記事・レポート

日本型ビジネス文化の特徴とグローバルコミュニケーションスキル

世界で活躍するために必須のノウハウを解説:ロッシェル・カップ

BIZセミナーグローバル文化ビジネススキル
更新日 : 2014年07月14日 (月)

第3章 直接的/間接的なコミュニケーション・スタイル


 
対立を好むか、回避するか

ロッシェル・カップ: コミュニケーションに関する2つのチャートを解説します。1つ目は「直接的・間接的なコミュニケーション・スタイル」です。

出典:http://www.alc.co.jp/eng/global/gmkouza/003.html
 
【直接的コミュニケーション・スタイルの特徴】
チャートの左側に向かうほど、オープンで対立をいとわない直接的なコミュニケーションを好みます。自分の考えをストレートに発言しても構わない、問題を解決するためにはオープンに話し合ったほうが良いと考える傾向があります。思っていることを素直に表現し、他人とは正反対の意見でも構わず口にしがちです。つまり、ディベートやディスカッションを好む傾向と言えるでしょう。

【間接的コミュニケーション・スタイルの特徴】
チャートの右側に向かうほど、間接的なコミュニケーションを好みます。何よりも和を大切にするため、人間関係にひびが入ることを心配し、自分の率直な意見を伝えることに抵抗感をもっています。また、相手があまり聞きたくないであろうことは、あえて口にはしません。どうしても言わなければならない場合は、オブラートに包んだ表現を使います。面目・体裁・世間体など、いわゆる「面子」を気にすることも1つの特徴と言えます。

一般的なイメージでは、日本は右端、アメリカは左端に位置すると思われるかもしれません。しかし、世界という広い視点で見ると、日本やアメリカよりもさらに両極に近い国があります。たとえば、東南アジアやアフリカ諸国の人にとっては、日本人のコミュニケーション・スタイルでさえ直接的だと感じられることもあるのです。
きしむ車輪は油を差される ⇔ 出る杭は打たれる

ロッシェル・カップ: 日本人から「早口で外国語をまくし立てる相手に対して、ゆっくり話してほしいけれど、それが言い出せない」ということをよく聞きます。間接的な文化の典型的な特徴です。しかし、直接的な文化の人は、「相手が何も言わなければOKなのだ」と捉える傾向があります。直接的なコミュニケーションを好む人には“Please, slow down.”“I can’t keep up with you.”などとはっきり伝えたほうが良いのです。

“The squeaky wheel gets the grease.”という米国のことわざがあります。直訳すれば、「きしむ車輪は油を差される」。そこから転じて「はっきりと主張すれば、求めるものが得られる」という意味で使われています。「出る杭は打たれる」とは対照的な考え方だと思います。日本をはじめ間接的なコミュニケーションを好む文化では、はっきり主張しなくても、相手が察してくれる、悟ってくれるだろうという意識があります。しかし、直接的なコミュニケーションを好む文化の人は、気がついてはくれません。基本として、日本人と同様の反応は期待しないほうが良いと思います。

日本型ビジネスのコミュニケーション・スタイルには、次のような特徴があります。まず、臭いものにフタをしようとする傾向があること。たとえば、人間関係がこじれてしまったときに、会話を避けるようになります。対話を通じて問題を解決するよりも、距離を置き、相手が気づくまで待とうとするからです。しかし、直接的なコミュニケーションを好む文化では、わざわざフタを開け、問題のすべてをテーブルに並べ、どれほど面倒でも徹底的に討論しようとする傾向があります。

和を優先し、面子を大切にする文化では、個人的な主張はできるだけ控え、周囲にもそれを期待します。また、相手やグループがどのように考えているかにも注意を払います。そして何より、意見を調整するように努力します。一方、欧米でよく使われる表現に“devil’s advocate”がありますが、議論を活発にするために、あえて周囲とは反対の意見を投げかけることさえあるのです。日本ではあまり好まれないことではないでしょうか。


該当講座

日本型ビジネス文化の特徴とグローバル・コミュニケーション・スキル
Rochelle Kopp (ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社 社長)

Rochelle Kopp(ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社 社長)
本セミナーでは来日するカップ氏をお招きして、グローバルにビジネスを展開する際に日本型文化が海外でどう見られており、コミュニケーションで気をつける点はどこにあるのか、ワークショップを交えながらお話いただきます。


BIZセミナー グローバル 文化 ビジネススキル 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事