セミナー・イベント

Business Insider Japan×アカデミーヒルズ
シリーズ「多様な価値をつなぐ『日本発のプラットフォーマー』」
第5回 だれもが創作をはじめ、続けられるようにする:note

一般ライブラリーメンバー

日時

2021年03月12日 (金)  19:30~20:30
終了しています

内容

GAFAに代表される巨大プラットフォーマーに対して、私たちは「AIを駆使して個人データを吸い上げ、利益とともに総取りしていく」というイメージを抱きがちです。しかし、AIとビッグデータの本来の強みは、多様な価値をマッチングさせる点にあります。
 
AIを使って異なる価値観を持つ人々が快適に過ごすことができる社会を目指すことはダイバーシティーを推進する原動力ともなります。高い付加価値を出せるプラットフォーマーをたくさん輩出することが、より多様なニーズに応え、今まで見過ごされてきた社会の課題を解決し、日本をより良い社会にするのではないでしょうか。
 
本シリーズでは、そのような芽となる小さなプラットフォームを日本で立ち上げ、成長させている起業家たちをゲストにお招きし、モデレーターを務める浜田敬子さんとお話を伺います。
 
最終回となるシリーズ第5回のゲストは、毎日数万件の記事が投稿され、マンスリー・アクティブユーザーが6300万を突破し、従来の情報発信のツールとして普及していた「ブログ」を置き換えるほどの社会的インフラにまで成長したメディアプラットフォーム「note」を立ち上げた、加藤貞顕さんです。

テキスト、写真、動画、音声、イラストなどの自己表現をWEB上で簡単なステップで公開することができる「note」は、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げ、人々が想いを伝え、仲間を見つけ、創作を自身の裁量で持続的に続けていけるような設計がされています。

昨年6月には、クリエイターがリアルな表現の場を持てるよう、スタジオやキッチンを備えた「note place」もオープンし、日本経済新聞社や文藝春秋社、テレビ東京などの既存の大手メディアとの提携も話題となりました。

急成長を続ける中で、note株式会社が運営するコンテンツ配信サイトの「cakes」における編集者の役割が問われる様々な問題を経て、いま同社は次のフェーズに移行している、とモデレーターの浜田さんは見ています。

ブログを代替するWEBサービスから一歩進んで、noteはどのように進化していこうとしているのか?
ユーザーが増える中で、多様な「表現の自由」を尊重しながらも、安心して使うことができるプラットフォームとして運用するためには、何が必要なのか?
FacebookやTwitterなどの他のプラットフォームの現状を加藤さんはどう捉えているのか?

加藤さんと浜田さんがnote のお話から始まり、これからの日本のプラットフォームの在り方についてまで、あらゆる軸から議論します。

「多様な価値をつなぐ『日本発のプラットフォーマー』」の最終回となる今回は、加藤さんと浜田さんのお二人のトークをnote placeからお届けします!


※申込期日:2020年3月11日(木)16:00まで
※本イベントは、ZOOMウェビナーを使用したオンラインLIVE配信です。
※ライブ配信後、お申込者限定で期間限定のアーカイブ配信を予定しています。



講師紹介

ゲストスピーカー
加藤貞顕 (かとう・さだあき)
note株式会社 代表取締役 CEO

アスキー、ダイヤモンド社に編集者として勤務。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(岩崎夏海)、『ゼロ』(堀江貴文)、『マチネの終わりに』(平野啓一郎)など話題作を多数手がける。2012年、コンテンツ配信サイト cakes(ケイクス)をリリース。2014年、メディアプラットフォーム note(ノート)をリリース。
  note
  加藤貞顕 ツイッター

すべて読む 閉じる

モデレーター
浜田敬子 (はまだ・けいこ)
ジャーナリスト / 前 Business Insider Japan 統括編集長

1989年に朝日新聞社に入社。前橋支局、仙台支局、週刊朝日編集部を経て、99年からAERA編集部。記者として女性の生き方や働く職場の問題、また国際ニュースなどを中心に取材。米同時多発テロやイラク戦争などは現地にて取材をする。2004年からはAERA副編集長。その後、編集長代理を経て編集長に就任。編集長時代は、オンラインメディアとのコラボや、外部のプロデューサーによる「特別編集長号」など新機軸に次々挑戦した。
2016年5月より朝日新聞社総合プロデュース室プロデューサーとして、「働く×子育てのこれからを考える」プロジェクト「WORKO!」や「働き方を考える」シンポジウムなどをプロデュースする。2017年3月末で朝日新聞社退社。2017年4月より世界17カ国に展開するオンライン経済メディアの日本版統括編集長に就任。2020年12月末で退任。
「羽鳥慎一モーニングショー」や「サンデーモーニング」などのコメンテーターや、ダイバーシティーや働き方改革についての講演なども行う。著書に『働く女子と罪悪感』(集英社)。

すべて読む 閉じる

開催実績

加藤勇志郎 (キャディ株式会社 代表取締役)
浜野慶一 (株式会社浜野製作所 代表取締役)
浜田敬子 (ジャーナリスト / 前 Business Insider Japan 統括編集長)
開催日 :  2021/02/19 (金)

中村利江 (株式会社出前館 代表取締役会長)
浜田敬子 (ジャーナリスト / 前 Business Insider Japan 統括編集長)
開催日 :  2020/10/14 (水)

重松 大輔 (株式会社スペースマーケット代表取締役社長)
浜田敬子 (ジャーナリスト / 前 Business Insider Japan 統括編集長)
開催日 :  2020/08/04 (火)

端羽英子 (株式会社ビザスク 共同創業者 兼 CEO)
浜田敬子 (ジャーナリスト / 前 Business Insider Japan 統括編集長)
開催日 :  2020/07/01 (水)

募集要項

日時 2021年03月12日 (金)  19:30~20:30
受講料 一般 1,000円(税別 910円)/ ライブラリーメンバー、BI PRIME会員 無料

■BI PRIME会員の方:BIから来るご案内に従ってお申込ください。
■ライブラリーメンバーの方:メンバーアプリにて「プロモーションコード」をご確認いただき、イベレジ申込画面で該当コードをご入力下さい。


注意事項

※本イベントは、ZOOMウェビナーを使用したオンラインLIVE配信です。
<ご準備いただくもの>
端末(PCやタブレット、スマホなど)

<オンラインイベント視聴方法>
お申込確認後、配信用のURLを前日にお申込者にメールにてお知らせいたします。

これまでZoomにアクセスしたことのない方は、事前に以下Zoomの接続サイトをご活用ください。
zoom.us/test

主催
  • アカデミーヒルズ
協力
会場 オンライン

お支払い方法

お申込・お支払い方法
・イベントレジストのシステムを使用しています。(※イベントレジストをはじめてご利用になる方は、最初に会員登録が必要です。)
・お支払方法は、クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
(※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。)
・お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
・領収証をご希望の方は、お申込完了後、イベントレジストの「マイチケット」ページ内<領収証データ> ボタンをクリックして下さい。領収証データが表示されます。

【その他】
・円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。


石倉洋子のグローバル・ゼミ
六本木アートカレッジ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB