記事・レポート

世界一の企画会社を目指すカルチュア・コンビニエンス・クラブ

その足跡と今後の成長戦略を増田社長が語る

BIZセミナー経営戦略キャリア・人
更新日 : 2012年11月01日 (木)

第3章 「レンタル最大手」からの脱却

増田宗昭(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 代表取締役社長兼CEO)

増田宗昭: 僕はTSUTAYAを3,000店つくろうと思ってはじめたわけではなく、「TSUTAYAを3,000店つくってくれるパートナーにノウハウを売ろう」と当初から思っていました。フランチャイズ・パッケージにして企画を売るわけですから、「ライフスタイルがどうこう、自己実現がどうこう」なんていう難しい営業はできません。そこで、わかりやすい顧客価値として「マルチ・パッケージ・ストア」という提案をしました。

当時、本は本屋さん、CDとDVDはレコード屋さん、ゲームはゲーム屋さんというように、生産者の都合で流通がバラバラになっていました。これはお客さまから見たら不便です。そこで僕らは、本もCDもDVDもゲームも買えるし借りられる、マルチ・パッケージ・ストアというお店の形態を提案したのです。

TSUTAYAを1983年に始めたときは、本屋さんもレコードレンタル屋さんもいっぱいありました。でも、今、生き残っているのはマルチ・パッケージ・ストアです。これは僕が決めたわけではなく、お客さまが選んだ結果です。

去年(2011年)TSUTAYAが貸し出したDVDの枚数は7億4,000万枚に達しました。今年は8億枚を超えると思います。日本の映画産業の観客動員数が、年間約1億6,000万人前後で推移しているのに対して、カルチュア・コンビニエンス・クラブは、100万円の元手で、創業からわずか30年で8億枚の映画の流通をつくったのです。企画会社として家で映画を手軽に楽しめる「カルチュア・インフラ」をつくったというわけです。

こうなると、マスコミには「レンタル最大手」と書かれます。でも、そうじゃないんです。我々はライフスタイルを提案するお店なんです。これを全面的に打ち出すために、1999年に渋谷にSHIBUYA TSUTAYAを、2003年には六本木ヒルズにTSUTAYA TOKYO ROPPONGIをオープンしました。これで、ほぼイメージ通りの「ライフスタイルを選ぶ場」をつくることができました。

どちらもスターバックスが入っていますが、これは私どもの直営店舗です。本だけの利益では、こんな都心の一等地にお店を構えることはできません。Book&Cafeというライフスタイルを提案する店舗にすることで、両方合わせて利益が出るようにしたのです。これはお客さまからすると、コーヒーを飲みながら本をタダで読めるということですから、お客さまも喜びます。経営者もお客さまもうれしい、こういう企画をするのがカルチュア・コンビニエンス・クラブです。

一方、地方では、ネット時代に対抗するために、何でもある本屋さんをやろうということで、売場面積が2,000坪を超える超大型店を展開しています。厳しいと言われている書店業界の中で、TSUTAYAは右肩上がりで売上げを伸ばしています。

Clip to Evernote


該当講座

世界一の企画会社を目指す

~カルチュア・コンビニエンス・クラブの成長戦略~

世界一の企画会社を目指す
増田宗昭 (カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 社長兼CEO)

増田 宗昭(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 代表取締役社長兼CEO)
7月のランチョンセミナーは、TSUTAYA、Tカードを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 代表取締役社長兼CEO増田宗昭氏をお迎えします。


BIZセミナー 経営戦略 キャリア・人 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter