記事・レポート

ミサコ・ロックス!が体現するアメリカン・ドリーム

米国発、オンリーワンの日本人漫画家が切り開くティーンコミック市場

更新日 : 2010年09月07日 (火)

第3章 ホームレス→結婚→離婚。どん底からの脱出

ミサコ・ロックス!氏

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

ミサコ・ロックス!: ニューヨークのストリート・シアターでは、人形師になるべく修行していたのですが、人形師で食べていくなんて不可能で、一時はホームレスみたいな状態でした。マンハッタンの公園で過ごしたり、ゴミ箱をあさったりしたこともあります。でも、そういう過程があったからこそ、今があるんです。

アメリカは移民の国ですから、誰も優しくなんかないんですよ。特にニューヨークなんて本当に厳しい世界で、勝ち負けがはっきりしています。自分の意見を言わなければ捨てられるというような場所なので、そこである程度サバイバルしました。ブルックリンで中学校の先生をやったり、大道芸人のようなことをやったりました。あまり治安のよくない所だったので学校は荒れていました。そこで1年以上教えたことで、随分鍛えられました。

その後、結婚してウィスコンシン州に引っ越しました。これがまたド田舎で、知らない人から「ハーイ、ミサコ!」と声を掛けられたりするような、全くプライバシーがない町でした。そういう街で(元)旦那との関係が悪化したんですけど、私の友達=彼の友達だったので味方がいなくて落ち込んで、鬱状態になりました。そのとき初めて、「私は何をしにアメリカに来たのか」と真剣に考えたんです。

その頃、町の子ども向け美術館でアルバイトをしていたのですが、子どもたちが私に、「このアニメ、知ってる?」と、『ドラゴンボールZ』や『セーラームーン』のことを聞くんです。イベントでは『ポケモン』のコスプレをしている子がいたり。私は、この日本のアニメの普及にものすごく衝撃を受けました。日本に住んでいたときは、私も『りぼん』や『なかよし』を読んでいましたけど、ビジネスになるとは思ってもいなかった分野です。

子どもたちが「今、すごいんだよ。毎日テレビでやってるよ。図書館に漫画もあるから見に行けば?」と言うので行ってみました。図書館の本棚に、英語に訳された漫画がぎっしりあるのを目にしたとき、「もしかしたら、私、これなんじゃないか?」って思ったんです。落ちるところまで落ちたから、もう怖いものはない。このまま日本に逃げ帰るより、「ここで何か一発でかいことをして、当たったらアメリカに残ろう!」と決めたんです。それで、コミックデビューを果たすことになったんです。

そのとき既に私は、『The Onion』というアメリカン・ジョークを連発する新聞でイラストを描いていました。ヨーロッパやアメリカのおしゃれな大学生が読む人気の新聞で、イラストのファンもいたので、それをきっかけにしようと思いました。それを16ページにまとめた自主出版のようなものをつくって、出版社に「プレゼンしたいから会ってくれ」と電話をかけまくりました。

アポイントが取れると、プレゼン資料をつくりました。登場人物のプロフィール、粗筋、第1話分は完結しているサンプル・ストーリー、シーンのサンプルパネル(漫画でいうコマみたいなものも)、合計50ページぐらいのものをつくりました。

6社に見せましたが、最初は断られてばかり。でもそこで引き下がらずに、「どこが悪いんですか?」と食い下がって、編集者からアドバイスをもらって描き直しました。そうして1年後にようやく「いいね」と言ってもらえるようになったんです。それがディズニー系のハイペリオン・ブックス社でした。

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10082503misakorocks.html


関連リンク


該当講座

米国発、オンリーワンの日本人漫画家が切り開くティーンコミック市場

~ミサコ・ロックス!が体現するアメリカン・ドリーム~

米国発、オンリーワンの日本人漫画家が切り開くティーンコミック市場
Misako Rocks!/高嶋美沙子 (コミック・アーティスト)
西川英彦 (法政大学 経営学部 教授)

ミサコ・ロックス!(コミック・アーティスト)
西川 英彦(法政大学教授)
日本から「輸出」されたアニメ、マンガではなく、アメリカを舞台にアメリカ人の登場人物を描く「純アメリカ産・マンガ」を創作するミサコ氏。米国のティーンコミック市場を切り開き、アメリカ発・唯一の日本人漫画家として独自の地位を確立した彼女に、アメリカのコミック市場の現状・特性や「日本オタク」の生態から現代のティーンの事情まで伺う貴重なセッションです。日本のソフト・パワーの動向に関心のある方にもお勧めです。


"最前線"講座 マーケティング・PR 文化 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事