記事・レポート

橘・フクシマ・咲江氏が語る、グローバル人財獲得競争・最前線

~ヘッドハンター第一人者に聞く、世界で必要とされる人財~

アカデミーヒルズセミナー政治・経済・国際キャリア・人
更新日 : 2011年11月17日 (木)

第3章 日本にはグローバルな人財が決定的に不足している

橘・フクシマ・咲江氏

橘・フクシマ・咲江: 2008年の経済同友会の企業白書「新・日本流経営の創造」によると、グローバル化を推進するうえでの課題として「人財の確保・育成」という回答が最も多くなっています。にもかかわらず、同じ経済同友会が2008年と2010年に実施した採用調査結果では、新卒採用に関して6~7割の企業が「海外留学の経歴は選考の際の評価に影響しない」と回答しています。「グローバルな人財がいない」と言っている割には、アクションをとっていなかったのです。

ところがここ1、2年で急速に「5割は外国籍の新卒を採用する」とか「社内の公用語を英語にする」といった動きが出てきました。なぜかというと「日本の競争力の低下」と「ガラパゴス化」が深刻になってきたからです。

競争力については、スイスのIMDというビジネススクールが毎年発表している「国際競争力ランキング」があります。日本は90年代前半にはトップでしたが、2007年には24位にまで落ちました。その後一旦は多少回復しましたが、2010年は26位。このとき中国は18位、シンガポールと香港はアメリカを追い抜いて1位、2位になっています。日本以外のアジアの国々が急速に伸びてきているのです。

日本のガラパゴス化については、アメリカにおける日本人留学生の数が減り続けていることは、皆さんもよくご存じかと思います。若者が内向きになっているのです。それに加えて、日本はTOEFLのスコアがアジアの主要国の中で最低になっています。世界第3位の経済大国でアジアの主要国であるにも関わらず、英語力が最下位なのです。

私は91年にコーン・フェリーに入社して以来ずっと「日本のグローバル人財の不足」に悩まされ続けてきました。かつては「人財は企業の資産であり、市場価値がある」ということを理解してもらえませんでした。2000年に『売れる人材』という本を出したのですが、当時は「人が売れるって、どういう意味ですか?」と聞かれたものです。

今は日本企業もサーチ・ファームを使って人財を探すようになりましたが、需要と供給にミスマッチがあります。企業がグローバル・リーダーとして「変革者的人財」を求めているのに対して、残念ながら候補者の方たちは「管理者的人財」であることが多いのです。

Clip to Evernote


該当講座

academyhills + Hills Life presents 知の人、知の時間

グローバル人財獲得競争・最前線 ~ヘッドハンター第一人者に聞く、世界で必要とされる人財~

academyhills + Hills Life presents 知の人、知の時間
橘・フクシマ・咲江 (G&S Global Advisors Inc. 代表取締役社長)

橘・フクシマ・咲江(G&S Global Advisors Inc.代表取締役社長)
本セミナーでは日本のヘッドハンター第一人者として世界的に知られている、橘・フクシマ・咲江氏をお招きします。世界の人材市場のいまについて、そしてグローバルな視点から日本の人財開発・日本人のキャリア形成に必要なことをお話いただきます。


アカデミーヒルズセミナー 政治・経済・国際 キャリア・人 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter