記事・レポート

「水が足りない」~ビジネス戦略と地球環境~

朝日新聞GLOBE創刊1周年記念パネルディスカッション

注目のオピニオン
更新日 : 2010年06月11日 (金)

第2章 黄河の断流。中国では、母なる大河が干上がっている

~プレゼンテーション【中国の環境と水問題】~

加藤千洋氏

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

加藤千洋: 中国の「母なる大河」がとんでもない状況にあるという話を確かめるべく、今年(2009年)、二度にわたり黄河を現地取材しました。

河口から中流、上流、源流へと歩くなかで、私は3つの黄河に出会いました。1つはイエローリバー、その名の通りの黄河です。2つ目は、上流と源流で見た真っ青な黄河。もう1つは黒い黄河で、工業都市の蘭州(らんしゅう)で工場排水が黄河に流れ込んでいました。

中国は世界第4位の水資源量ですが、人口が約13億と多いので、1人当たりの水資源ランキングでは100位以下になります。しかも水資源が南部に偏っているので、首都北京を含む北部は慢性的に水不足の状態です。「豊かな水の国」と「貧しい水の国」という、矛盾した2つの顔を持つのが中国です。

中国の水危機を象徴するのが、河の水が途中で干上がって渤海湾まで届かない「黄河の断流」です。90年代に顕在化し、一番ひどかった1997年は1年で226日も断流しました。この冬、河口に行ったところ、黄河の最下流が多摩川のように小さな川になっていてびっくりしました。
 
青海省のチベット高原、標高が5,000メートル近い山中で、黄河の最初の1滴が生じるのですが、その水源地帯も環境変化が猛烈な勢いで進んでいます。

私たちは、標高4,200メートルの町・瑪多(マトゥオ)にベースキャンプをつくりましたが、住民によると、「かつては土を掘ると1mで永久凍土層にぶつかった。今は3m掘り下げないとぶつからない」ということです。辺りでは草原が消え、一部では砂漠化が始まっています。

源流地帯には、大小合わせて4,000以上の沼や湖、池などの湿地帯があります。この4,000のうち2,800が先年、干上がってしまいました。マクロの数字でいうと、現在、黄河の平均的な年間総水量は約550億トン。1950年代は約800億トンでしたから、すでに30%近く水が減っているのです。

断流現象について、中国政府も手をこまねいているわけではなく、さまざまな施策を講じ、その結果、2000年以降は何とか断流の発生を防いでいます。

もう1つ、大きな野心的なプロジェクト「南水北調」が進行中です。南の長江流域の水を、総延長3,000kmのパイプで北の黄河流域地帯に調達するというものです。第1期工事は2007年に着工され、すでに一部利用されていますが、中央と地方の難しい関係の改善や、水利施設の老朽化や管理の悪さなどを改善しないと、中国の水問題は根本的に解決しないでしょう。

中国が今後も安定的に経済発展を遂げるうえで、この水問題は大きな制約要因になるのではないかと考えています。

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10060202AsahiGLOBE.html



該当講座

朝日新聞GLOBE創刊1周年記念
「水が足りない」 - ビジネス戦略と地球環境 -
前原誠司 (国土交通相)
加藤千洋 (朝日新聞編集委員)
望月晴文 (経済産業事務次官)
桑原洋 (日立製作所特別顧問/海外水循環システム協議会理事長)
竹村真一 (京都造形芸術大学教授 / Earth Literacy Program代表)
梶原みずほ (朝日新聞GLOBE記者)

世界的に不足している「水」について、ビジネスと環境の視点から議論します。


BIZセミナー 環境 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事