記事・レポート

ロボットクリエイター高橋智隆氏が描くサイエンスの可能性

夢のゴールは掃除ロボットや介護ロボット……じゃない!?

更新日 : 2010年08月16日 (月)

第3章 京都大学の「学内入居ベンチャー第1号」として起業

高橋智隆氏

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

高橋智隆: 京都大学の在学中に最初につくったロボットは、ガンダムのプラモデルを買ってきて、中にメカを仕込んで歩くようにしたものでした。タミヤの工作キッドについていたコントローラーを使って、そこから線を伸ばしてロボットのお尻につなげ、有線でコントロールできるようにしたのです。

学生の単なるお遊びだったのですが、思った以上にうまく歩いてくれたので、大学にあった特許相談室に持ち込んだら、「おもしろいから特許を取ろう。そして企業に売り込もう」ということになって、在学中に商品として発売になりました。

そしてまた次のロボットのアイデアが思いつき、作り始めようと思いました。趣味の範囲でつくっていたので非常にローコストでしたが、それでも当時、1つつくるのに数万円ぐらいかかりました。

賞金目当てに科学技術アイディアのコンテストや、ベンチャー・ビジネスモデルのコンテストに応募して、ロボットを持っていってガシャンガシャン動かしました。すると、そのインパクトだけで片っ端から優勝して、賞金100万円とかパソコンなどの賞品をもらいました。賞品は翌日には売り払って、ロボットの部品にしました。

そうこうしているうちに、二度目の大学も卒業することになりました。その頃、ASIMOが登場して、ロボットが世間ですごく注目されるようになっていました。また、大学発ベンチャーを応援する仕組みもでき上がっていたので、「じゃあ、起業してみようかな」というぐらいの気持ちで、京都大学の学内入居ベンチャー第1号として、ロボ・ガレージをスタートさせたのです。それが2003年です。

これまで30種類ぐらいのロボットをつくりました。最初にお伝えしたように、実験用のものではなく、暮らしの中に居るイメージができるようなものをつくろうと思っています。格好よくて、かわいくて、自然に動く、そういうロボットです。

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10072703RobotCreator.html



該当講座

「最先端の知」シリーズ

第1回 天才ロボットクリエーターが描くサイエンスの可能性

「最先端の知」シリーズ
高橋智隆 (ロボットクリエイター/(株)ロボ・ガレージ代表取締役)

高橋智隆(ロボットクリエイター)
単3電池2本でアメリカのグランドキャニオンを登り、過酷なル・マン24時間レースに挑戦した「エボルタ」の開発者である高橋智隆氏に、ロボット製作までの経緯や、今後のサイエンスの可能性についてお話いただきます。


BIZセミナー キャリア・人 建築・デザイン 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事