セミナー・イベント

66ブッククラブ

第4回:プラットフォーム

一般ライブラリーメンバー

読書の会
いま社会で起きていることを知るために。
時代のアクチュアリティをよりビビッドにつかまえるために。
バズワードに踊らされない、ぶれない思考の軸をもつために。
さあ、どの本から、
読みはじめたらいいだろう?

日時

2019年12月03日 (火)  19:00~21:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。

終了しています

内容

アカデミーヒルズとコンテンツレーベル「黒鳥社」が贈る、“読書会“の新フォーマット「66ブッククラブ」。本を読み、そのテーマについて著者本人や翻訳者を交えてディスカッションしながら、同時に「次に読むべき本」を自分なりに探していくことを目指します。

これまでは「ビッグデータ」をテーマに『ニュー・ダーク・エイジ』を、「ビットコイン」をテーマに『暗号通貨VS.国家』、「中国SF」をテーマに『三体』を取りあげ、参加者とともに本をめぐるアツいディスカッションを交わしました。
そして、12月に開催する第4回では、「プラットフォーム」をテーマに、『ウーバーランド』を取り上げます。ゲストスピーカーに独占禁止法、公共契約を専門とされる上智大学法学部教授の楠 茂樹さんをお招きいたします。
ウーバーの雇用問題を通してプラットフォーマー規制という課題を、労務の観点から読み解き、来るべきフリーランス社会、ギグエコノミー、さらには働き方改革の光と影など、これからの経済と仕事の行方についてディスカッションしながら、新しい本との出会いを、参加者のみなさんとともに探してみたいと思います。
『ウーバーランド』をお読みいただいて、「こんな本を思い出した」「こんな本が気になった」といった、自分なりの発見を持ち寄り、著者のみならず、参加者の皆さんとともにシェアしていただきつつ、楠 茂樹さん、またスピーカーの池田純一さん、そしてファシリテーターの若林恵さんの、それぞれの「発見」を学ぶ貴重な機会ともなります。 著者を招いた単なるトークイベントとも、読んで感想をシェアしあうだけの読書会とも一味違う、1冊の本をめぐる新しい参加型イベントです。ぜひ一度、ご体験ください!
 

第4回 プラットフォーム

『Uberlandウーバーランド-アルゴリズムはいかに働き方を変えているか』 アレックス・ローゼンブラット(著)、飯嶋貴子(翻訳)
■ゲストスピーカー:楠 茂樹(上智大学法学部国際関係法学科長・教授)
■スピーカー:池田純一(デザインシンカー)
■ファシリテーター:若林恵(黒鳥社 コンテンツ・ディレクター)
■書籍紹介
巨大テクノロジー企業が生んだ、新しい働き方の光と影を探る。 アルゴリズムで「最適化」されたプラットフォームで、スキマ時間に好きなだけ働くことを提案する「ギグエコノミー」の時代。 アプリ設計上の小さな仕掛けから長期戦略まで、巨大テクノロジー企業が生んだ新しい働き方の光と影を、Uberの役員や125人のドライバーへのインタビューから暴き出す。
【目次】
序論 アプリを使って仕事をする ニューエコノミーのシンボルとしての Uber
1 運転という魅力あふれる仕事 Uber はシェアリング・エコノミーの神話をどう利用するか
2 ドライバーになるモチベーション Uber のシステムはフルタイム・ドライバーと趣味のドライバーの報酬を どのように変え
3 テクノロジーの売り込み Uber はどのように大衆に起業家精神を生みだしているか
4 怪しい仲介者 Uber は料金をどのように操作しているか
5 背後に隠れて Uber はどのようにアルゴリズムを利用してドライバーを管理するか
6 メジャーリーグでプレイする Uber はどう試合を運ぶか
結論 Uber の新時代 テクノロジーの消費は働き方のルールをどのように書き換えたか
付録1 研究手法——私は Uber をどのように調査したか 付録2 Uber を超えるライドヘイリング——双子の弟分 Lyft との出会い (amazon内容紹介より転載)
※参加条件:当日『ウーバーランド』を議題にディスカッションを行います。事前にお読みいただき、当日ご持参ください。

■ライブラリーメンバー■
六本木ヒルズライブラリー、アークヒルズライブラリーのメンバーの方は、メンバー割引価格がございます。メンバーアプリにて「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込み画面「割引コードを入力」欄に該当コードをご入力ください。また、セミナー当日の受付時に会員証のご提示をお願いいたします。


●これまでの66ブッククラブ開催レポート

 
第1回  テーマ:ビッグデータ 
 本:『ニュー・ダーク・エイジ』

 第1章 新しい「雲」を探して
 第2章 デジタル世界のためのエコロジー
 第3章 空の眺め方 ~『ニュー・ダーク・エイジ』からの随想~





第2回  テーマ:ビットコイン  
 本:『暗号通貨 vs. 国家 ビットコインは終わらない』
 第1章 自由を実現するフォーク
 第2章 身体モデルから遠くはなれて
 第3章 制度設計は「ものづくり」





   第3回  テーマ:中国SF  
    本:『三体』
    第1章 「蛮勇の産物を」をときほぐす
    第2章 中国文学お家芸の源泉
    第3章 Coming Soon...



講師紹介

ゲストスピーカー
楠茂樹 (くすのき・しげき)
上智大学法学部国際関係法学科長・教授

博士(法学)・京都大学
著書に『ハイエク』(中央公論新社)、『昭和思想史としての小泉信三』(ミネルヴァ書房)などがある。専門は独占禁止法、公共契約、企業倫理、社会思想等。
「言論プラットフォーム・アゴラ」執筆陣として独占禁止法や各種経済犯罪について意見を発信している。これまでに京都府参与、総務省参与などを歴任。

すべて読む 閉じる

スピーカー
池田純一 (いけだ・じゅんいち)
コンサルタント / Design Thinker

コロンビア大学大学院公共政策・経営学終了(MPA)。
早稲田大学大学院理工学研究科修了(情報数理工学)。電通総研、電通を経て、メディアコミュニケーション分野を専門とするFERMATを設立。
著書に『ウェブ×ソーシャル×アメリカ』、『デザインするテクノロジー』、『ウェブ文明論』、『〈未来〉のつくり方』、『〈ポスト・トゥルース〉アメリカの誕生:ウェブにハックされた大統領選』などがある。

すべて読む 閉じる

ファシリテーター
若林恵 (わかばやし・けい)
黒鳥社 コンテンツディレクター

1971年生まれ。編集者。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社入社、『月刊太陽』編集部所属。2000年にフリー編集者として独立。以後,雑誌,書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。著書『さよなら未来』(岩波書店・2018年4月刊行)、責任編集『NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える』(黒鳥社/日本経済新聞出版社・2018年12月刊行)。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2019年12月03日 (火)  19:00~21:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。

受講料 3,000円(税別)

※参加条件:当日『ウーバーランド』を議題にディスカッションを行います。事前にお読みいただき、当日ご持参ください。


定員 40名

※定員になり次第締切らせていただきます

注意事項

※当日の模様は、SNSなどで掲載される可能性があるほか、株式会社黒鳥社(blkswn publishers Inc.)、アカデミーヒルズの広報活動(テレビ局、新聞社、ニュースサイト等の取材・情報提供を含む)で使用される場合がございます。

主催
  • アカデミーヒルズ
共催
協力
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期限:2019年12月3日(火)15:00まで

お支払い方法

■お申込・お支払い方法
・Peatixのシステムを使用しています。(※Peatixをはじめてご利用になる方は、最初に会員登録が必要です。)
・お支払方法は、クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
(※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。)
・お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
・領収証をご希望の方は、お申込完了後、お申込み詳細メールから領収データにアクセスできます。アクセス方法は購入者向けのヘルプページからご確認ください。
【その他】
・円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

お申込はこちら(Peatix)


六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
日本元気塾
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB