記事・レポート

常に進化し続けるトップアスリートの強さに迫る

~オリンピックの先にあるもの~

更新日 : 2010年08月27日 (金)

第7章 ソチ・オリンピックへの気持ち

岡崎朋美氏

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

石川牧子: 次はソチ・オリンピックですよね。また4年という時間がありますが、どうなさるんですか。

岡崎朋美: ソチのときは42歳です。一般的には「無理だろう」と言われていますし、体力的に厳しいものはあると思うんですけれど、「無理だろう」と言われるのを覆したいという気持ちもあって。

ただ、まだまだ考えなければいけないですね。バンクーバーが終わったときにマスコミの方たちが「もう引退だ」みたいな感じだったので、私は反射的に「このままではやめられない」とは言いましたけれど(笑)。一応続行という形をとりながら、ゆっくり考えます。

あと、主人が子どもがほしいと言っていて。私は、代わりに彼に産んでほしいという感じなんですけれど(笑)。

石川牧子: じゃあ、これからはその葛藤もあるかもしれないですね。でも、それは幸せな葛藤ですね。

42歳でソチを目指す過程で、もし強力な若い選手が出てきたら、それはそれで認めるわけですよね。よく「引き際」という言葉が使われますが、引き際についてはどうお考えですか。

岡崎朋美: そういうことは全然頭になくて。そう言われると、「ああ、そうか。引き際ってあるんだな」と思うぐらいで。あるとき知人に「引き際って大事なのかな?」って聞いたら、「いまさら引き際ってないだろう。もっと前だろう」って言われて(笑)。「そうだよな、どうしたらいいんだろう」みたいな感じでしたね。

石川牧子: それも岡崎朋美流で、きっと自然体でいくんですね。言われてみれば、別に決めることないですものね。「40歳になったら、こうしなければならない」なんて、変な話です。

岡崎朋美: そう思うんですよね。それに、やっていないことだから、やってみたいって。ただ先日、日本スケート連盟が「ソチ五輪のときに30歳以上になる選手には強化費を出さない」というような方針をニュースで発表したみたいなんです。若手を育てたいと。でも「選考会で選ばれたらソチに連れて行ってくれるんですよね?」と聞いたら「うん、それはしょうがないな」と言っていましたから(笑)、選考会をクリアしたら問題ない。

石川牧子: でも強化費が出ないというのは、おかしな話ですよね。

岡崎朋美: そうなんですよね。“らしくない”発言だったので、どうしてそういうことを言っちゃったのかなって。ちょっと残念だなと思いました。

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10063007SkaterOkazaki.html


関連リンク


該当講座

オリンピックの先にあるもの

~常に進化し続けるトップアスリートの強さに迫る~

オリンピックの先にあるもの
岡崎朋美 (スケート・スピードスケート)

岡崎 朋美(スケート・スピードスケート)
3月のランチョンセミナーでは、バンクーバー五輪で5回目のオリンピック出場を果たし、約20年の競技人生を通じて人々に感動と勇気を与え続けてきた、スピードスケートの岡崎朋美氏をお招きします。


BIZセミナー 教養 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter