六本木アートカレッジ

六本木アートカレッジ
【エンディングトーク】
突き抜けるアート! 

~社会と人をつなぐもの~

日時

2014年11月24日 (月)  17:30~18:30 (開場 17:10)
終了しています

内容

世の中に新しい価値を送り出すウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表、猪子寿之氏。WEB、インスタレーション、ビデオアート、ロボットなどメディアを超えて生みだされる作品は、社会に驚きと感動をもたらしています。サイエンス・テクノロジー・デザイン・アートなどの境界を曖昧に活動する猪子氏の、クリエイティブの源に迫ります。

聴き手は、政治・経済・社会・カルチャーなど多岐にわたり独自の視点を発信しているジャーナリストの津田大介。二人が考えるアートとはなにか、アートと社会の未来はどうなっていくか、お話しいただきます。

講師紹介

スピーカー
猪子寿之 (いのこ・としゆき)
チームラボ代表

1977年 徳島県生まれ。2001年にチームラボを創業。
チームラボは、アートコレクティブ。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

すべて読む 閉じる

モデレーター
津田大介 (つだ・だいすけ)
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト

ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ポリタス編集長。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学文学学術院教授。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス+」キャスター。J-WAVE「JAM THE WORLD」ニュース・スーパーバイザー。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。
メディアとジャーナリズム、著作権、コンテンツビジネス、表現の自由などを専門分野として執筆活動を行う。近年は地域課題の解決や社会起業、テクノロジーが社会をどのように変えるかをテーマに取材を続ける。
主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)、『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。

すべて読む 閉じる


六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
日本元気塾
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB