セミナー・イベント

2007年度Roppongi BIZ 兼 第38期アーク都市塾
オープニング記念セミナー パネルディスカッション
「これからの東京~ビジネスと感性が融合する都市像~」

日時

2007年05月16日 (水)  19:00~21:30

※第38期アーク都市塾入塾式が冒頭30分間ございますのでご了承ください。

終了しています

内容

約3000万人が働き、住み、集う東京とは一体どのような都市なのでしょうか。次々と変化する景観と環境、少子高齢化と人々の意識の変化、一方でグローバル化する経済により国際的な都市間競争は益々盛んになり、魅力ある都市環境を創造することは東京にとって重要な課題になりつつあります。

本セミナーでは、建築家の隈研吾氏、竹中平蔵アカデミーヒルズ理事長、米倉誠一郎塾長をパネリストに迎え、東京を世界的な都市へとリードするビジネスや人材、感性とはどのようなものなのか、21世紀の地球環境に東京はどのように貢献していくべきなのかなど複雑化する都市の実像とこれからの都市のあり方についてディスカッションしていただきます。

オピニオン

講師紹介

パネリスト
隈研吾 (くま・けんご)
建築家

1954年生。1979年、東京大学大学院建築学科修了。1990年、隈研吾建築都市設計事務所設立。慶應義塾大学教授を経て、2009年より東京大学教授。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞、2010年「根津美術館」で毎日芸術賞、その他、国内外からの受賞多数。近作に「サントリー美術館」、「浅草文化観光センター」、「アオーレ長岡」、「歌舞伎座」、「ブザンソン芸術文化センター」、「FRACマルセイユ」等。新国立競技場の設計にも携わる。著書に『自然な建築』(岩波新書)、『小さな建築』(岩波新書)、『建築家、走る』(新潮社)、『僕の場所』(大和書房)、『広場』(淡交社)等。

Kengo Kuma was born in 1954. He completed his master’s degree at the University of Tokyo in 1979. He established Kengo Kuma & Associates in 1990. He taught at Keio University as Professor, and in 2009 he was installed as Professor at the Graduate School of Architecture, the University of Tokyo.
Kuma was awarded with Architectural Institute of Japan Annual Award in 1997 for the Noh Stage in the Forest and Mainichi Art Award in 2010 for Nezu Museum. Recent works include Suntory Museum of Art, Asakusa Culture Tourist Information Center, Nagaoka City Hall Aore, Kabukiza, Besançon Art Center and Cité de la Musique and FRAC Marseille. Kengo Kuma & Associates are also working on the New National Stadium Japan along with Taisei Corporation and Azusa Sekkei.
He has also written numerous books and most of the titles have been translated into Chinese and Korean. His major writings, Anti-Object, Natural Architecture, Small Architecture have been published in English from AA Publications, the book department of AA School, UK’s prestigious architecture institution.

すべて読む 閉じる

パネリスト
竹中平蔵 (たけなか・へいぞう)
アカデミーヒルズ理事長/東洋大学教授/慶應義塾大学名誉教授

Biography in English
1951年和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業。経済学博士。
ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣を皮切りに、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣兼務、総務大臣を歴任。2006年よりアカデミーヒルズ理事長。現在、東洋大学教授、慶應義塾大学名誉教授。ほか㈱パソナグループ取締役会長、オリックス㈱社外取締役、SBIホールディングス㈱社外取締役、世界経済フォーラム(ダボス会議)理事などを兼務。
著書は、『経済古典は役に立つ』(光文社)、『竹中式マトリクス勉強法』(幻冬舎)、『構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌』(日本経済新聞社)、『研究開発と設備投資の経済学』(サントリー学芸賞受賞、東洋経済新報社)など多数。

すべて読む 閉じる

パネリスト
米倉誠一郎 (よねくら・せいいちろう)
日本元気塾塾長/法政大学イノベーション・マネジメント研究科教授/
一橋大学イノベーション研究センター名誉教授

アーク都市塾塾長を経て、2009年より日本元気塾塾長。
一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。
1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。2012年〜2014年はプレトリア大学GIBS日本研究センター所長を兼務。
現在、法政大学、一橋大学の他に、Japan-Somaliland Open University 学長をも務める。また、2001年より『一橋ビジネスレビュー』編集委員長を兼任している。
イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究を専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。
著書は、「イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応」(東洋経済新報社)、『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』、『脱カリスマ時代のリーダー論』、『経営革命の構造』など多数

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2007年05月16日 (水)  19:00~21:30

※第38期アーク都市塾入塾式が冒頭30分間ございますのでご了承ください。

受講料 無料
定員 400名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB