記事・レポート

鎌田浩毅の『一生モノの勉強法』実践講座

落ちこぼれ学生から、世界トップレベルの研究者へ

更新日 : 2010年03月23日 (火)

第6章 もし人を変えようと思ったら自分が変わるしかない

鎌田浩毅氏

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

鎌田浩毅: コミュニケーションのキーポイントを一つ言います。それは、「相手の関心に関心を持つこと」です。こうして話をしている時にも、私が皆さんの関心に関心を持っていないと、私の話したいことが伝わらないのです。私は火砕流の中の流動機構にとても興味があります。でも「grain dispersive forceで、grainとgrainがぶつかって……」という話をしても、皆さん面白くないですよね。そうではなくて、「火砕流で死なないでください」という話は興味を持って聞いてもらえるわけです。そうやって、皆さんが関心を持つことに合わせないと、火砕流の話ですら伝わらないのです。このことを「相手の関心に関心を持つ」と言います。相手に関心を持つ、のではありません。繰り返しますが、相手の関心に関心を持つのです。そうやって何かアクションをすれば、必ず伝わります。これは、コミュニケーションの大基本です。

実際に私はどうしているかというと、本日お配りした資料の中に白い紙が入っています。これは「魔法の白い紙」と言いまして、相手の関心を吸い上げるものです。大学でも毎回使っているのですが、質問、感想、意見など何でも書いていただければと思います。講演が終わった後に回収し、それに対して私は何でも答えます。

大学で学生たちは、黒板の字が汚いとか早口だとか、それこそ数式を使うな、など本当にいろいろなことを言ってきます。それが大事で、数式を使うなと言われたら、使わなくても分かるように、つまり代替案を出して授業をするようにしています。この白い紙だけでコミュニケーションが十分に取れ、有益な内容だったという感想をもらうことができるのですね。

なぜ、そういったことを発見したかというと、心理学を学んだからです。私は20世紀からの心理学を勉強しました。フロイト、アドラー、ユング、ロジャーズという4人の巨頭がいるのですが、中でもアドラーの心理学が役に立つと思い勉強してきました。アドラーは何を言ったかというと、一番大事なのは相手の関心に関心を持つということ。その次に、人は変わらないということ。変われるのは自分だけなのです。

例えば嫌な上司がいたとします。何かいいことを言っても認めてくれないし、それどころかガミガミと怒られる。そういうときに「上司が変われば、私はもっといい仕事をするのに」と普通は思います。しかし、変われるのは自分だけで、自分が変わったら上司も変わるかもしれない。これは夫婦でも同じです。「奥さんさえ変われば、自分は変わるのに」と思っている旦那さんはすごく多いです。しかしそれは成り立たないですね。

なぜ成り立たないかというと、アドラーが20世紀初めに言ったことですが、人というのは絶対変わらない。自分が変わったときに、人は変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。だけれども、もし人を変えようと思ったら自分が変わるしかないということです。これは心理学の一番の基本。それを大学の授業や、いろいろな人との付き合い、このような講演会でお話しするわけです。そういうことが分かるとこれは一生使える技術だと思うはずです。ぜひ身に付けていただきたいと思います。

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10021006LifeStudy.html


関連書籍

一生モノの勉強法

鎌田浩毅
東洋経済新報社


該当講座

京都大学 鎌田浩毅教授の『一生モノの勉強法』実践講座
鎌田浩毅 (京都大学大学院 人間・環境学研究科教授)

鎌田 浩毅(京都大学教授)
京都大学の人気教授が数多くの試行錯誤の経験から生み出した、「大人のための実践的勉学のテクニック」を解説します。一生役立つ勉強法を学び、自分を成長させたい方のご参加をお待ちしております。


BIZセミナー ビジネススキル 教養 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事