記事・レポート

チャイナ・フリー 中国製品なしで暮らす1年間

~今求められる消費者の品格~

BIZセミナーその他
更新日 : 2009年03月27日 (金)

第11章 たくさんの好きなものに囲まれる生活が一番豊かなのか?

坂東眞理子さん
坂東眞理子: 私たちは昔は食事をするときに、「いただきます」と、つくってくれた人、あるいは植物、動物の命をいただくことに対して感謝して食べて、自分たちの命を養っていました。今はもうそんなことは誰も思わなくなってしまっています。

着るものでも、昔はお母さんが夜なべをしてセーターを編んでくれたとか、縫ってくれた。そういう労働のうえに私たちの衣生活は成り立っていたわけですけれども、今は1枚1,000円、500円のTシャツがいくらでも安く手に入ります。古くなったら、汚くなったら、ポイポイ捨てても誰もとがめないという生活が、日本でも当たり前になってしまったのではないでしょうか。

そうした生活を見直すきっかけとして、チャイナフリーの生活をやってみようという試み、勇気ある消費者の行動というのは、私たちの今の暮らしを見直すいいきっかけになるのではないかと思います。

食べものでは、フード・マイレージという考え方がだいぶ盛んになってきました。その土地で収穫されたものを食べているときには輸送費はかかりません。しかし遠くから運んできた食べものには輸送費がかかっている、それだけ石油を使っている、CO2を排出している、「だからそういうものをカウントしよう」という動きがあって、「地産地消」ということを言っているグループがあります。スローガンとして言うのはやさしいことですが、サラさんが実行したように、本当にそれを実行しようと思うと大変な困難がつきまといます。しかし、ある時期そういう生活を一度試みてみるというのは、とてもいいのではないかと思います。

なぜ、人には多くのものが要るのだろうか?「広い家に住み、たくさんの好きなものに囲まれる、そういう生活が一番豊かなんだ」というふうに、私たちはいつの間か思っているわけですが、実は高度経済成長以前の日本人の暮らしというのは、ほとんどものを持たなかったのです。

例えば夏の日本の座敷を思い出してみてください。すだれを吊って、ほとんど物というのは置かれていませんでした。せいぜいちゃぶ台が1つあるだけ。そのちゃぶ台だって食事をしないときには片づけることができる。そういう部屋が夜は寝室になるので、ベッドなどというような道具は必要ありませんでした。もちろんソファーもありませんでした。

ものがなくてシンプルで暮らす中での豊かさと、できるだけたくさん、できるだけ新しい技術でつくったもの、性能のいいものに囲まれて暮らすのがいいんだという今の私たちの暮らし。その大きな対比をもう一度考え直さなければならないのではないかという気がします。
(その12に続く、全15回)

※この原稿は、2008年7月10日にカデミーヒルズで開催した「チャイナ・フリー 中国製品なしで暮らす1年間~今求められる消費者の品格~」を元に作成したものです。尚、サラ・ボンジョルニのスピーチは英語で行われたため、翻訳しています。

関連書籍

チャイナフリー—中国製品なしの1年間

ボンジョルニ,サラ, 雨宮 寛, 今井 章子
東洋経済新報社

チャイナ・フリー 中国製品なしで暮らす1年間 インデックス

該当講座

チャイナ・フリー 中国製品なしで暮らす1年間
今求められる消費者の品格
Sara Bongiorni (ジャーナリスト)
坂東眞理子 (昭和女子大学学長)
雨宮寛 (コーポレートシチズンシップ代表取締役)
今井章子 (コーポレートシチズンシップ取締役)

中国——この急成長を遂げる屈指の製品輸出国ほど、21世紀のグローバル経済が引き起こす功罪に深く関わっている国はないでしょう。中国製品には、安心・安全、環境問題、格差問題、資源獲得競争、少子高齢化など、世界の多くの国が共有する社会問題が凝縮されているといってもいいでしょう。しかし、私たちはそうした問題....


BIZセミナー その他 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事