academyhills
ピープル

長谷川愛(はせがわ・あい)

アーティスト/デザイナー

プロフィール

長谷川愛

アーティスト、デザイナー。バイオアートやスペキュラティブ・デザイン、デザイン・フィクション等の手法によって、テクノロジーと人がかかわる問題にコンセプトを置いた作品が多い。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(通称 IAMAS)にてメディアアートとアニメーションを勉強した後ロンドンへ。数年間Haque Design+ Researchで公共スペースでのインタラクティブアート等の研究開発に関わる。2012年英国Royal College of Art, Design Interactions にてMA修士取得。2014年から2016年秋までMIT Media Lab,Design Fiction Groupにて研究員、2016年MS修士取得。2017年4月から東京大学 特任研究員。(Im)possible Baby, Case 01: Asako & Morigaが第19回文化庁メディア芸術祭アート部門にて優秀賞受賞。森美術館、アルスエレクトロニカ等、国内外で展示を行う。
https://aihasegawa.info/


関連講座

2022年11月

科学はデジタルにのまれるのか
~研究DXの現場から科学における人間の役割を問い直す
講座開催日:2022年11月29日 (火)

人間の科学者が気づかない仮説や新法則をAIが発見するのではないかという研究DXへの期待が高まっています。最前線の現場から見えてくるのは、人間の「理解」や「直感」によって駆動されてきた科学のあり方そのものの変容です。 デジタル技術による科学的発見の加速は科学における人間の役割をどう変えるのでしょうか?【オンライン開催】


指定なし 一般

2021年03月

第6回 多様な性から見直す近代社会システム:フェムテックからSFファンタジーまで

科学技術振興機構HITE領域コラボ「混沌(カオス)を生きる」

第6回 多様な性から見直す近代社会システム:フェムテックからSFファンタジーまで
講座開催日:2021年03月31日 (水)

フェムテック(FemTech:女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決できる商品やサービス)のベンチャー起業家も議論に参加し、真に「多様性を包摂する社会」について考えます。


指定なし 一般

2020年03月

みんなで語ろうフライデーナイトvol.40

長谷川愛さんと『「惚れ薬」倫理委員会があったら』を考える

講座開催日:2020年03月13日 (金)

みんなで語ろうフライデーナイトvol.40は、アーティスト/デザイナーの長谷川愛さんと『「惚れ薬」倫理委員会があったら』について考えます。


指定なし 一般
会員制ライブラリー