セミナー・イベント

MIT Media Lab CREATIVE TALK
What is Design? 

BIZセミナー グローバル キャリア・人

日時

2013年08月12日 (月)  19:00~21:00

※受付開始は18:30を予定しております。
※本セッションは原則として英語で行います。ただし、日本語の発言も入る可能性がございます。通訳は入りませんのでご了承ください。
※本講座は大変反響が高く、満席となりました。追加募集は行いません。またキャンセル待ちも一切お受けしておりませんので、何卒ご了承ください。

終了しています

内容

In 1987, Mr. John Maeda discovered a book by Paul Rand called "Thoughts on Design" in one of the libraries at MIT.

Mr. Rand came to speak at the MIT Media Lab in 1996 at Mr. Maeda's invitation when Mr. Maeda had just joined MIT -- it was noted as the most well-attended presentation in the lab's history.

From that moment, Mr. Maeda has been on a journey to understand what design is, means, and can make happen in the digital age. His talk will cover thoughts on simplicity, leadership, and Japan's important role in design.                                              
The latter part of the seminar will be an interactive session with Mr. Maeda and the audience under the moderation by Ms. Chiaki Hayashi who serves as the Japan liason to MIT Media Lab Director.                                      

                  
MITメディアラボとアカデミーヒルズがコラボレーションしてお届けするCREATIVE TALKシリーズ第4回では、世界で最も注目されている人物の一人であるジョン・前田氏をお迎えし、前田氏の専門である「デザイン」について、あらゆる角度からお話いただきます。

1987年、前田氏はMITの図書館でポール・ランド氏の著書「Thoughts on Design」を発見しました。1996年、前田氏がMITメディアラボに参画したばかりの頃、前田氏の招待によってランド氏がMITに講演に訪れました。
ランド氏のレクチャーはMITメディアラボの歴史の中で、最も参加者が多かったものとなるほどの注目を集めました。

それ以降、前田氏は「デザインとは何か」「デザインの意義とは何か」、そして「デジタル時代にデザインが可能にすること」などについて考えてきました。講演の中では、「シンプリシティ」、「リーダーシップ」そして「日本がデザインにおいて果たす役割」についても前田氏の考えを語ります。

セミナー後半では、MITメディアラボ所長補佐の林千晶氏のモデレーションの下、インタラクティブセッションを行い、参加者の皆さんの理解を深めていきます。


【当日スケジュール予定】
19:00~20:00 ジョン 前田氏講演
20:00~21:00 林 千晶氏モデレートの下、Q&Aを含めた参加者とのインタラクティブセッション

講師紹介

講師
John Maeda (ジョン・マエダ)
ロードアイランド造形大学学長(Rhode Island School of Design President)

2008年6月にロードアイランド造形大学学長に就任。元MITメディアラボ副所長。

ロードアイランド造形大学では、STEM(科学 Science, 技術 technology, 工学 enginieering, 数学 math)の分野にアート(Art)を導入することでSTEAMへ転換をさせるべく活動している。
フォーブス誌に「学問分野におけるスティーブ・ジョブス」と評されるなど、科学とテクノロジーがかつてそうだったように、21世紀はアートとデザインが経済を変えると信じて活動を行っている。

ソノス、クアーキー、ワイデン・アンド・ケネディなどの企業の取締役を務め、世界経済フォーラムが組織するグローバル・アジェンダ・カウンシル「新しいリーダーシップモデル」の役員も務める。
著書に「シンプリシティの法則」、「クリエイティブ・コード」、「リーダーシップをデザインする」などがある。

グラフィックデザイナー、コンピューターサイエンティスト、アーティスト、教育者として卓越した実績を残し、雑誌「エスクアイア」による「21世紀に最も影響力のある75人」の中に選出される。

John Maeda is a leader who imagines how design can simplify technology and help leaders respond to new challenges in the era of social media. His work as a graphic designer, computer scientist, artist and educator earned him the distinction of being named one of the 75 most influential people of the 21st century by Esquire.

In June 2008, Maeda became president of Rhode Island School of Design, and in late 2012, Business Insider named RISD the #1 design school in the world. At RISD, Maeda is leading the movement to transform STEM (Science, Technology, Engineering and Math) to STEAM by adding Art. Called the “Steve Jobs of academia” by Forbes, he believes art and design are poised to transform our economy in the 21st century like science and technology did in the last century.

Maeda previously served as associate director of research at the MIT Media Lab.
He serves on the boards of Sonos, Quirky, and Wieden+Kennedy, and on
the Davos World Economic Forum's Global Agenda Council on New Models of Leadership. His books include The Laws of Simplicity, Creative Code, and Redesigning Leadership.

すべて読む 閉じる

モデレーター
林千晶 (はやし・ちあき)
株式会社ロフトワーク 代表取締役/MITメディアラボ所長補佐

ロフトワークの共同創業者、代表取締役。2000年に創業したロフトワークでは、16,000人が登録するクリエイターネットワークを核に、Webサービス開発、コンテンツ企画、映像、広告プロモーションなど信頼性の高いクリエイティブサービスを提供。学びのコミュニティ「OpenCU」、デジタルものづくりカフェ「FabCafe」などの事業も展開している。またクリエイターとのマスコラボレーションの基盤として、いち早くプロジェクトマネジメント(PMBOK)の知識体系を日本のクリエイティブ業界に導入。2008年『Webプロジェクトマネジメント標準』を執筆。米国PMI認定PMP。現在は、米国NPOクリエイティブ・コモンズ 文化担当、MITメディアラボ 所長補佐も務める。

1971年生、アラブ首長国育ち。早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒業。1994年に花王に入社。マーケティング部門に所属し、日用品・化粧品の商品開発、広告プロモーション、販売計画まで幅広く担当。1997年に退社し米国ボストン大学大学院に留学。大学院卒業後は共同通信NY支局に勤務、経済担当として米国IT企業や起業家とのネットワークを構築。2000年に帰国し、ロフトワークを起業。

すべて読む 閉じる

講座趣旨

MIT Media Lab CREATIVE TALK
いま世界的に注目されているMITメディアラボとアカデミーヒルズがコラボレーションしてお届けするセミナーシリーズ。
既成概念にとらわれず、無限の可能性を追求するMITメディアラボの世界を直接体験できる貴重なシリーズです。


開催実績

石井裕 (MITメディアラボ副所長、TTTコンソシーム・コディレクター、タンジブル・メディア・グループ・ディレクター、Jerome B. Wiesner Professor of Media Arts and Sciences)
林千晶 (株式会社ロフトワーク 代表取締役/MITメディアラボ所長補佐)
開催日 :  2013/07/08 (月)

Ethan Zuckerman (MIT Center for Civic Media Director / MITメディアラボ主任研究員)
林信行 (フリーランス ITジャーナリスト兼コンサルタント)
開催日 :  2013/06/04 (火)

伊藤穰一 (MIT(米マサチューセッツ工科大学)メディアラボ所長)
開催日 :  2013/04/10 (水)

募集要項

日時 2013年08月12日 (月)  19:00~21:00

※受付開始は18:30を予定しております。
※本セッションは原則として英語で行います。ただし、日本語の発言も入る可能性がございます。通訳は入りませんのでご了承ください。
※本講座は大変反響が高く、満席となりました。追加募集は行いません。またキャンセル待ちも一切お受けしておりませんので、何卒ご了承ください。

受講料 3,000円
定員 80名

※定員になり次第締切らせていただきます。

主催
  • アカデミーヒルズ
協力
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期限:2013年8月12日(月)15:00
※定員になり次第締切り

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB