六本木ヒルズライブラリー

ビジネススキルアップアカデミー
特別編 トップ経営者に学ぶ 「情報人」とは 
~ローソン新浪社長が語る、新しいコミュニケーションの形~ 

ライブラリーイベント

日時

2011年09月30日 (金)  19:00~21:00

終了しています

内容

【概要】
今の時代、これからの時代をサバイブできる「情報人」になることを目指す、Webビジネス講座、レッツノート15周年記念イベント「ビジネス スキルアップ アカデミー」を開講しています。
ソーシャルパワーがビジネス、企業をも変革する時代。企業にとって、顧客とのコミュニケーションは時代を生き抜く大切な鍵といえます。特別編では、ソーシャルメディアを活用し、積極的に顧客との交流を深めているローソンの新浪社長をお招きし、これからの時代に必要なコミュニケーションの形について考えます。さらに今回は、一橋大学イノベーション研究センター センター長の米倉誠一郎氏をモデレーターにお迎えし、津田大介はオーディエンスとして参加して、活発な議論を展開します。

こちらの公開収録に抽選にて、六本木ライブラリーメンバー40名様をご招待します。
応募方法はマイページをご確認ください。

※応募締切りは9月20日(火)24時までとなります。
※当日は、USTREAM配信を予定しております。

講師紹介

【新浪剛史氏プロフィール】
1959年1月30日 神奈川県横浜市生まれ
1979年~1980年 スタンフォード大学 交換留学生
1981年3月 慶応義塾大学経済学部卒業
1991年5月 ハーバード大学経営大学院修了(MBA取得)
1981年4月 三菱商事株式会社入社 砂糖部海外チーム(現原糖ユニット)配属
1995年6月 株式会社ソデックスコーポレーション <現株式会社レオックジャパン(給食事業大手/JASDAQ上場)>同社代表取締役
1999年7月 三菱商事株式会社 生活産業流通企画部外食事業チームリーダー
2000年4月 同社ローソンプロジェクト統括室長兼外食事業室長
2001年4月 同社コンシューマー事業本部 ローソン事業ユニットマネジャー兼外食事業ユニットマネジャー
2002年5月 株式会社ローソン代表取締役社長執行役員
2005年3月 同社代表取締役社長 CEO

【現在の公職】
社団法人 経済同友会 副代表幹事(2010年~)農業改革委員会 委員長(2011年~)
内閣府主催 地域社会雇用創造事業(社会的企業基金事業)選定・評価・審査委員会 座長(2010年~)
農林水産省主催 食料・農業・農村政策審議会 委員(2010年~)
内閣府主催 規制・制度改革分科会 委員(2010年~)
内閣府主催 新しい公共推進会議 委員(2010年~)
社団法人日本フランチャイズ・チェーン協会 常任理事(2011年~)

【米倉誠一郎氏プロフィール】
1953年東京生まれ。アーク都市塾塾長を経て、2009年より日本元気塾塾長。一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授、2008年より同センター長。
季刊誌『一橋ビジネスレビュー』編集委員長も務める。
専門は、イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究。
著書に『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』、『脱カリスマ時代のリーダー論』、『経営革命の構造』等多数。


【津田大介氏プロフィール】
1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。武蔵大学社会学部メディア社会学科非常勤講師。IT・ネットサービスやネットカルチャー、著作権問題、コンテンツビジネス論を専門分野に執筆活動を行う。2003年よりジャーナリスト活動を開始。2006年より文部科学省文化審議会著作権分科会下の小委員会で専門委員を務め、著作権やコンテンツビジネスの動向について積極的に発言。ネットニュースメディア「ナタリー」の設立・運営にも携わる。2007年、出演するTBSラジオ『文化系トークラジオLife』が放送批評懇談会第45回ギャラクシー賞ラジオ部門大賞を受賞。一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事(2009~)。
特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム副理事長(2010~)。
主な著書に『だれが「音楽」を殺すのか?』(翔泳社)、『CONTENT'S FUTURE』(翔泳社)、『Twitter社会論』(洋泉社)、『未来型サバイバル音楽論』(中央公論新社)など。


開催実績

開催日 :  2011/11/10 (木)

開催日 :  2011/08/03 (水)


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報