オピニオン・記事

ライフスタイルサロン ~遊びをせんとや生まれけむ『ぼくの複線人生』~

更新日 : 2008年02月21日 (木)

第1章 「複数人生」は、挫折しない生き方。1点集中より、多面的で強い

 竹中平蔵_福原義春

福原義春: 今日のライフスタイルサロンのタイトルは、「遊びをせんとや生まれけむ」ですが、これは仕事はいい加減にして、あとは遊んで暮らすという意味ではなくて、物事を突き詰めていくと、仕事も人生の遊びになってしまうし、遊びも仕事みたいになってしまうし、その境はなくなるだろうという意味を込めて付けました。

これは『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』という平安末期に後白河法皇が編まれた歌謡集の中からとった都の中の戯れ歌の文句です。有名な歌ですが、多分、後白河法皇が「こういう生き方があるんじゃないか」ということに感銘して入れたのだと思います。タイトルで誤解をされないように、申し上げておきたいと思います。

『複線人生』という本は、去年(2007年)東京新聞の「この道」という欄に120回にわたって掲載したものです。本当は100回という約束で始めたもので、書く前は「100回なんて書けるかなあ」と心配していたのですが、半分ぐらい過ぎたあたりから、とても100回では収まらないのでこちらから「なんとか20回増やしてください」とお願いして、120回にしていただきました。

「この道」は、スポーツ選手から俳優さんや文化人まで、いろいろな方が書いていらっしゃるのですが、意外に経済人は少なく、帝国ホテルの犬丸一郎さんや、ワコールの塚本幸一さんといった、若干の方しかお書きになってないコラムだったのです。

それで120回終わったときに、岩波書店から一冊の本として出していただくことになったのですが、「タイトルを何にしよう」と、岩波の中で随分会議をやられたそうです。私は案として「『複線人生』というのはどうですか?」というふうに言っておいたところ、それをご採用いただいたのです。

どうして『複線人生』にしたのかと言いますと、人生は単線だと早く進むのですが、挫折してしまうと、そこで行き止まりになってしまいます。けれど複線になっていると、どこの線を使ってでも、また前進ができるという、そう考えたのです。

実は、鉄道関係者がこの本を読まれて、「複線という表現はおかしい」と指摘をされたことがあります。線路というのは往きがあれば必ず帰りがあるので、「あなたの言う複線というのは、鉄道用語にはならない」と言われました。けれど私の「複線」というのは、電車ではなくたくさんの路線を含む人生のことだとお考えいただきたいと思います。

タイトルが決まると、次に装丁をどうするかという話になりました。私は「文章の中で書き切れないことがいっぱいあったので、ひとつ、それを本の表紙を使って表現するというのはどうですか」というふうに言いましたら、それもご採用いただきました。そうして、本の表紙にいろいろなものが登場することになったのです。


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事