記事・レポート

ミサコ・ロックス!が体現するアメリカン・ドリーム

米国発、オンリーワンの日本人漫画家が切り開くティーンコミック市場

更新日 : 2010年09月10日 (金)

第4章 映画は過激なのに、コミックは保守的なアメリカ

ミサコ・ロックス!氏

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

ミサコ・ロックス!: デビュー作は恥ずかしくて振り返りたくないんですけど、『Biker Girl』はアメコミを意識して、アクションとかわいい初恋を入れました。あと、日本人としてやるからには、と考えて筆で描きました。小さい女の子たちが気に入ってくれて、新聞や雑誌にとりあげられ、ファンが増えました。

2作目の『Rock & Roll Love』は一番人気です。恋愛と留学の話を描いた自伝的異文化交流もので、ニューヨーク公立図書館の「ベスト・ティーンズ・ブック」に選ばれました。思い入れの強い作品なので、こうして認められたのは本当にうれしいばかりです。日本の子から、「これを読んで英語を勉強したいと思った」とか「私も留学したい」というメールが来るようになったこともすごくうれしくて、出版社も「これを日本で出版できるようにしてみようか」と言ってくれているので期待しています。

3作目は『Detective Jermain』という探偵物語で、初のシリーズ物です。せっかくアメリカに住んでいるのだから、アメリカ人をテーマにしたものをつくろうと思って、リサーチのために高校で学生と一緒に授業を受けました。授業は日本と違って子どもたちがいつも論議していたり、下の名前で呼び合ったり。ある学校ではソファーに座りながら勉強していました。こうして研究してつくったリアリティのあるものだったので、共感を得られたようです。

私が描いたような「かわいい初恋もの」は、みんなから一般的に受けられるんですが、アメリカのコミックは制限が多いんです。同性愛もセックスもダメ。そもそも裸を描いちゃダメですから。宗教、戦争、暴力描写もダメ。コンサバです。映画は過激なものが多いので、こう言うとびっくりするかと思うのですが、「コミック=子どものもの」という考えなので、子どもには見せられないというわけです。日本の漫画は過激なものも多いので、アメリカの本屋ではR指定になっちゃいます。

だいぶ前の話しになりますが、どこかのコミックの書店の人が子ども向けに本を売ったのですが、その中にちょっとヌードだかセックス描写が入っていたんです。その人は訴えられて、職を失ってしまったそうです。それぐらい、ものすごく厳しいんです。

私みたいな「かわいい初恋物」とかなら、みんなから一般的に受けられるんですが、やっぱり1つのスタイルで売ると、いろいろな人種の人たちには受け入れられない。移民の国でさまざまな子がいるので。その辺が大変です。

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10082504misakorocks.html


関連リンク


該当講座

米国発、オンリーワンの日本人漫画家が切り開くティーンコミック市場

~ミサコ・ロックス!が体現するアメリカン・ドリーム~

米国発、オンリーワンの日本人漫画家が切り開くティーンコミック市場
Misako Rocks!/高嶋美沙子 (コミック・アーティスト)
西川英彦 (法政大学 経営学部 教授)

ミサコ・ロックス!(コミック・アーティスト)
西川 英彦(法政大学教授)
日本から「輸出」されたアニメ、マンガではなく、アメリカを舞台にアメリカ人の登場人物を描く「純アメリカ産・マンガ」を創作するミサコ氏。米国のティーンコミック市場を切り開き、アメリカ発・唯一の日本人漫画家として独自の地位を確立した彼女に、アメリカのコミック市場の現状・特性や「日本オタク」の生態から現代のティーンの事情まで伺う貴重なセッションです。日本のソフト・パワーの動向に関心のある方にもお勧めです。


"最前線"講座 マーケティング・PR 文化 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事