アカデミーヒルズスクール
イベント

朝日新聞GLOBE創刊1周年記念
「水が足りない」 - ビジネス戦略と地球環境 -

BIZセミナー 環境

日時

2009年10月05日 (月)  19:00~21:00
終了しています

内容

「水の惑星」と呼ばれる地球。そして年間降水量が豊富な日本で、「水が足りない」といってもピンとこないかもしれません。しかし、地球をおおう水のほとんどは海水で、人間が生活に利用できる水の量はたった0.01%にすぎません。そのわずかな水資源は食糧生産に不可欠です。食料自給率の低い日本は、食料を大量に輸入することで実は多くの水を海外に依存している、世界最大の水の輸入国でもあります。

また、途上国を中心に世界の人々の8人に1人(13%)は、今も“安全な水”を使用することができていません。そして、急激な都市化や産業の発展、世界人口の増加、気候変動の影響で、「水不足」は今後、地球規模でさらに深刻になるとみられています。中国の黄河では水が途絶え、砂漠化する「断流」が起きるという具体的な現象としても表れています。

しかし、危機の現場にはビジネスチャンスも広がります。世界の水ビジネスは、2025年に100兆円を超える巨大市場に成長すると予測されています。
水ビジネスと一言でいっても、その分野は多岐にわたります。浄水、配水、下水処理の運営に加え、将来の水不足を解消するために海水を淡水化する技術を生かしたり、排水を浄化して再利用したりするなど、新たに民間企業の技術を生かせる機会が増えているのです。
「水メジャー」と呼ばれるフランスの企業2社(ヴェオリア、スエズ)による寡占状態の中、今年3月には米国IBMが参入を表明するなど、米国やドイツ資本の巨大企業が参入する一方、水資源の少ないシンガポールは国家戦略として自国企業の育成に取り組んでいます。

日本でも「和製・水メジャー」実現のために行政が本腰を入れ始めました。高い膜技術や省エネ技術を誇る日本企業は海水を淡水化する技術では先行しており、日本勢はタッグを組んで世界進出を狙っています。
おりしも日本では政権交代が起き、民主党政権が誕生しました。水問題は環境政策や途上国支援などの外交政策とも絡みます。新政権はどのような国家戦略を描いているのでしょうか。民間企業の第一人者や政治家、行政トップや学識者らによる議論を通して、世界の水ビジネスの動向、環境問題との関わり、日本がとるべき戦略を考えます。


本セミナーは、朝日新聞に月2回挟み込まれている「GLOBE」の創刊1周年を記念して企画されました。毎号4ページにわたる特集は、グローバル規模で繰り広げられるパワーゲームやビジネスの最前線で起きている出来事の深層に迫っています。セミナーでは、GLOBEの水に関連する最近の特集記事「水が足りない」(5/25付)、「黄河を行く」(7/6付)のタブロイド版を皆様にお配りします。

カリキュラム

■スピーチ
特別ゲスト:前原誠司(国土交通相)


■プレゼンテーション
【水と地球】 竹村真一(京都造形芸術大学教授 / Earth Literacy Program代表)
会場には、テレビ朝日が本社アトリウムに展示している「触(さわ)れる地球」も登場します。実物の1000万分の1、リアルタイムの気候変動が一目でわかるインテリジェント・アースです。竹村真一氏のデモンストレーションを通して、みなさんも刻一刻と変容する地球を感じてください。

【中国の環境と水問題】 加藤千洋(朝日新聞編集委員)
中国取材歴30年の加藤千洋氏が、5000年の中華文明を育んだ「母なる河」である黄河を、「水不足」が何をもたらしているかの事例として紹介します。


■パネルディスカッション
【水ビジネスと国家戦略、環境とのかかわりは?】
パネリスト:望月晴文(経済産業事務次官)
      桑原洋(日立製作所特別顧問 / 海外水循環システム協議会理事長)
      竹村真一(京都造形芸術大学教授 / Earth Literacy Program代表)
コーディネーター:梶原みずほ(朝日新聞GLOBE記者)

オピニオン

講師紹介

特別ゲスト
前原誠司 (まえはら・せいじ)
国土交通相

1962年生まれ。京都大学法学部を卒業し、87年に松下政経塾の第8期生として入塾。
91年、28歳で京都府議に。93年の衆院選に日本新党から出馬し、初当選。98年の民主党の結党に参加し、次の内閣の「ネクスト外務大臣」などを歴任。外交や安全保障に精通している。次の内閣「社会資本整備担当大臣」や「公共事業を見直す委員会」の事務局長も務めており、国土交通行政も詳しい。民主党が大敗した05年の総選挙後の党代表選に立候補し、05年9月から06年4月まで民主党代表を務めた。
今年9月発足の鳩山政権で、民主党が公約した高速道路無料化、八ツ場(やんば)ダム建設中止など、自民党政権下の政策の大転換を迫られる国土交通省のかじ取り役を担う。

すべて読む 閉じる

スピーカー
加藤千洋 (かとう・ちひろ)
朝日新聞編集委員

東京都出身。1972年入社。広島、神戸両支局、大阪社会部などを経て、北京特派員、アジア総局長、中国総局長として中国・アジアとかかわる。外報部長、テレビ朝日「報道ステーション」のコメンテーターも務めた。ボーン上田記念国際記者賞(1999年度)、日本新聞協会賞(2002年企画部門、グループ受賞)
著書に「中国大陸をゆく」(共著)「胡同の記憶」「北京&東京 報道をコラムで」「中国食紀行」、「鄧小平 政治的伝記」(共訳)など。

すべて読む 閉じる

パネリスト
望月晴文 (もちづき・はるふみ)
経済産業事務次官

1949年生まれ。73年、京都大学法学部を卒業し、通商産業省(現・経済産業省)に入省。
機械情報産業局企画官、大臣官房参事官などを経て、資源エネルギー庁石油部開発課長、92年に日本貿易振興会(現・日本貿易振興機構、JETRO)デュッセルドルフ・センター所長。
帰国後の95年から産業政策局企業行動課長、原子力安全・保安院次長、商務流通審議官などを経て、2003年から中小企業庁長官、2006年から資源エネルギー庁長官を歴任。2008年7月から現職。

すべて読む 閉じる

パネリスト
桑原洋 (くわはら・ひろし)
日立製作所特別顧問/海外水循環システム協議会理事長

1935年生まれ。60年、東京大学工学部電気工学科を卒業し、日立製作所に入社。
大みか工場長、専務取締役電機システム事業本部長などを経て95年に代表取締役副社長、99年に同副会長を歴任。政府の総合科学技術会議議員も務めた。副会長を退任後、日立マクセル、日立電線、日立国際電気の会長などを務め、2006年から日立製作所特別顧問。2007年から日立マクセル相談役、2009年から名誉相談役。
2008年11月、海外の水ビジネスに意欲を持つ企業が、地球規模での水問題解決のため、技術やノウハウを結集しようと設立した「海外水循環システム協議会」の理事長を務める。

すべて読む 閉じる

パネリスト
竹村真一 (たけむら・しんいち)
京都造形芸術大学教授 / Earth Literacy Program代表

1959年生まれ。東京大学大学院文化人類学博士課程修了。
20代には世界約70カ国を踏破。地球時代の新たな「人間学」を提起しつつ、世界初のデジタル地球儀「触れる地球」の企画・開発など、ITを駆使した地球環境問題への独自な取組みを進める。
1996年に制作したウェブ作品Sensoriumは電子アートの登竜門アルス・エレクトロ二カでグランプリを受賞。その後、「触れる地球」(2005年グッドデザイン賞・金賞、中型普及版が2013年キッズデザイン最優秀賞・内閣総理大臣賞受賞)や「100万人のキャンドルナイト」、ユビキタス携帯ナビ「どこでも博物館」(2005年国連情報社会サミット日本最優秀賞)、洞爺湖サミットIMC「地球茶室」(2008年)、六本木デザインサイト21-21「Water」展(2007年)などをプロデュース。愛・地球博(2005年)では、アフガニスタンやスリランカの子どもたちとリアルタイム対話を試みる「地球回廊」を企画運営。
2006年4月から、環境セミナー「地球大学」を丸の内で主宰。J-WAVEのナビゲーターもつとめる。
2011年3月11日の東日本大震災後、政府の「復興構想会議」検討部会専門委員に就任。また2012年より国連UNISDR(国連防災機構)のコミュニケーション・アドバイザー。「国連防災白書2013」のコンセプト・デザインやそのデジタル版“GfT”の企画・制作に携わる。触れる地球とそのタブレット版“GfT”は、国連のGlobal Risk Communication Platformに認定される。

すべて読む 閉じる

コーディネーター
梶原みずほ (かじわら・みずほ)
朝日新聞GLOBE記者

1972年生まれ。東京都出身。エジプトのカイロアメリカン大学政治学部を卒業後、1994年、朝日新聞入社。神戸、金沢の各支局、大阪本社社会部を経て、2000年に東京本社政治部。首相官邸や自民党、外務省などを担当した。
be編集グループを経て、2009年4月からGLOBE記者。5月25日付の朝日新聞GLOBE「水が足りない」特集のメーンライターとして、シンガポールを取材した。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2009年10月05日 (月)  19:00~21:00
受講料 5,000円
定員 300名

※定員に達しましたので、募集を終了しました。「キャンセル待」も承っておりません。ご了承ください。

主催
  • アカデミーヒルズ
協力
  • 朝日新聞GLOBE / テレビ朝日
会場 アカデミーヒルズ40(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー40階)

※都合により49階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



Friday Night
宇宙を感じる1dayカレッジ
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB