記事・レポート

自民党総裁選を斬る~空気読めない候補者は去れ~

アカデミーヒルズセミナー経営戦略
更新日 : 2008年11月06日 (木)

第15章 既得権を維持するためにたくさん法律をつくっている官僚

冨山和彦さん(左)、野村修也さん(右)

野村修也:あまり時間もなくなってきていますが、少し発言させていただきたいのです。

今の話も関連するのですが、最初の方に竹中さんから官製不況の話、あるいは規制が多くなってしまっているという話があったと思うのですが、これを考えるときに、たくさん法律ができているのですね。

私は法律家ですが、平成に入ってからつくられた法律の数は明治維新からの20年よりも、はるかに多いのです。わが国は明治維新のときに、たくさんの法律をつくったわけなんですけれども、それをはるかに超えるぐらいの数の法律が毎日のように粗製乱造されているという状況があるわけなんです。

これは一方において、木村さんがおっしゃったように、経済をシュリンクさせてしまうのです。たくさんのハードルが、100メートル走のときに100本並んでいるようなもので、悪いことをしない人も100回飛ばないと先に進めないという、こういう経済情勢をつくっています。それを取っ払ってもらった方が、ザーッと走っていけるのですが、経済に悪影響を及ぼしながら、一方でもうかっている人がいるのです。もうかるからやっているわけです。一体だれがやっているのか、私は弁護士なので、「私がもうかっています」というふうに言ってしまうと元も子もないわけなんですけれど(笑)。

そうじゃなくて、これはやはり天下り先がなくなるとか、バッシングを受けている、そういった公務員の人たちが自分たちの存在意義をどんどん拡張していくためには、法律をつくるのが一番いいわけなんです。最近の法律の特徴は、必ず法律の中に「何とか監視機構」とかというのが入っていることです。それができ上がりますと、自分たちが行く、こういう段取りでつくられているわけです。

まさにそこに問題点があります。先ほど来から、いろいろな問題が出てくる、最後に何となく官僚批判になるので、「いつもそこで官僚批判だ」とおっしゃるかもしれませんが、ものすごく深刻な問題を、ここははらんでいるということを考えなければいけないですね。

さらに、例えば法改正がしっかり行われて、いろいろな形の改正が行われたにもかかわらず、それに見合った形の経済の対応ができていない部分というのがあるのです。例えば、よく出てきています、いわゆる「埋蔵金」といわれているものがありますが、埋蔵金のように、法改正したら、もう備えなくてよくなっているものがたくさんあるんです。「もう、それは支出しなくなりましたよ」と言っているのに、なぜか備えがあるのです。

例えば、失業保険などは法改正が行われて、あまり出されなくなったわけです。ところが、将来の失業保険の備えとして、準備金をたくさん積んでいる形になっています。制度が変わったのに、経済的な対応が十分行われていないという部分もあるわけなんです。こういったところをきっちり詰めていく、そこを掘り起こしていくという作業が、まず行われなければ、すべては始まらないのではないかと思うのです。

そういう意味では、私は経済というよりは、むしろ社会の制度、あるいは法律に対して、相当程度切り込んでいかなければ日本の将来はないのではないかと思っています。

木村剛:今、野村さんが言われた点は非常に大事なので1点だけ。残念ながら日本では毎日のように殺人事件が起こっていますが、殺人が起こるたびに、刑法がどんどんどんどん改正されたらどうなると思われますか。そんなばかなことはどこの国もやっていませんよね。

建築基準法の改正というのは、どういうふうなきっかけで起こったか、皆さん覚えていらっしゃいますか。姉歯という方が、小島という人の片棒を担いで、大疑獄事件をやったというふうにマスコミで報じられましたけれども、個人の法律違反をもって、すべての法律を改正するというばかな国は、日本だけです。

そして、建築基準法の改正だけで終わったと皆さん思っているかもしれませんけれど、次に何が起こっているかというと、今度は建築士法改正というのが出ます。そして今度、新しく瑕疵担保のための保険をつくるのですが、そのために、わざわざ、また新たに官僚の組織ができるんです。

何のための本当の法律の改正か。別に皆さんのためにやっているわけではないのです。そもそもヒューザーの小島さんがつくったグランドステージは地震で1回たりともヒビも入っていません。でも、住民は「出ろ」と言われましたよね。「出ろ」と言われて、もう一度、その人たちが資金をためて、もう一度建てようとしているのです。建てようとしたら、耐震構造が問題で建てさせてもらえない。一番の被害者を一番いじめているのは、あの改正建築基準法なんです。その実態をぜひ知っていただきたいと思います。

※この原稿は、2008年9月15日にアカデミーヒルズで開催した緊急シンポジウム「自民党総裁選を斬る~空気読めない候補者は去れ~」を元にアカデミーヒルズが作成したものです。

自民党総裁選を斬る~空気読めない候補者は去れ~ インデックス

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事