セミナー・イベント

「手塚治虫 ブラック・ジャック展」開催記念トークイベント #1
いま命を描くとは~『ブラック・ジャック』が問いかけたこと~

ライブラリーメンバー一般

日時

2023年10月05日 (木)  16:00~17:00

リアル開催
【 会場 】東京シティビュー「手塚治虫 ブラック・ジャック展」会場内(六本木ヒルズ森タワー52F)
※森タワー2F「美術館・展望台入口(ミュージアムコーン)」からお越しください。一つ上の階(森タワー3F)「美術館・展望台チケット/インフォメーション」で入場受付をいたします。アカデミーヒルズから直接イベント会場にはご入場いただけませんのでご注意ください。

【申込開始日】
一般チケットは、9月14日(木)11時〜より受付開始いたします。
ライブラリーメンバーチケット(先着10名)は、9月15日(金)18時〜より受付開始いたします。

終了しています

内容

東京シティビューで開催される「手塚治虫  ブラック・ジャック展」東京会場の公式ファシリテーターを務める宮田裕章氏(慶応義塾大学医学部教授)と、『いまにも通ずるブラック・ジャック』をテーマに、トークイベントを2回シリーズで開催します。
現代の医療や社会課題にも通ずる『ブラック・ジャック』の本質を読み解く議論を盛り上げて頂きます。

第1回のテーマは「いま命を描くとは~『ブラック・ジャック』が問いかけたこと~」

マンガ『ブラック・ジャック』の主人公・間黒男(はざま・くろお)は、天才的な外科技術を持つ医師でありながら、無免許医で、患者に莫大な医療費を請求するというシニカルな側面を持っています。お金と命を天秤にかけ、社会の矛盾の浮き彫りにし、読者にお金より大切なものはなにかを考えさせ、生命の不可思議を問いかけてきました。現代にも通ずる医療や社会課題への本質的な問いを見直し、「いま命を描くとは?」を2名のゲストとともに議論します。

ゲスト:手塚眞(ヴィジュアリスト)、長谷川愛(アーティスト、デザイナー)


ファシリテーター:宮田裕章(慶應義塾大学医学部教授、データサイエンティスト)
宮田氏からのメッセージ

手塚治虫先生が『ブラック・ジャック』という作品を通して、私たちに投げかけた問いは、時代を超えて今なお重要な意義を持っています。これは医療に関わる多くの人々が『ブラック・ジャック』という作品を、現在も大切に思っていることにもつながります。

この数十年の中で、医学や科学は急速に発展しました。その一方で医学の意義、そして医療のあり方についての議論はますます深まっています。現代は、かつてよりも多くのいのちが救えるようになりました。しかし、それゆえにその過程にある選択、その背景にある格差、技術がもたらす新たな尊厳の問題と向き合うことが不可欠なのです。

また新型コロナウイルスによって医療と社会の関係性についても様々な課題が浮かび上がりました。医療は独立した1つのモジュールではなく、社会そのものと密接に結びつき、私たちの世界を構成しています。手塚先生はすでに、社会や医療の双方の歪みがもたらす問題についても、『ブラック・ジャック』で描いてきました。

科学や医療の急速な発展と、社会のあり方が変化する現在だからこそ、手塚治虫先生の普遍的な問いに向き合うことが大切だと感じています。『ブラック・ジャック』という作品の魅力や作品を通して感じる未来を、皆さまと一緒に考えるこの機会を楽しみにしております。
※トーク終了後に「手塚治虫 ブラック・ジャック展」へご案内いたします(自由鑑賞)。トーク前の鑑賞はできません。
※イベント当日は会期前日となり、一般公開に先駆けご鑑賞いただける<特別観覧>となります。なお、貸切観覧ではございません。
※欠席された場合、後日展覧会のみの鑑賞はできません。


定員:30名 ※先着

▼第2回「身体の不思議~『ブラック・ジャック』が問いかけたこと~」※別途要申込
<展覧会開催概要>
「手塚治虫  ブラック・ジャック展」
会期:2023年10月6日(金)〜 11月6日(月)
会場:東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
詳細: https://blackjackex.roppongihills.com/

