記事・レポート

CATALYST BOOKS vol.3

理解を深める1冊

更新日 : 2021年12月21日 (火)
社会における様々な「つながり」を見直し、常識を再構築するカタリスト・トーク』。
ここでは、毎回トークの中でゲストの方々にご紹介いただいた「テーマの理解促進につながる1冊」を振返ります。

イベントに参加した方は「より深く知る」ために、イベントに参加していない方は「良質な書籍に出会う場」として、このページをご活用ください! <各イベント開催日の翌週に公開予定>

Index

 CATALYST BOOKS vol.1理解を深める1冊
 CATALYST BOOKS vol.2理解を深める1冊
 CATALYST BOOKS vol.3理解を深める1冊

山中大介さんが紹介するカタリスト・ブックス
~「リスクを取らないことがリスク」だと教えてくれる本~

水田に浮かぶように建つホテル「スイデンテラス」が話題のヤマガタデザイン株式会社。代表の山中大介さんとの対話で印象的だったのが、彼のリスクに対する捉え方が一般の人と異なることでした。一般的にリスクと聞くと、自社や個人が失敗したときに、短期的に自社や自分自身が失うもの --- 資金、信頼、名誉など --- を思い浮かべる人が多いと思います。

特に地方は短期的に見ると、事業が成功する確率は低く、リスクだらけです。マーケットがないところで事業は成立するのか?銀行は資金を提供してくれるのか?倒産したらその地域にはもう住めないのでは?山中さんも最初にホテルを建設すると言ったときに、絶対にうまくいかないと多くの人に言われたといいます。

しかし、本当のリスクは何か?と山中さんは問います。ここで何かを変えるためにリスクを取ってチャレンジしないと、長期的に地方都市は衰退の一途をたどるだけ。それが本当のリスクであり、自分がリスクを取らないことが地域にとって大きなリスクになるのだ、と考えます。山中さんが考えるリスクは、短期的に自社や自分自身が失うものという狭い範囲のものではなく、長期的に日本という国が失うものを見据えており、スケールが全く違うのです。

「自分さえ良ければ」といった利己的な風潮が社会に広がりつつある中で、長期的かつ大きな視点で物事を見ることができる人は3%しかいない、と山中さんは経験則として感じています。果たしてその3%はどういう人たちなのか?それを考えさせてくれるのが、今回のカタリスト・ブックスです。

『ランディ・パウシュ 最後の授業』(ランディ・パウシュ著)は、高校時代に親友がプレゼントしてくれた本で、山中さんの人生のバイブルのような存在だといいます。

こんな事業成り立つのか?と思うようなことに果敢にチャレンジし、日本を変えることができると信じている3%の人たちについて、山中さんは「単純でバカで思い込みが激しいタイプ」の人たちと表現します。でもそれは、イノベーションを起こすために必要なことで、長期的な視点で地域を良くし、社会を変え、日本を救うのは自分しかいない!という「思い込み」が自分をそうたらしめるのです。

この本の書名の通り、アメリカのカーネギーメロン大学には「最後の授業」というタイトルの名物講義があるといいます。その授業が自分(教授)の人生の最後の日だとしたら、あなたは学生に何を伝えますか?というのがテーマです。コンピュータサイエンスの世界的権威である著者のランディ・パウシュは「最後の授業」の依頼を受けた後に癌の転移が発覚し、余命半年と宣告されてしまいます。そして文字通り、これが彼にとって最後の授業になってしまいます。この本にはその講義で彼が何を語ったのかが書かれています。

なぜ、リスクを長期的に見られるのか、なぜそんなに「単純でバカで思い込める」のか、と考えたときに、「人はいつか死ぬ」ということ、「リスクを取らないことがリスク」だということを痛烈に理解させてくれる、と本書について山中さんは評します。この本を読むと、あなたのリスクに対する考え方も変わるかもしれません。

動画でも彼の最終講義を見ることができます
「最後の授業」ランディ・パウシュ



設楽悠介さんが紹介するカタリスト・ブックス
~物語に対する好奇心が、技術を調べるモチベーションを掻き立てる~

ビットコイン、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)、DeFi(Decentralized Finance:非中央集権的な金融システム)、ブロックチェーン・・・最近、頻繁に目にするようになったこれらの言葉。iPhoneが登場したときのように、社会を一変させるテクノロジーなのではないか、と予期させます。しかし、ビットコインの投機的な値動きへの警戒や、ブロックチェーンの技術的な仕組みが難解であることから、実際にいま何が起きているのかを身近に感じ、理解することができないと思う方も多いのではないでしょうか。トークの中でブロックチェーンに関わるポイントを分かりやすく解説くださった幻冬舎「あたらしい経済」編集長の設楽悠介さんが初心者にお勧めするのが、『デジタル・ゴールド』(ナサニエル・ポッパー著)です。

ブロックチェーンに関する本は技術書も含めて多数あります。しかし、設楽さんがビットコインに興味を持つようになったのは、ビットコインの生みの親と言われる「サトシ・ナカモト」という謎の人物が、独占的で中央集権的な銀行をバカにしながらお金を民主化しようとして始めた、という物語に惹かれたからだといいます。
アルゴリズムが全てを管理し、オープンソースでみんなに見えているのに、不正ができない。その仕組みを理解するためには、「それを調べてもっと知りたい」という気持ちが重要だと設楽さんは考えます。その意味で彼が一番掻き立てられたのがこの本なのです。

本書は、サトシ・ナカモトがある一人のエンジニアにビットコインを送るところからストーリーが始まり、それから約10年間でどのように世の中に広がってきたかが描かれています。ジャーナリストである著者が取材したことに基づいて書かれ、技術書にはないサスペンス的な要素も盛り込まれており、まるで1本の映画を観ているような気持ちになるそうです。
サトシ・ナカモトの論文は、アメリカの一部の人しか見ないような掲示板に匿名で掲載されたわずか十数ページのPDF。それに共感した人たちがつくったプログラムがベースとなって世界中の人が送金できるシステムが出来上がったのです。そこに人間の欲望やあらゆる想いが入り混じり、良いことにも使える一方で、悪用することもできるこの技術がどのように広がっていったのか?ということが脚色することなくドラマチックに描かれている本書を読めば、あなたもビットコイン、ブロックチェーンの魅力にとりつかれるかもしれません




成田憲保さんが紹介するカタリスト・ブックス
~常識を超えなければ、新たな発見は生まれない~

太陽系外の惑星を研究する天文学者の成田憲保さんが、トークで何度も触れたのが「常識から外れたところに新たな発見がある」ということです。
宇宙に太陽系みたいな惑星系が他にあるのか?この問いに天文学者は長きに渡って向き合い、研究してきたにも関わらず、比較的最近までその存在すら分かっていませんでした。
しかし、1995年にミシェル・マイヨール教授とディディエ・ケロー教授(2019年にこの発見でノーベル物理学賞を受賞)によって、太陽系外の惑星が実在することが初めて発見されます。この大発見は、既存の天文学者の常識とは違う視点で研究をしていたからこそ生まれたものでした。

『地球は特別な惑星か?地球外生命に迫る系外惑星の科学』(成田憲保著)は、2020年始めまでの太陽系外惑星発見の歴史から、研究の経緯、今後の展望がまとめられている書籍です。
それまで多くの天文学者は太陽系を宇宙の標準だと考え、太陽系外惑星を探すときも、太陽とその周りを回る惑星と同じ動きをする惑星を探していました。結局、太陽系の常識の延長線上で探していた人たちは誰も太陽系外の惑星を見つけられませんでした。
しかし、恒星を研究していたマイヨール教授とケロ—教授は、太陽系の公転周期とは全く異なる恒星の動きに着目したことで偉業を成し遂げることができました。
2021年10月時点で太陽系外惑星は4500個発見されています。1995年まで1つも見つけることができなかったのに、それから25年でこれだけ見つかったのです。太陽系の公転周期(地球の場合、365日)とは全く違う短周期(1日~数日)で、かつ、不思議な軸で公転するものが多数あるといいます。私たちが、いかに既存の常識に囚われて新たな発見ができないか、ということを示しているでしょう。

宇宙に生命の兆候を探すアストロバイオロジーについて書かれている第9章に、完全に異分野である生物系の研究者たちとの共同研究について触れられています。
宇宙に生命がいる惑星があるかを調べるとき、それはどういう生物で、どういう痕跡を残し、その痕跡は生物がいなくてもできるものなのかなど、天文学の知識だけでは答えが出せない問題が多いため、人工光合成の研究者ら共同研究しているそうです。
異分野の研究者は、常識が全く異なり、話す言葉も違いますが、だからこそ、それぞれの常識から外れたところに新しい発見を見出す可能性があるのです。



Index

 CATALYST BOOKS vol.1理解を深める1冊
 CATALYST BOOKS vol.2理解を深める1冊
 CATALYST BOOKS vol.3理解を深める1冊

地球は特別な惑星か? 地球外生命に迫る系外惑星の科学

成田憲保
講談社

デジタル・ゴールド ビットコイン、その知られざる物語

ナサニエル・ポッパー【著】土方奈美【訳】
日本経済新聞出

最後の授業

ランディ・パウシュ、ジェフリー・ザスロー
SBクリエイティブ