オピニオン・記事

「池上彰が紐解く、アラブの今と未来」in 六本木アートカレッジ

~アラブ美術のツボがわかるニュース解説~

政治・経済・国際文化教養
更新日 : 2012年09月25日 (火)

第7章 本当にFacebookがジャスミン革命を引き起こしたのか?

池上彰(ジャーナリスト/中東調査会会員/東京工業大学教授)

池上彰: 2010年の暮れにチュニジアで起きた民主化運動は、独裁政権が多かったアラブ諸国に次々に広がっていきました。これが「ジャスミン革命」と呼ばれるのは、チュニジアの国花がジャスミンで、この国から改革が始まったからです。

事の始まりは、チュニジアで失業中だったある若者の焼身自殺でした。彼が野菜や果物を街頭で売ろうとしたら、警察官に「勝手に屋台を出すな」と言われ、没収されてしまいます。警察は賄賂が欲しかったのですが、一本気な青年は賄賂を払わず、役所に抗議に行きます。しかし全く相手にされなかったため、抗議の焼身自殺をするのです。

焼身自殺は、イスラム教徒にとっては衝撃的なことです。なぜならイスラム教においては、世界の終わりに人々はよみがえり、神様の審判を受けて、天国に行くか地獄に行くかが決まると考えられているからです。焼身自殺をしたら体がなくなるので、よみがえることができず、神さまの審判を受けることができません。あまりにも衝撃的な抗議行動だったため、瞬く間に広がっていったのです。

「TwitterやFacebookが革命を引き起こした」と言われていますが、これは必ずしも正確ではありません。チュニジアもリビアもエジプトも、識字率は決して高くありませんし、そういう人はパソコンを持っていません。ですからそもそもTwitterやFacebookなんてできない人が圧倒的多数です。

ただし、若者たちはこれを使うことで、抗議運動への参加を呼びかけられるようになりました。例えばエジプトでは「金曜日の礼拝のあとに、タハリール広場に集まろう」と。それでも最初はほんの一握りしか集まりませんでした。独裁政権下では言論統制が厳しいため、政権寄りの報道しかないので広がりを持たなかったのです。

ところが、アルジャジーラというテレビ局がこれを報道します。アルジャジーラはカタールの首長(王様)がポケットマネーでつくった放送局です。もともとはBBCがアラビア語のニュースチャンネルの開設を準備していたのですが、このプロジェクトが途中で頓挫したために、BBC流の言論の自由を貫く訓練を受けたジャーナリストたちが行き場を失い、アルジャジーラの記者になったのです。

アルジャジーラは衛星放送ですので、アラブ圏一帯に伝わります。読み書きができない人もアラビア語はわかるし、テレビは見られるので、アルジャジーラの報道で「毎週金曜日の礼拝のあとに、タハリール広場に反政府運動の人たちが集まっている」と知った人たちが、どんどん集まるようになり、ついには政府を転覆するに至ったのです。

TwitterやFacebookが改革の引き金になったことは確かですが、あれだけ多数の人々のうねりになったのは、言論・報道の自由を貫くアルジャジーラというアラビア語放送があったからなのです。

Clip to Evernote


該当講座

池上彰が紐解く、アラブの今と未来
池上彰 (ジャーナリスト/中東調査会会員/東京工業大学教授)

長期独裁政権下に置かれたアラブ諸国の民衆が、民主化を求め立ち上がった「アラブの春」。チュニジアから端を発した民主化運動は、隣国のエジプト、リビアに飛び火し、各国で続いた長期独裁政権を崩壊させる結果となりました。 アラブで起こった一連の民主化運動は、FacebookやTwitterなどのSNSが民衆....


政治・経済・国際 文化 教養 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事