講師紹介

スピーカー
手塚眞 (てづか・まこと)
ヴィジュアリスト

1961年東京生まれ。高校時代から映画制作を始め、数々のコンクールで受賞。以後、映画・テレビ等の監督、イベント演出、本の執筆等、創作活動を全般的に行っている。1985年『星くず兄弟の伝説』で商業映画監督デビュー。1995年富士通のPCソフト『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。19か国で50万本のヒットとなる。1999年『白痴』がヴェネチア国際映画祭で上映されデジタル・アワード受賞。2020年『白痴』公開20周年を記念したデジタルリマスタリング版と手塚治虫原作の『ばるぼら』が全国公開。テレビアニメ『ブラック・ジャック』では2006年東京アニメアワードのテレビ部門優秀作品賞受賞。AIを使って手塚治虫の漫画を描く「TEZUKA2023」プロジェクトでは総合ディレクターを務める。宝塚市立手塚治虫記念館名誉館長など、手塚治虫の遺族としても活動している。著作に『父・手塚治虫の素顔』(新潮社)他。

すべて読む 閉じる

スピーカー
長谷川愛 (はせがわ・あい)
アーティスト/デザイナー
慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 総合デザイン工学専攻 マルチディシプリナリ・デザイン科学専修 准教授

バイオアートやスペキュラティヴ・デザイン等の手法によって、生物学的課題や科学技術の進歩をモチーフに、現代社会に潜む諸問題を掘り出す作品を発表している。 IAMAS卒業後渡英。2023年度から慶應義塾大学理工学部准教授。MoMA、森美術館、上海当代艺术馆、イスラエルホロンデザインミュージアム、ミラノトリエンナーレ2019、アルスエレクトロニカ、NY MoMAなど、国内外で多数展示。著書に「20XX年の革命家になるには──スペキュラティヴ・デザインの授業 」(BNN新社)
https://aihasegawa.info/

すべて読む 閉じる

ファシリテーター
宮田裕章 (みやた・ひろあき)
慶應義塾大学医学部教授、データサイエンティスト

1978年生まれ。2003年東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)。早稲田大学人間科学学術院助手、東京大学大学院医学系研究科 医療品質評価学講座助教を経て、09年4月東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座 准教授、14年4月に同教授に就任(15年5月から非常勤) 。15年5月から慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 教授、20年12月から大阪大学医学部 招へい教授に就任。著書に「共鳴する未来 データ革命で生み出すこれからの世界」)河出新書、「データ立国論」(PHP新書)などがある

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2023年10月05日 (木)  16:00~17:00

リアル開催
【 会場 】東京シティビュー「手塚治虫 ブラック・ジャック展」会場内(六本木ヒルズ森タワー52F)
※森タワー2F「美術館・展望台入口(ミュージアムコーン)」からお越しください。一つ上の階(森タワー3F)「美術館・展望台チケット/インフォメーション」で入場受付をいたします。アカデミーヒルズから直接イベント会場にはご入場いただけませんのでご注意ください。

【申込開始日】
一般チケットは、9月14日(木)11時〜より受付開始いたします。
ライブラリーメンバーチケット(先着10名)は、9月15日(金)18時〜より受付開始いたします。

受講料 一般:2,300円(税込)

※アカデミーヒルズライブラリーメンバー:無料 (先着10名)
プロモーションコードを入れてお申込ください。

◆プロモーションコード確認方法
【アカデミーヒルズ ライブラリーメンバー】
「プロモーションコード」を、以下①または②の方法にてご確認いただき、お申込ください。
※セミナー開催時にライブラリーメンバーの方が対象です。
「マイページ」➾「セミナー・イベント」
②「ヒルズアプリ」➾「ahマーク」➾メンバーズ・スクエアの「セミナー・イベント」


受講対象者 一般、ライブラリーメンバー

定員 30名 ※先着順

注意事項

■お申込みキャンセルについて
お申込のキャンセルは、10月2日(月)18時までに、library@academyhills.comへご連絡ください。
キャンセル手続き完了時に、「【イベント名】重要: チケットキャンセルメール」という件名のメールを送信いたします。イベントレジストのマイチケット画面でもキャンセル状況をご確認いただけます。
※上記期限以降の返金は承っておりません。
※キャンセル手続き完了まで、2営業日程度お時間を頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

■円滑な進行のため、いただいた情報をスピーカーの方に提供させていただきます。

■当日はメディアによる取材、カメラ撮影が入る予定です。ご了承ください。

主催
協力
  • アカデミーヒルズ
会場 東京シティビュー「手塚治虫 ブラック・ジャック展」会場内(六本木ヒルズ森タワー52F)
LIVE配信あり

本イベントは、手塚プロダクション公式YouTubeチャンネルにて、ライブ配信(無料)を予定しています。視聴に関しては申込不要です。https://www.youtube.com/@tezukaproductions

※お申込期日:10月4日(水)16:00


石倉洋子のグローバル・ゼミ
六本木アートカレッジ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB