記事・レポート

雑誌出版を凌駕するブログ・メディアのパワー

~メディアジーンに聞く、日米ブログ・メディア最新事情~

BIZセミナーオンラインビジネス
更新日 : 2009年03月10日 (火)

第4章 アメリカで、メインストリームとして認識されるブログ・メディア

今田素子氏

今田素子: アメリカのブログ・メディア事情について、メディアジーンが提携している『Gawker Media』(ゴーカー・ メディア)の事例をご紹介したいと思います。

『Gawker Media』は2002年に設立し、現在12のブログ・メディアを運営しています。アメリカで最初に立ち上がったブログ・メディア・パブリッシャーで、ブログ・メディアをメインフレームのメディアとして確立した会社です。

それ以前はブログ・メディアというと「メディアではない」という見方をされていたのです。メインストリームとして認識されたのは、パワーを持ったブログ・メディアをいくつも抱えた『Gawker Media』が初めてと言われています。いわゆるトラディショナルな出版モデルとブログツールを組み合わせて、新しい形の出版形態を生み出した企業といえます。

『Gawker Media』は、Gawker Geeksといわれる『Gizmodo』『Lifehacker』『Kotaku』を含むテクノロジーと消費財にフォーカスした3つのブログと、Gawker Chicといわれるライフスタイルとエンターテインメントにフォーカスした6つのサイトを運営しています。

アメリカの『Gizmodo』と『Lifehacker』の内容は、日本のものとほとんど変わりません。ちなみに『WIRED』の記事には、スティーブ・ジョブスは毎日『Gizmodo』を見ていると書かれています。

『ライフハッカー[日本版]』は、いわゆる生活を楽にするライフハック術を取り上げているのですが、アメリカ版の『Lifehacker』はどちらかというとプログラミング寄りで、ソフトウェアをどういうふうに使うと早く仕事ができるとか、仕事術にフォーカスしているサイトです。今年のベストワン・ブログに選ばれました(編注:「2007 Blogger's Choice Award」のBest Geek Blog)。


該当講座

雑誌出版を凌駕するブログ・メディアのパワー
~メディアジーンに聞く『日米ブログ・メディア最新事情』~
今田素子 (株式会社メディアジーン 代表取締役社長)
神原弥奈子 (株式会社ニューズ・ツー・ユー 代表取締役)

個人の運営する日記ブログから企業内のキーマンが発信する企業ブログまで、国内のブログ・コミュニケーションは多様化し、ページ総量も飛躍的に伸びています。一方、ブログ先進国であるアメリカでは、ブログがマスメディアとは違う特性をもった「ブログ・メディア」として広く認知され、既存の雑誌出版を上回るほどのオーデ....


BIZセミナー オンラインビジネス 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter