セミナー・イベント

リスキリング ~新たなキャリアを切り拓き、日本の課題を解決する~

ライブラリーメンバー一般

日時

2022年10月19日 (水)  19:00~20:30

ハイブリッド開催(リアル+オンライン)


内容


最近、「リスキリング」という言葉を多く目にするようになりました。
しかし、「リスキリング」とは何か? そしていま日本で何が問題なのか? ということを実際に理解している人はあまり多くないのではないでしょうか。

メディアではよく「学び直し」とカッコ書きで説明されることから、「リスキリング=個人の学び直し=リカレント教育」と誤解されることも多いようですが、実はリスキリングは「個人の学び直し」だけにとどまらないコンセプトです。
日本では「リスキリング」について正しく理解されていないため、今後のキャリアに漠然とした不安を抱えた個人が「自分で何かを学び直さないといけない!でも、どうしたらいいのか分からない」と右往左往している状況だと言われます。

そんな現状を変えるべく、「リスキリング」の伝道師として正しい情報を伝え、日本全体が直面する雇用問題を解決したいと活動していらっしゃるのが、ジャパン・リスキリング・イニシアチブ代表理事の後藤宗明さんです。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)や脱炭素の動きによって、いま、企業のビジネスモデルそのものが根本から変革を迫られています。デジタル人材や脱炭素に向けた人材の確保は企業の経営課題そのものです。
企業は自社の経営戦略の中で人材のリスキリングを位置づけ、個人も職種にかかわらず、時代の変化を察知し、企業の戦略に合わせて自己の能力やスキルをリスキリングしなければ、今後加速する産業構造の転換に適応できないのです。

このイベントでは、リスキリングの第一人者である後藤さんをお迎えし、「そもそもリスキリングとは何か?」に始まり、世界と日本を取り巻く動きの解説、大企業から中小企業まで日本企業が抱える課題、地方自治体などの社会課題としてのリスキリング、そして個人がご自分のリスキリングに向けていまから始められることまで、幅広くお話いただきます。
後藤さんは『自分のスキルをアップデートし続ける「リスキリング 」』を9月末に出版される予定で、精力的にリスキリングの普及に努めていらっしゃいます。

トークのお相手はジャーナリストの浜田敬子さん。朝日新聞社という旧来メディアからBusiness Insider Japanというオンラインメディアに転職したことから、ジャーナリストとしてDXに向けて浜田さんご自身がリスキリングされた経験をお持ちです。
その経験をもとに、DX化が遅れている日本のメディアのDXに向けた記者のリスキリングに取り組むべく、一般社団法人デジタル・ジャーナリスト育成機構(D-JEDI)を立ち上げ、新たなチャレンジを始めたばかりです。

リスキリングが企業だけでなく、今後の日本全体の課題解決に向けて重要な鍵を握る、と考えるお二人が、個人のエンパワーをミッションに掲げるアカデミーヒルズにおいて、リスキリングのすべてを語り尽くします。


※本イベントは会場での「リアル参加」、または、「オンライン視聴」をお選びいただけます。

◆進行予定:
<前半>
19:00-20:00 後藤さん、浜田さんによるトーク(会場リアル参加+オンライン視聴)
※オンライン視聴は「前半」のみで終了となります。

<後半>
20:00-20:30 質疑応答、参加者とのコミュニケーションタイム(会場リアル参加者のみ)
※前半のトーク終了後、会場リアル参加者は引き続き、後藤さん、浜田さんと交流ができます。
※会場リアル参加申込の方で、当日会場に実際にご参加された方のみ、後日、後藤さんと「1 on 1 」でリスキリングについて無料で個別相談ができます。詳しくは、当日会場にてお知らせします。


講師紹介

スピーカー
後藤宗明 (ごとう・むねあき)
一般社団法人ジャパン・リスキリング・イニシアチブ代表理事
SkyHive Technologies 日本代表

早稲田大学政治経済学部卒業後、1995年に富士銀行(現みずほ 銀行)入行。

営業、マーケティング、教育研修事業を担当。2001年ニューヨークへ移住直後の9月11日、ワールドトレードセンターへの飛行機の衝突と崩壊を肉眼で目撃し、翌日からグラウンドゼロの救済ボランティアに参加。2002年、グローバル人材育成を行うスタートアップをニューヨークにて起業、卒業生約 2,000名を輩出。2008年に帰国し、米国の社会起業家支援NPO アショカの日本法人を2011年に設立後、米国フィンテック企業の日本法人代表、通信ベンチャーの国際部門取締役を経て、アクセンチュアにて人事領域のDXと採用戦略を担当。2019年AIスタートアップのABEJAにて事業開発、AI研修の企画運営、シリコンバレー拠点を設立。2020年、10年かけて自らを「リスキリング」した経験を基に、リクルートワークス研究所にて「リスキリング~デジタル時代の人材戦略~」「リスキリングする組織」を共同執筆。2021年、日本初のリスキリングに特化した非営利団体、一般社団法人ジャパン・リスキリング・イニシアチブを設立。2022年、AIを利用してスキル可視化を可能にするリスキリングプラットフォーム、SkyHive Technologiesの日本代表に就任。

石川県加賀市「デジタルカレッジKAGA」理事、広島県「リスキリング推進検討協議会/分科会」委員、経済産業省「スキル標準化調査委員会」委員、リクルートワークス研究所 客員研究員を歴任。政府、自治体向けの政策提言および企業向けのリスキリング導入支援を行う。書籍「自分のスキルをアップデートし続ける『リスキリング』」を2022年9月末に上梓予定。

すべて読む 閉じる

スピーカー
浜田敬子 (はまだ・けいこ)
ジャーナリスト / 前 Business Insider Japan 統括編集長

1989年に朝日新聞社に入社。前橋支局、仙台支局、週刊朝日編集部を経て、99年からAERA編集部。記者として女性の生き方や働く職場の問題、また国際ニュースなどを中心に取材。米同時多発テロやイラク戦争などは現地にて取材をする。2004年からはAERA副編集長。その後、編集長代理を経て編集長に就任。編集長時代は、オンラインメディアとのコラボや、外部のプロデューサーによる「特別編集長号」など新機軸に次々挑戦した。

2016年5月より朝日新聞社総合プロデュース室プロデューサーとして、「働く×子育てのこれからを考える」プロジェクト「WORKO!」や「働き方を考える」シンポジウムなどをプロデュースする。2017年3月末で朝日新聞社退社。2017年4月より世界17カ国に展開するオンライン経済メディアの日本版統括編集長に就任。2020年12月末で退任後、フリーランスのジャーナリストとして活動。2022年8月、一般社団法人デジタル・ジャーナリスト育成機構を設立。

「羽鳥慎一モーニングショー」や「サンデーモーニング」などのコメンテーターや、ダイバーシティーや働き方改革についての講演なども行う。著書に『働く女子と罪悪感』(集英社)。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2022年10月19日 (水)  19:00~20:30

ハイブリッド開催(リアル+オンライン)

受講料 一般 3,300円(税込/リアル・定員15名) 1,100円(税込/オンライン)

※アカデミーヒルズライブラリーメンバー:無料(リアル・定員15名/オンライン)
プロモーションコードを入れてお申込ください。

◆プロモーションコード確認方法
以下にて、「プロモーションコード」をご確認いただきお申込ください。
・会員制ライブラリー「マイページ」ログイン→「セミナー・イベント」
・ヒルズアプリ「ahマーク」→「メンバーズ・スクエア」→「セミナー・イベント」
※イベント開催時にライブラリーメンバーの方が対象です。


受講対象者 一般、ライブラリーメンバー

定員 リアル(一般15名・メンバー15名)/オンライン(300名)

注意事項

◆視聴URLのご案内
・視聴URLは、お申込完了時にイベントレジストから送付される「申込確認メール」内に記載がございます。
・本イベントはZoomウェビナーを使用いたします。
・PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
・下記に接続し、事前に視聴環境の確認をお勧めしております。
 これまでZoomにアクセスしたことのない方は、事前に以下Zoomの接続サイトをご活用ください。
 zoom.us/test

・円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます
・お申込後のキャンセル及び返金は承っておりません

会場 アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期日:10月19日(水)
17時まで(リアル)/ 19時まで(オンライン)


石倉洋子のグローバル・ゼミ
六本木アートカレッジ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB