記事・レポート

みうらじゅんの物集め紀行

それでも、やっぱり、これが好き♡

更新日 : 2013年11月19日 (火)

第6章 ゴムヘビハンターの戦い

写真:みうらじゅん(イラストレーターなど)

 
ヘビの呼ぶ声が聞こえた

みうらじゅん:  僕が小学生だった昭和30年代後半から40年代にかけて、ゴムヘビの大ブームが起こりました。以来、二度とブームは来ていませんが。いまから数年前でしょうか、僕は江ノ島の参道を歩いていました。みやげ物屋がたくさんあるので、それまで何度となく歩いていましたが、気がつかなかった。しかし、貝細工オンリーのお店の奥まった壁のところに、いたのです。

そのみやげ物屋では、他のモノは買っていましたが、僕には聞こえなかった。いままでは、心を開いてなかったからなのかな。数年前、店の前を通った時に、「シャー、シャー」という声が聞こえました。声がする方向をふっと見たら、とぐろを巻いた蛇が「最後ですよ! あなただけですよ!」と言っていた。デッドストックだったのです。

針金でつけられた値札に、2,500円と書いてありました。冗談にも程があると思いました。子どもには高すぎる、大人にも高すぎる、誰が安すぎるのだと。「オレだな」と、その時も強く思いました。

一応、気持ちとしては蛇ですから、頭の後ろをそっと手でつまみながら、何も考えずにレジの前に出します。こうした場面で、うっかり「領収書お願いします」と言ってしまう時があります。「2,500円、ゴムヘビ代として」と書かれるので、経費として落ちないケースがたくさんあります。

ゴムヘビはワールドワイド

みうらじゅん:  大概、ゴムヘビはお寺の参道などに生息しています。ゴムヘビハンターとしては、そうしたところに行っては、声を聞き分ける。見つけ次第、値段には目もくれず、スピーディーに捕獲します。これまでにずいぶん集まりましたが、先日数えてみたら、100匹ほど集まっていました。

世界中の蛇が掲載されている、分厚い蛇の図鑑も買いました。それで自分のゴムヘビたちの正式名を判別しました。1週間ほどかけて行った大事業でしたが、適当に縞模様などが塗ってあるわけではなく、きちんとした元ネタがあると分かり、「ゴムヘビはワールドワイドなんだ!」という驚きがありました。

そのように思っていかないと、果てしなくむなしい戦いだったのです。同じ蛇を何匹も買ってしまうという間違いも、何度となく繰り返していますから。


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter