六本木ヒルズライブラリー

朝日新聞GLOBE × アカデミーヒルズライブラリー コラボレーションイベント
Breakthrough「突破する力」第5回
指揮者 大植英次氏

ライブラリーイベント

【ライブラリーメンバー対象】※申込みはマイページよりお願いします。(先着50名様)

日時

2013年06月11日 (火)  19:30~21:00

終了しています

内容

朝日新聞GLOBE × アカデミーヒルズ コラボレーションイベント

朝日新聞日曜版(第1、第3日曜日発行)のGLOBEでおなじみの「突破する力」にご登場された方をゲストにお招きし、紙面だけでは伝えきれなかったこと、そしてリアルな場でインタラクティブに意見を交わすことにより、ゲストの「突破する力」を直接感じられる機会を創ることを目的にしています。

第5回 概要

大植英次氏
Breakthrough「突破する力」第5回は、朝日新聞GLOBE(3月17日発行)の「突破する力」で紹介された指揮者、大植英次さんをゲストにお迎えします。大植さんは、大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督を務め、東洋人として初めてドイツのバイロイト音楽祭で初めて指揮しました。豊かな表情から「踊る指揮者」ともいわれる大植さんの力を生み出しているものは何か。
記者との対話形式で伺います。

※本セミナーに、ライブラリーメンバー50名様をご招待します。
※申込み締め切りは、6月11日(火)13:00となりますが、
  定員になり次第締め切らせていただきます。


プロフィール

大植英次氏(C)飯島隆
【大植英次氏】
大阪フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー名誉指揮者。これまでにミネソタ管音楽監督、ハノーファー北ドイツ放送フィル首席指揮者、バルセロナ響音楽監督、大阪フィル音楽監督を務めた。05年、『トリスタンとイゾルテ』で日本人指揮者として初めてバイロイト音楽祭で指揮。06年大阪芸術賞特別賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。09年ニーダーザクセン州功労勲章・一等功労十字章受章。



【三浦俊章氏】
鹿児島県出身。早稲田大学政治経済学部卒、国際基督教大学大学院修士課程修了。1984年朝日新聞社入社。政治部、アエラ編集部、ワシントン特派員などを経て、論説委員として政治・外交を担当。2009年8月~2010年7月、米ハーバード大学日米関係プログラム研究員。2011年4月~2013年3月、テレビ朝日系列「報道ステーション」コメンテーター。同年4月からGLOBE編集長。著書に『ブッシュのアメリカ』、訳書に『オバマ演説集』など。

【宮崎勇作氏】
1974年福岡県久留米市生まれ。2002年朝日新聞入社。神戸支局、広島総局、大阪社会部などを経て現在GLOBE記者。大阪社会部では、橋下府政・市政を担当。GLOBEでは「日本酒」「ナイル」「恐竜」「アフリカ」などの特集を執筆。


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報