オピニオン・記事

日本元気塾セミナー
既存の枠をぶち壊せ!

若きイノベーターの挑戦/杉江理×佐々木大輔×米倉誠一郎

更新日 : 2016年05月25日 (水)

第9章 ネガティブをポジティブに変えたい


 
起業を阻むものを取り除く

米倉誠一郎: 佐々木さんは、資金調達のノウハウはあった一方で、会計に詳しいわけではなかった。

佐々木大輔: そうですね。基本的なことは大学でも学びましたが、プロではなかったため、起業に際しては会計の専門書を買い込み、イチから勉強し直しました。また、税務署などにも電話で相談しましたね。

米倉誠一郎: 税務署に電話したの? それは面白い。

佐々木大輔: 「会計ソフトを作っています」と説明すると、皆さん面白がってなのか、優しく教えてくれました。やはり、行政のリソースは有効活用するべきです(笑)。プログラミングについても、大学でデータサイエンスを専攻した際に多少かじりましたが、こちらも本を買って勉強し直しました。

米倉誠一郎: スモールビジネスに焦点を当てた理由は?

佐々木大輔: 日本は起業家が少ないと言われますが、例えば、会計や法律、行政への申請といった煩雑な業務が思い浮かび、起業を思いとどまる人もいるはずです。こうしたことが起業を阻む要因になっているのであれば、それを取り除きたかった。また、すでにスモールビジネスに取り組んでいる人が、煩雑な業務のせいで本業に専念できないのなら、それも取り除きたかった。つまり、freeeを作ることで、挑戦する人が増えていく社会になると考えたからです。

「カッコ良い!」が常識を変える

米倉誠一郎: 杉江さんは、「全ての人のパーソナルモビリティ」というビジョンを実現するために、とにかく「カッコ良い」を追求した。

杉江理: ひと昔前まで、眼鏡をかけることはネガティブに捉えられていました。しかし、現在はファッションアイテムの1つになり、さらにGoogle Glassにまで進化しています。つまり、最初はネガティブに捉えられていたものが、イノベーションを通じてポジティブなものに変わり、いまやポジティブさえ超越しているわけです。

それと同様に、僕達はWHILLを通じて社会の意識を変えていきたいと思っており、そのために必要だったのが「カッコ良い」でした。むしろ、カッコ良くなければ、自分達が作る意味はないと考えていました。

僕達は最初から「高齢者や障がい者のためだけに作ろう」とは考えていませんでした。

従来の電動車いすは「いす」にモーターとタイヤがついたものです。僕達は作ろうとしたのは、いすではなく、「乗り物」です。その意味で最も重視したのが、乗る人の「姿勢」です。自転車やバイクのハンドルは必ず前方にあり、運転者は前傾姿勢になります。同じく、WHILLも車体を操作するハンドルを前方につけました。また、座席とタイヤが極力目立たなくなるよう、それらの色をすべて黒でまとめることで、従来の電動車いすが持っていた違和感を取り払いました。

一番うれしかったのは、アメリカで最初に試乗してくれた人の感想でした。街中での試乗を終えて戻ってきたそのユーザーは、「みんなから“It’s cool !! ”と何度も声をかけられたよ!」と、驚いた表情で語ってくれました。それまでは“May I help you ? ”と声をかけられていたそうです。僕達はこの時初めて、WHILLの本当の価値に気づくことができました。


該当講座


NO PHOTO
既存の枠をぶち壊せ! ~ 若きイノベーターの挑戦 ~ 杉江理(WHILL)×佐々木大輔(freee)×米倉誠一郎(日本元気塾塾長)

杉江理(WHILL,Inc. CEO)×佐々木大輔(freee株式会社 代表取締役)×米倉誠一郎(日本元気塾塾長/一橋大学イノベーション研究センター教授)
日本元気塾塾長である米倉誠一郎氏が、「車いす」のマーケットにイノベーションを巻き起こしているWHILL,Inc. CEOの杉江理氏と、クラウド会計ソフトとしてシェアNo.1を獲得する大躍進を遂げているFreee株式会社の佐々木大輔氏を迎えして、若きイノベーターの挑戦をお話いただきます。



アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事