記事・レポート

宮本亜門: 違うから面白い、違わないから素晴らしい

更新日 : 2009年03月30日 (月)

第8章 プロデューサーの熱い想いがブロードウェイを支えている

宮本亜門さん

宮本亜門: ブロードウェイに入った段階のことをお話しすると、オン・ブロードウェイの作品は宣伝費込みで大体10億円かかります。最近、大作では20億円を超えてきました、どんどん巨大化しています。だから皆さんちょっと慎重になって、ツアーで「これはいける」と思ったものでないと投資しないのです。

こういう話をすると、「こんなにリスクが大きくお金のかかるものは、みんなやらないでしょう」と思われるかもしれませんが、ところが、すごい数の作品が待っています。劇場の数以上、それの何倍もの数の作品が常にブロードウェイを狙って、今か今かと待ち受けてている、競争社会なのです。

では、なぜそんなリスキーなことをやるのか。僕はあるブロードウェイの人たちと話しました。みなさん仕事で成功された方ばかりなのですが、ある方はこんなことを言っていました。「人生で賭けてみたい。賭け事ではなくて、自分が好きだと思うことに1回でも賭けてみたい。それが成功したとき本当に自分のこととして喜べる」。

いろいろな考え方があると思います。「お金」という方もいらっしゃるかもしれません。でも、「せっかく1回しかない人生だったら、こういう楽しみがあってもいいじゃないですか」みたいに熱く語る方が多いのも事実です。もしかしたらそういう想いや熱意が、今のブロードウェイを支えているのではないかという気がするのです。自分が心から感動するものを共に創る。それはどんな大人にとっても大きな夢になるはずです。

さあ、ブロードウェイで上演しました——ここから大変なのが、新聞の批評です。特にニューヨークタイムズの批評は厳しいので有名ですが、かといって、批評が悪いからすぐ閉じるという時代でもなくなってきています。

まず1カ月ぐらいプレビュー公演というのをします。その間は舞台を変えてもいいわけです。本番とほとんど同じ値段なのですが、「プレビュー公演を観たい、つくり続けている状態の方がかえって面白い」というお客さんもいらっしゃいます。

そして、いよいよ初日。その日は大パーティです。関係者が全員タキシードで集まり、大盛り上がり。すごいのが深夜、午前0時、ニューヨークタイムズの新聞がみんなに配られるわけです。ワーッとお酒で盛り上がっていたのが突然、批評によって嘆きや怒りに変わることさえあるのです。僕なんか、そのニューヨークタイムズの批評が0時に来るということがわかっていると、その前にはあまり飲めませんでした。

私の場合は3カ月という期間があったので、それほどシビアに思わないし、そんなに悪い批評も出なかったのでよかったのですが、叩かれるときは、「今すぐ止めなさい」という批評が平気で出ます。

けれど、あるプロデューサーは「そんなことは関係ない」と、そのあとニューヨークタイムズの一面を買い取って、「批評家はこう言った。しかし観客はこう言っている」と出しました。結局それは3年もロングランした作品となり、ブロードウェイの名作と呼ばれるようになりました。

ぜひ皆さんもブロードウェイにも行ってください。そこにはいろいろなドラマがひしめいていますから。

該当講座

違うから面白い、違わないから素晴らしい
宮本亜門 (演出家)

2004年、東洋人初の演出家としてニューヨークのオンブロードウェイにて「太平洋序曲」を上演した宮本亜門氏。演劇・ミュージカル界で最高の栄誉とされるトニー賞4部門にノミネートされ、米国の演劇界でも高い評価を得ました。 その後も次々に国内外で作品を発表し、常に新しい表現を試みるとともに、テレビ番組出演....


BIZセミナー その他 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事