記事・レポート

勝間和代はなぜ国際貢献に尽力するのか?

身の回り1.5メートルで感じるグローバル・アジェンダ

注目のオピニオン
更新日 : 2010年05月24日 (月)

第6章 なぜお金持ちは犯罪をしないのか:テロとの戦いへの答え

勝間和代氏 アカデミーヒルズ

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

勝間和代: 日本は、日本だけで生きているのではありません。エネルギーや鉱物など、かなりの部分を、私たちはアフリカに依存しています。

今、アフリカ開発で一番頑張っているのは中国です。アフリカのどこに行っても中国人だらけで、せっせと建設物を、ダムを、道路を、空港をつくっています。これを中国は投資として行っているのです。このことによって自分たちの市場を確保しよう、天然資源の輸入先としても親密な関係をつくろう、というわけです。

かつて日本は、これと同じことをアジアでやってきました。戦争責任という面もありましたが、日本がリードをとって技術移転を含めてたくさん投資をして助けました。それがアジア発展の一助になったのではないかと言われています。

結局、世界全体を“自分の体”と考えてみようということなんです。人道的配慮もありますが、私たちが自分の指先が痛かったり、足が痛かったりするときは、やはりそれを治療したいと思うじゃないですか。アフリカは世界の一部なわけですから、自分たちができることはしようじゃないかということです。

世界の約10億人の人たちが飢餓、疫病、地理的な孤立のために、「貧困の罠」から抜け出せないでいます。そのうちの8億人がアフリカに住んでいると言われています。すなわち、アフリカに何らかの支援を差し伸べることによって、この人たちが「貧困の罠」から抜け出せるということは、エネルギーの安定、テロリズムの排除、そして世界全体としての環境問題を考えた場合、決して人ごとではなく、自分たちがやるべきことだと理解していただけたらと思います。

長期的な投資として考えると、今、私たちは需要不足で困っています。日本でいろいろモノが余ってしまっているのです。この先、どこに売るのかを考えたら、アフリカの市場が立ち上がってくれるのが一番なんです。大きなポテンシャルがあるので、適切な対処をすれば、実際にそこが市場になるということです。今、そこにリーチできているのは、アフリカにコミットをして、ちゃんと流通網を調えた企業だけです。

貧困対策は、戦争や紛争、不正をなくすためでもあります。お金持ちが犯罪をしないのは、割に合わないからです。お金がないから犯罪に走ったり、傭兵になったりするわけですから、貧困を解決するということが、すごく大事です。

私たちにとっても、戦争が起きた後、事後になってPKOで軍隊を送るよりは、戦争が起きないように、発展を助けて貧困対策をした方が本当はいいのです。病気と一緒です。病気になった後で、慌てて治療をするからお金がかかるのです。私たちは世界の紛争や平和の脅威に対して、もっと予防医学を行わなければいけないのです。

私たち民間人や政府が国際貢献をするのは、回り回って自分たちのためになるからなのです。

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10040706GasKatsuma.html



該当講座

勝間和代はなぜ国際貢献に尽力するのか?
勝間和代 (経済評論家、公認会計士)

勝間 和代(経済評論家、公認会計士)
経済評論家として、またビジネス書のベストセラー著者としてご活躍されている勝間氏。最近の活動として注目されているアフリカやスリランカへの国際支援の取組みについてお伺いします。
勝間氏にとって今一番ホットな国際貢献について直接お話いただく貴重なセミナーとなります。是非この機会をご利用下さい。


グローバル・アジェンダ 政治・経済・国際 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter