記事・レポート

ブックオフの危機を救った社会貢献プロジェクト

Room to Readとの協業「BOOKS TO THE PEOPLE」

ライブラリーイベント
更新日 : 2011年05月13日 (金)

第4章 物を捨てたくないお客さまのインフラになる!

ライブラリーネットワーキングイベント BOOK PARTY 会場の様子

佐藤弘志: 今、世の中の大きな流れの中で、節約疲れと言われています。2010年の初頭、識者たちは「消費者は節約に疲れている。今年は自分の生活をゼロから組み立ててみようというパワーが出てくる」とおっしゃっていました。「メリハリ」「他人や社会との共有」が今年の消費のキーワードになっていくということでした。

そこで、我々は社内で議論して、「捨てない人のブックオフ。物を捨てたくないと思う人のためのインフラになっていくことが会社の使命だ」と再定義しました。

「本を読み終わったらブックオフに売りに行く」「要らなくなったと思ったらブックオフに売りに行く」というライフスタイルができれば、自分の書棚をコーディネートできます。あるいは「この作家、ちょっと読んでみたいけど、新刊書で1,800円じゃ手が出ないな」と思うようなときに、「ブックオフの値段だったら、まあ失敗してもいいや」というお試しの機会をつくれます。つまり「本を読む」というスタイルの幅を広げられるのです。これは実際、無意識で我々がやってきたことで、我々がお客さまのインフラになっていけているということじゃないだろうかと思いました。

そして今、「BOOKOFF SUPER BAZAAR(ブックオフスーパーバザー)」と呼んでいるのですが、本だけではなく、洋服からスポーツ用品、アクセサリー、時計、ホビー、プラモデル、トレードカードなど、家の中で要らなくなったありとあらゆる物を、本と同じように磨いてきれいにして「新品ですか?」と言われるような品質で棚に出すということを、すべての商品でやろうとしています。ブックオフは、物を捨てたくないというお客さまのインフラになろうとしているのです。

2009年9月に「BOOKOFF SUPER BAZAAR」を名古屋にオープンし、半年経った頃、お客さま100人にインタビューしたところ、100人中34人の方が、「ここを知って、初めて物を売ってみた」と答えてくださいました。これはうれしい情報でした。なぜなら名古屋には有名な老舗の中古屋さんがあるので、「いつもの店じゃなくて、今回は新装開店のブックオフに持ってきてみた」ということだと広がりがないんです。でも、物を初めて売るビギナーの方が3分の1いらっしゃったというのは、すごく勇気のわいてくるデータでした。アンケートだけでなく、直接お客さまに聞いたところ、「もしこういう場所がなかったら、捨てていた」という方が約半数いらっしゃいました。

お客さまの行動や意識に変化が始まっていると我々は感じています。「こういう場所ができて部屋が片づくようになった」とか、「この本は売るかもしれないな、と思ったら線を引かなくなった」という方が結構いらっしゃると思うのです。つまり、物を買った時点、あるいはもらった時点から、売るということを想定して行動をするようになったのではないかと。

「家庭内在庫」をどんどん出していただき、それを我々がプロとして目利きをし、きれいにリフレッシュして売り場に並べていけば、「売る」ことを知らなかった方にとっても、「売る」ことが当たり前になっていくのだろうと考えました。

Clip to Evernote


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事