オピニオン・記事

日本元気塾セミナー
小さな一歩が世界を変える!

「医療」「教育」で世界を変えるニッポン人

更新日 : 2016年06月29日 (水)

第6章 ミャンマーの子ども達に教育を届ける


 
活動の主役は普通の大学生

三輪開人: e–Educationのプロジェクトを動かしているのは、大学生です。皆さんの隣にいるようなごく普通の学生達が、今日も世界中で活躍しています。

例えば、ミャンマープロジェクトを担当した小沼武彦。いじめによって学校がきらいになり、高校では学年ビリの成績もとっていた彼は、その後進んだ大学で生涯の恩師と出会います。「この世界には、正解が1つでないことがたくさんある。色々な角度から世界を見てみよう」。そう言われた彼は初めて勉強の面白さを知り、アメリカの大学に留学します。東日本大震災の際は、留学先で支援活動プロジェクトも行っていました。

しかし、3年になり就職活動が始まると、大きな壁にぶつかります。教育の魅力を知り、困っている人の力になりたいとも考えていた彼は、自分のやりたいことが見つけられなかったのです。その時に偶然出会ったのがe-Educationのメンバー募集でした。休学して参加した彼は、1人でゼロからプロジェクトを立ち上げられる場所を希望し、未開拓だったミャンマーを選びます。

事前にインターネットで調べたものの、民主化への途上にあったミャンマーに関する情報はほとんど得られない。そこで2013年3月、彼は単身ミャンマーに乗り込み、現地のお寺に泊まり込みながら大学や高校、農村にある寺子屋などを回り、現地の情報や教育ニーズを集めていきました。その結果、様々な場面において英語が重要視されていることがわかり、これをプロジェクトの中心に据えることにしました。

ミャンマーにも英語の先生はいましたが、大半はきちんと教えてくれません。先生の給料はとても安く、それだけでは暮らせないため、学校が終わった後にプライベートの塾を開き、副収入を得ています。結果、貧しい子どもはより良い教育が受けられなくなっていました。

その一方で、「こうした状況を変えたい」と考える先生もたくさんいました。バングラデシュと同様、ミャンマーも大学に入るために予備校に通う習慣があります。そこで、予備校を中心に色々な先生を探し回る中で、高校生の英語教育カリキュラムを作成している先生など、一流講師から無償で協力を仰ぐことができ、途中からは化学や物理の先生も加わり、DVD授業の映像制作が進みました。

完成したDVDを、首都ヤンゴンから数百km離れた電気も通らない村に届けたことがありました。竹や木で作られた家が並び、教育施設は小さな寺子屋だけ。村で暮らす高校生は、ボートで1時間かかる場所にある学校に通っていました。1人に1台パソコンを提供できないため、最初はプロジェクターを使いました。映像が流れる前、大声で騒いでいた学生達は、映像が流れると同時に一斉に静まりかえり、画面を見つめていました。

ミャンマーには「セーダン試験」というものがあります。これは高校卒業資格と、日本のセンター試験のような大学試験がセットになったもので、成績優秀者は大学に進学できます。しかし、合格率はミャンマー全体で平均3割。しかも、地方の学生に限れば、合格率は10%まで下がります。そうした状況の中、小沼武彦が奮闘した最初の1年目は数人の合格者を出すことができました。


該当講座


小さな一歩が世界を変える! 
~「医療」×「教育」で世界に挑戦する日本人イノベーター~
小さな一歩が世界を変える! ~「医療」×「教育」で世界に挑戦する日本人イノベーター~

吉岡秀人(小児外科医・ジャパンハート)×三輪開人(e-eduication)米倉誠一郎(日本元気塾塾長)
社会的変革で途上国を変えようとする日本人イノベーターがテーマ。吉岡氏と三輪氏はミャンマーで出会い「医療」×「教育」で新しいイノベーションを引き起こそうとしています。“入院中の子供たちに映像による教育を提供する”ことにより子供たちに将来、未来、夢をもたらすことです。今までの各々の活動、そして新しい出会いがもたらした新たな取組みの可能性、社会的インパクトについて多面的に考えます。


関連リンク



アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事