オピニオン・記事

日本元気塾セミナー
既存の枠をぶち壊せ!

若きイノベーターの挑戦/杉江理×佐々木大輔×米倉誠一郎

更新日 : 2016年05月25日 (水)

第8章 本気になれることを探していた20代

写真左:米倉誠一郎/写真中央:佐々木大輔/写真右:杉江理

 
世界を放浪して見えたもの

米倉誠一郎: 杉江さんの20代はどうでしたか?

杉江理: 佐々木さんと同じく、本気になれることが見つからなかったため、毎週末アパートに集まり、ワイワイ言いながら好きなモノを作っていました。よく、「やりたいことをやれ!」と言う人がいますが、20代で一生の仕事が見つかるほど、人生は甘くないです。

米倉誠一郎: 僕は今、反省しています。なぜなら普段、学生達に向かって「やりたいことをやれ!」と言っているから(笑)。やりたいことなど簡単には見つからないことを、僕は忘れていました。やりたいことを本気で探すための勇気を鼓舞することこそ、僕の役割ですよね。杉江さんの場合、起業を後押ししたのは東京モーターショーでのひと言だった。

杉江理: そうですね。とはいえ、僕達は最初から起業したいと考えていたわけではありません。アパートの一室でワイワイやっていた頃は、単純に「作ることが楽しい!」だけでした。実は、僕は起業する3年ほど前、すでに日産自動車を辞めていました。何をしようかなと考え、とにかく一度日本から出ようと思い、退職から3日後、中国に向かいました。世界の人口のうち6人に1人は中国人で、これからは中国語が話せれば何においても強いだろうと考え、中国の南京に向かい、日本語教師をしながら中国語を学びました。

米倉誠一郎: 南京で日本語を教えながら、中国語を学ぶ。実にイノベーティヴな選択だね。

杉江理: 「中国語を学ぶ」という目的を達成するのであれば、中国人と一緒に生活することが最も効率的です。できれば、日本語がまったく通じない環境がいい。そうなると、歴史的な理由で日本人が少ない場所が候補になる。実際に南京を訪れると、本当に日本人がおらず、中国語を話さざるを得ない環境になり、一気に上達しました。たしかに、日本人に対して複雑な感情を持つ人もいましたが、直接話をするうちにたくさんの人と仲良くなりました。

米倉誠一郎: なるほど。それはどれくらいの期間?

杉江理: 1年半ぐらいです。しかし、当時も心の中では「何かを本気で作りたい」と思いながら、それがなかなか見つからなくて。その後も色々な国に滞在しながら、現地で感じたインスピレーションをもとに様々なモノを作っていました。パプアニューギニア、ラオス、ウズベキスタン、ボリビア。それぞれ数カ月間滞在しました。

やりたいことを探してもがいていた20代は、本当に苦しかったです。そして、もがいている中で車いすユーザーの言葉に出会い、東京モーターショーに出展し、パーソナルモビリティを作る意義を見いだし、思いが抑え切れなくなるほど強くなった瞬間、起業を決意した。無我夢中で作り続けているうちに、30歳にして本気になれることが見つかりました。


該当講座


NO PHOTO
既存の枠をぶち壊せ! ~ 若きイノベーターの挑戦 ~ 杉江理(WHILL)×佐々木大輔(freee)×米倉誠一郎(日本元気塾塾長)

杉江理(WHILL,Inc. CEO)×佐々木大輔(freee株式会社 代表取締役)×米倉誠一郎(日本元気塾塾長/一橋大学イノベーション研究センター教授)
日本元気塾塾長である米倉誠一郎氏が、「車いす」のマーケットにイノベーションを巻き起こしているWHILL,Inc. CEOの杉江理氏と、クラウド会計ソフトとしてシェアNo.1を獲得する大躍進を遂げているFreee株式会社の佐々木大輔氏を迎えして、若きイノベーターの挑戦をお話いただきます。



アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事