記事・レポート

勝間和代はなぜ国際貢献に尽力するのか?

身の回り1.5メートルで感じるグローバル・アジェンダ

注目のオピニオン
更新日 : 2010年05月14日 (金)

第5章 民間支援でできることと課題:「Chabo!」の例

勝間和代氏 アカデミーヒルズ

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

勝間和代: なぜ、井戸とトイレを支援したのか。その理由を説明します。スーダンでは、女の人がポリタンクを頭にして、水を抱えて歩いています。近いところで片道5分、遠いところで20分ぐらいかかるところを、1日5、6往復するそうです。

それを食事、洗濯、お風呂に使うのですが、ぜんぶ泥水なんです。それしかないから、それを汲んでくるわけですね。水を手にするために、生活のほとんどの時間が使われてしまうし、それを飲むとかゆみや湿しんが出たり、場合によっては虫に寄生されたりすると言っていました。

コレラやギニア・ウォームという寄生虫が体内に入ると、糞尿に病原菌が混じります。トイレがないと、病原菌がばら撒かれてしまいます。トイレには、病原菌を1カ所に押し込んで散りばめないという大きな役割があるのです。

これらをつくり終えたあと、ずっと監視するわけにはいきませんから、現地の人たちに大事に使っていただくため、地元民にパペットを使った衛生教育をしたりするのが、私たち民間の支援で一番効果が出やすいところです。

地元民たちが定期的にメンテナンスをする技術を身につけるためのトレーニングをしたり、ひと家庭から、1カ月に1ドルや2ドルをコミュニティの長が集めて積み立てて、それをメンテナンスに使うといった仕組みづくりも同時に必要になります。井戸やトイレを管理することをきっかけに、地元の人たちは自治を学んでいくわけです。

「Chabo!」は、これまで緊急支援活動を中心に行ってきました。今後の課題は3つあります。人材育成やファンドの提供のような、長期継続的に人の育成に直接資するような展開ができないか、というのが1つ。

2つ目は、やはりプログラムの参加者に慣れや飽きが生じるということです。私の場合は、幸い自分がこのプログラムの創始者でもありますし、何度も現地に行ってコミットしていますが、ほかの著者の方にとっては、ただ印税の2割が天引きされているというのは、よくよく考えるとすごい状態なんです。ですから、参加している人たちとは、もっと密なコミュニケーションをとっていきたいと思います。

もうひとつ、緊急支援活動や国際貢献の内容について、見本市のようなプロトタイプを日本でも何か立ち上げれば、海外に行かなくてもわかっていただけるのではないか、と考えています。

しかし、始まってまだ1年半のプログラムですから、少しずつ勉強しながら、できることをやっていこうと思っています。

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10040705GasKatsuma.html



該当講座

勝間和代はなぜ国際貢献に尽力するのか?
勝間和代 (経済評論家、公認会計士)

勝間 和代(経済評論家、公認会計士)
経済評論家として、またビジネス書のベストセラー著者としてご活躍されている勝間氏。最近の活動として注目されているアフリカやスリランカへの国際支援の取組みについてお伺いします。
勝間氏にとって今一番ホットな国際貢献について直接お話いただく貴重なセミナーとなります。是非この機会をご利用下さい。


グローバル・アジェンダ 政治・経済・国際 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter