セミナー・イベント

都市・建築セミナー
Urban Landscape~関係性から生まれる都市の風景~

日時

2007年07月26日 (木)  19:00~21:00
終了しています

内容

「建築やランドスケープ、また都市計画の、それぞれに興味があるのではなく、その相互関係性を維持しているものに興味があるのです。」

と語るドミニク・ペロー氏は、都市と建築との関係性について、独特の世界観を持ち、それを建築や都市計画に反映させた作品を、次々に発表しています。古くは18世紀の修道院と都市との関係性、19世紀の市庁舎と都市との関係性を研究した論文にその出発点を見ることが出来ます。

彼を36歳の若さで一躍世界的建築家に成らしめたフランス国立図書館は、この二つの研究成果の交差点であると語っています。つまり、18世紀の修道院のような寡黙な地下の中庭を中心に建築は構成されており、同時に、19世紀の市庁舎前の大広場のような、ウッドデッキの広大なパブリックなスペースを都市に提供しています。

また、ミッテラン政権下の最後のグランプロジェでもあるフランス国立図書館は、パリの操車場跡地の再開発の中心としても機能し、ベルリンのベロドローム(自転車競技場)は旧東ドイツ領域の再開発としての役割も担っていました。建築やランドスケープ、また都市計画の相互関係の何を変化(トランスフォーメーション)させて、何を変えなかったのでしょうか。

本セミナーでは、過去のプロジェクトを通じて考えたことと共に、現在進行中のソウルの梨花女子大キャンパスセンター、マドリッドのテニスセンター、マンサナーレス河岸の公園整備計画、ロンドンのオリンピック自転車競技場案など、最新作を都市への視点からお話いただきます。

※本セミナーには同時通訳がついております。

講師紹介

ゲストスピーカー
Dominique Perrault (ドミニク・ペロー)
建築家/DPA Dominique Perrault Architecture

1953年フランス クレルモン=フェランに生まれる。
78年第6建築大学卒業。
79年エコール・デ・ポンゼショセ卒業。
80年高等社会科学大学院大学修了。
81年パリにドミニク・ペロー建築事務所設立し、最初のプロジェクトを実施。
89年のフランス国立図書館と92年のベルリンオリンピック自転車競技場/競泳場で建築家、都市計画家として国際的に有名になる。
現在、ルクセンブルク欧州裁判所、マドリッドオリンピックテニススタジアム、ドナウ市中心部マスタープラン、ウィーン200mタワー、サンクトペテルスブルグマリインスキー劇場新館、韓国ソウルEWHA女子大学キャンパス、各国で大規模プロジェクトに携わる。

すべて読む 閉じる

モデレーター
塚本由晴 (つかもと・よしはる)
建築家

1965年神奈川県生まれ。1987年東京工業大学工学部建築学科卒業。1987~88年パリ建築大学ベルビル校(U.P.8)。1992年貝島桃代とアトリエ・ワン設立。1994年東京工業大学大学院博士課程修了 Harvard GSD客員教員。UCLA客員准教授を歴任。主な建築作品に《ハウス&アトリエ・ワン》(2006年)、《みやしたこうえん》(2011年)、《BMW Guggenheim Lab》(2011年)、《Rue Ribiere》(2011年)などがある。主な展覧会に「いきいきとした空間の実践」(ギャラリー間、2007年)、「Tokyo Metabolizing」(ヴェニス・ビエンナーレ日本館、2010年)。主な著書に『ペット・アーキテクチャー・ガイドブック』(2001年、ワールド・フォト・プレス)、『メイド・イン・トーキョー』(2001年、鹿島出版会)、『アトリエ・ワン・フロム・ポスト・バブル・シティ』(2006年、INAX出版)、『図解アトリエ・ワン』 (2007年、TOTO出版)、『空間の響き/響きの空間』(2009年、INAX出版)、『Behaviorology』 (2010年、Rizzoli)などがある。現在、東京工業大学大学院准教授。

すべて読む 閉じる

開催実績

Reinier de Graaf (OMA(Office for Metropolitan Architecture)パートナー、AMOディレクター)
塚本由晴 (建築家)
開催日 :  2007/07/31 (火)

募集要項

日時 2007年07月26日 (木)  19:00~21:00
受講料 5,000円
定員 150名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
協賛
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。


石倉洋子のグローバル・ゼミ
六本木アートカレッジ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB