オピニオン・記事

若き映画プロデューサーが語る、面白いストーリーの作り方

~『告白』『悪人』『東のエデン』はこうして生まれた~

BIZセミナーキャリア・人文化
更新日 : 2011年12月09日 (金)

第8章 たった1つの言葉が映画の成否を分ける

石井朋彦氏

石井朋彦: 3Dのよさは見ないとわかりません。そのため『攻穀機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』では、劇場で3D映像に触れる機会を徹底的に増やすという戦略を立てました。

具体的には、パナソニックさんの3Dビエラの担当の方とお会いして「テレビCMでどんなに3Dテレビを宣伝しても、実際にはお客さんは3Dを体験できません。我々の映画は日本の3Dのあけぼのと言える作品です。ぜひ無償で劇場に3Dビエラを提供して、この作品の予告編を流させてください。そのかわり我々が劇場と交渉して、劇場使用料を無料にします」とタイアップをもちかけました。こうして新宿バルト9では、かなり早い段階から、チケットロビーに設置された3Dビエラで予告編が見られるようになったのです。

Googleさんともタイアップしました。GoogleさんのYouTubeには3D機能があるのですが、見るには赤青メガネが必要なんです。そんなメガネ、皆さん持っていないですよね。そこがGoogleさんの悩みどころでした。そこで「我々がメガネを用意します。だから我々の映像を特別扱いしていただけませんか」と話を持ちかけました。

なぜこういう提案ができたのかというと、原作元である講談社の月刊ヤングマガジンさんが宣伝に積極的で、しかも赤青メガネでグラビア・アイドルが立体に見えるようにして部数を伸ばしていたからです。ですので「ヤングマガジンで『攻穀機動隊』を3Dで見られる特集を組み、付録にオリジナル・デザインの赤青メガネを付けます。それを買った方はYouTubeの3D動画にアクセスするので、YouTube 3Dに注目が集まります。認知度を高める絶好のチャンスですよ」と話を持ちかけたのです。

タイアップを持ちかけるとき「この作品は神山健治監督のSFアクションです。すごいんです。やってくれませんか」と言っても興味を持ってもらえません。パナソニックさんであればテレビを売りたいわけですし、YouTubeさんなら3D動画機能を認知させたいわけですから、それと宣伝協力が結びつかなければなりません。ですので「この作品は日本人が待ち望んだ『アバター』を超える3Dです。それをテレビで独占できるのはパナソニックさんだけですよ。インターネットで独占できるのはYouTubeさんだけですよ」と言えないといけないんです。言葉の準備ひとつ違うだけで、結果は全く違ってきます。


該当講座

若き映画プロデューサーが語る、面白いストーリーの作り方

~『告白』『悪人』『東のエデン』はこうして生まれた~

若き映画プロデューサーが語る、面白いストーリーの作り方
川村元気 (映画プロデューサー / 小説家)
石井朋彦 (プロダクション・アイジー プロデューサー)
佐々木紀彦 (株式会社ニューズピックス 取締役)

川村元気 (東宝株式会社 映画企画部 プロデューサー)
石井朋彦 (プロダクション・アイジー プロデューサー)
各界で活躍するイノベーティブな人物をゲストにお招きする『東洋経済インタラクティブセミナーシリーズ』。今回は、『告白』『悪人』『東のエデン』など次々にヒットを生み出し、日本映画界を代表する若手プロデューサーとして注目のお二人にお話を伺います。


BIZセミナー キャリア・人 文化 マーケティング・PR 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事