記事・レポート

自民党総裁選を斬る~空気読めない候補者は去れ~

アカデミーヒルズセミナー経営戦略
更新日 : 2008年11月04日 (火)

第13章 マニフェストには、普通ではできないブレークスルー型のものを書け

チーム・ポリシーウォッチ代表、竹中平蔵さん

竹中平蔵:今の話に関連して、いくつか考えるところを申し上げたいのですが、実は政策を決めるというのは、すごく複雑な手続きが要るのです。普通、政府の中でやるときは審議会で1年か2年かけて議論をします。そして、出てきたら、それをパブリックオピニオンにかけて、またいろいろな国民の意見を聞く。

一方で、これは政府の話ですけれど、政府与党一体だから、与党で、つまり、自民党と公明党の各部会で議論をして、政調会で決めて、そして総務会で最終決定する。総務会と同時に、政府の方は閣議で決定する。このように、ものすごく複雑な手続きが要るので、その間にものすごい骨抜きになって、グタグタになるわけです。

だから、何が重要かというと、実はマニフェストがすごく重要なんです。マニフェストにガーンと「やる」と書きます。そしてその人が総理総裁になったら、それをやらざるを得ないのです。郵政民営化は、だからできたんです。郵政民営化は、郵政省の審議会で「郵政民営化するかどうか」を議論して、部会で議論をしていたら絶対できません。しかし、小泉さんのような変わった人が、「俺はこのために総理になる」というふうにガーンと掲げて、そして総理になってしまったから、実現せざるを得なくなった。

だから、マニフェストでは、「普通ではできないようなブレークスルー型のものを書き込む」というのが、すごく重要なんです。ブレークスルーの問題として書かれていることは何かといいますと、よく見てみると2人しかないですね。

1人は石破さん。石破さんは「議員の歳費、国会議員の歳費を2割削減する」と書いている。これは普通ではできません。

一番たくさん書いているのは小池さん。小池さんはすごいですよ、「一院制にする」と書いているのです。衆議院と参議院を一院制にする。やればいいですよ。「国会議員の数を500人以下にする」、そして「東大を民営化する」というのもいいですよ。そういうことを入れているのは、石破さんが1つと、小池さんだけ。ほかは全くありません。役人とうまくやっていこうという、そういう匂いがプンプンします。

与謝野さんは「景気対策としての財政出動はしない」と書いているんです。ところが、この間の対策は、「景気刺激のための財政出動を定額減税という形でやる」という。言っていることと、やっていることが全然違うんです。言っていることとやっていることが、こうも足元で、こんなに極端に違っていいのか。これはやはりリーダーとしての資質の問題だと、私は思います。

繰り返しますけれど、そういうことが何も追求されていないのではないか。

大変見通しが暗い、厳しい状況だということが、加藤先生と木村さんから報告があって、私も実はこの間、小泉さんに、「相当経済は悪くなると思うし、相当政治も悪くなると思うし、見通しは非常に暗いのではないかと思っています」と言いました。小泉さんは、「うん、厳しいかもしれないな。しかし、ここまできたら、そんなに極端な逆戻りができないというのもあるよな」と。小泉さんはリアリストですから、その辺、いろいろな可能性を考えておられると思うのです。

※この原稿は、2008年9月15日にアカデミーヒルズで開催した緊急シンポジウム「自民党総裁選を斬る~空気読めない候補者は去れ~」を元にアカデミーヒルズが作成したものです。

自民党総裁選を斬る~空気読めない候補者は去れ~ インデックス

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事