかを考察します。また、グローバル人材の育成が急務と言われる中、日本人はオープンエデュケーションを具体的にどのように活用していけばいいのか、議論します。


グローバル・アジェンダ 政治・経済・国際 キャリア・人 ビジネススキル 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter