アカデミーヒルズスクール
イベント

「企業法と法的経営戦略」講座
緊急セミナー
エレベーター事故の問題を通して考える独占禁止法

改正独禁法による制裁強化で注目が集まる独占禁止法、今話題になっているエレベーター事故の背後にも「競争の促進」を目的とする独禁法の問題があります。エレベーター事故という身近な問題を通して、独占禁止法と企業戦略の関係を考えます。

日時

2006年08月03日 (木)  19:00~21:30
終了しています

内容

シンドラー社製によるエレベーター事故に関しても、保守点検に重大な問題があったことが指摘されているが、その背景には、メーカー系の保守業者と独立系の保守業者間の競争の問題がある。「安全」を売り物にするメーカー系業者と「低価格」を売り物にする独立系業者との間で、しばしば独禁法に関する問題が発生している。 「安全」と「価格」の関係をどう考えるか、その点は、日本の独禁法をめぐる問題すべてに共通する基本的な問題である。この点は、独禁法が求める競争と企業戦略の関係を考えるためには、避けては通れない問題である。

講義項目
・独占禁止法とは何か
・価格競争と非価格競争
・独占禁止法違反行為はなぜ悪いのか。
・不当な取引制限(カルテル・談合)と「不公正な取引方法」
・エレベーター事故の背景にあるもの
・エレベーターの保守業務をめぐる独禁法上の問題
・「価格」と「安全」
・独禁法の基本的視点と企業戦略

講師紹介

講師
郷原信郎 (ごうはら・のぶお)
桐蔭横浜大学法科大学院教授・名城大学コンプライアンス研究センター長

1955年 島根県松江市生まれ
1977年 東京大学理学部卒業
1983年 検事任官
公正取引委員会事務局審査部付検事、東京地検検事、広島地検特別刑事部長、法務省法務総合研究所研究官、長崎地検次席検事、東京地検検事(八王子支部副部長)などを経て2003年から桐蔭横浜大学大学院特任教授を兼任
2003年 法務省法務総合研究所総括研究官兼教官
2005年 桐蔭横浜大学法科大学院教授(派遣検事)、コンプライアンス研究センターセンター長
2006年 検事を退官し、教授・センター長職の専任となる

【著書】
「入札関連犯罪の理論と実務」(東京法令出版、2006年)
「企業法とコンプライアンス」(東洋経済、2006年、編著)
「コンプライアンス革命」(文芸社、2005年)
「独占禁止法の日本的構造-制裁・措置の座標軸的分析-」(清文社、2004年)

すべて読む 閉じる

開催実績

郷原信郎 (桐蔭横浜大学法科大学院教授・名城大学コンプライアンス研究センター長)
開催日 :  2006/06/22 (木)

募集要項

日時 2006年08月03日 (木)  19:00~21:30
受講料(税込) 5,000円
定員 150名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合があります、受講生には直接ご案内いたします。


Friday Night
66 BOOK CLUB
六本木アートカレッジ
石倉洋子のインタビュー