セミナー・イベント

森美術館「インターナショナルとは何か? アート、文化、国家、地域、言語の関係性を考える」

カルチャー&ライフスタイル 知識・文化・アート

日時

2013年11月02日 (土)  17:20-19:30

※当日の受付は16:50を予定しています。

終了しています

内容

政治も経済も現代アートもグローバルに繋がる今日、「インターナショナル」であることは避けられない態度のひとつであるように思えます。インターナショナル、国際化、国際性といった言葉は、国家間の協働や影響関係を考えさせるのと同時に、国家(ナショナル)の存在も意識させます。一方、国際化とは、しばしば近代化、西洋化とも同義に使われてきた感がありますが、そこでは世界共通のプラットホーム、中心と周縁といった議論が絡み合います。グローバル社会におけるアジア・太平洋地域の経済的重要度がますます高まるなか、それぞれの国が西洋との相対化のなかで文化の国際性を考えるだけではなく、アジア圏域内の文化的な相互理解や新しい関係性の構築も求められています。さらには欧米の主要美術館でも、グローバルな美術の発展を理解するためのさまざまなプロジェクトが行われ、そこではアジアも主要な研究対象になっています。

本パネルディスカッション「インターナショナルとは何か?」は、ニューヨークのICI(インディペンデント・キュレーターズ・インターナショナル)と森美術館が共催する若手キュレーター研修プログラム「キュラトリアル・インテンシブ東京」に際して開催されます。アート、文化、国家、地域、言語などの関係性から、21世紀における新しい「インターナショナル」の意味をともに考えます。

【出演者】
林道郎(上智大学国際教養学部教授)
ドリュン・チョン(M+チーフ・キュレーター)
イ・スギョン(テート・リサーチ・センター・アジア・パシフィック部門リサーチ・キュレーター)
片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター)

【タイムスケジュール】 
■第1部 ※英語のみ
10:00-16:00 公開プレゼンテーション
  ※第2部のパネルディスカッション(17:20-)にお申し込みいただいた方は、ICI参加キュレーターによる本プレゼンテーションもご覧いただけます。

■16:00-17:20 休憩

■第2部 パネルディスカッション ※日英同時通訳付
17:20-18:00 基調講演:林道郎
18:00-19:30 パネルディスカッション

講師紹介

スピーカー
林道郎 (はやし・みちお)
上智大学国際教養学部教授

1959年函館生まれ、東京都在住。上智大学教養学部教授。1999年コロンビア大学大学院美術史学科博士号取得。2003年より現職。専門は美術史および美術批評。主な著作に『絵画は二度死ぬ、あるいは死なない』(全7冊、ART TRACEより刊行中)。「零度の絵画—RRの呟き」(ロバート・ライマン—至福の絵画展、2004年)、「光跡に目を澄まして—宮本隆司論」(宮本隆司写真展、2004年)。共編書に『From Postwar to Postmodern: Art in Japan 1945-1989』(New York: The Museum of Modern Art, 2012)などがある。「アジアのキュビスム」展(東京国立近代美術館、2005年)には、キュレーターとして参加。

すべて読む 閉じる

スピーカー
ドリュン・チョン (ドリュン・チョン)
香港M+チーフ・キュレーター

ニューヨーク近代美術館絵画彫刻部門アソシエイトキュレーター、ミネアポリス・ウォーカー・アート・センターのビジュアルアーツ部門キュレーターを経て現職。「Tokyo 1955-1970: A New Avant-Garde」(2012年、MoMA、ニューヨーク)をはじめ、REDCAT(ロサンジェルス)、2006年釜山ビエンナーレ、2001年ヴェネチア・ビエンナーレ韓国パヴィリオンなど数多くの展覧会でキュレーター、コーディネーターとして活躍。また、オークランド・トリエンナーレ、光州ビエンナーレ、ブレゲンツ美術館のカタログなど執筆多数。共著に『From Postwar to Postmodern, Art in Japan, 1945-1989: Primary Documents』(Duke University Press Books、2012年)がある。

すべて読む 閉じる

スピーカー
イ・スキョン (い・すきょん)
テート・リサーチ・センターアジア・パシフィック部門リサーチ・キュレーター

テート美術館(ロンドン)の収蔵作品の国際化を目指すテート・リサーチ・センターアジア・パシフィック部門リサーチ・キュレーター。同館のアジア・パシフィック部門作品収蔵委員会のキュレーター。テート・リヴァプールのキュレーターを経て現職。「Nam June Paik」展(2010年)、「Doug Aitken: 「Source and Thresholds」(2012年)などを企画する傍ら、同館キュラトリアルチームの一員としてテート・リヴァプールの主要な収蔵品展も手掛けた。現在、ソウル・弘益大学校講師、ロンドン・サザビーズ・インスティテュート・オブ・アート・ゲスト講師。「Power of Now: Korean Art」 (2013)への寄稿など、キュレーティング、講義、執筆活動多数。

すべて読む 閉じる

スピーカー
片岡真実 (かたおか・まみ)
森美術館 副館長兼チーフ・キュレーター

ニッセイ基礎研究所都市開発部、東京オペラシティアートギャラリー・チーフキュレーターを経て、2003年より森美術館。2007〜09年はヘイワード・ギャラリー(ロンドン)国際キュレーター兼務。第9回光州ビエンナーレ(韓国、2012)共同芸術監督、第21回シドニー・ビエンナーレ芸術監督(2018)。CIMAM(国際美術館会議)理事、京都造形芸術大学大学院教授。日本及びアジアの現代アートを中心に企画・執筆・講演等多数。

すべて読む 閉じる

講座趣旨

※森美術館とは




森美術館とは文化都心 六本木ヒルズのシンボルとして、森タワーの最上階に位置する美術館。 「現代性」と「国際性」をテーマに、現代アート、ファッション、建築、デザイン、写真、映像など様々なジャンルの斬新な展覧会を開催しています。
展覧会会期中は休館日がなく、また22時まで開館(火曜日を除く)している他、同じチケットで展望台 東京シティビューにも入館できます。

※MAMCメンバーとは
MAMC(マムシー)メンバーとは、森美術館(Mori Art Museum)と、現代(Contemporary)美術を、よりお楽しみいただくためのメンバーシップ。展覧会の無料入館や、メンバーイベントへのご案内など、特典を多数ご用意しています。
MAMCメンバーの詳細は、こちらをご覧ください。


募集要項

日時 2013年11月02日 (土)  17:20-19:30

※当日の受付は16:50を予定しています。

受講料 1,000円

「森美術館MAMCメンバー(個人・法人)」の方は無料。
森美術館ウェブサイトよりお申込ください。
森美術館MAMCメンバー個人:https://mamc.mori.art.museum/webapp/form/12176_ias_131/index.do
森美術館MAMCメンバー法人:https://f.msgs.jp/webapp/form/13445_dxt_451/index.do


定員 150名(要予約)

注意事項

複数名で一緒にご参加いただく場合にも、一括でお申込を頂くことはできません。お一人様ずつWEB上のお申込みフォームよりご登録いただくことにより、お席を確保させて頂いております。
恐れ入りますが、参加されるご本人にお申込いただくか、又は代理でご参加者の情報をご登録下さいますようお願い申し上げます。
尚、その際に同一のメールアドレスはご利用いただけません。必ず人数分のメールアドレスをお手元にご用意の上お申込ください。

主催
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階) 

※申し込み締切:11月1日(金)15:00

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※いかなる理由においても、お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※森美術館のセミナーは1回ごとに異なるセミナーになりますので、日程の振り替え、変更は承ることはできかねます。お申し込みの際にはご注意ください。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)


【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

森美術館展覧会情報

「六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト—来たるべき風景のために」 会期:2013年9月21日(土)から2014年1月13日(月・祝)
「六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト—来たるべき風景のために」 会期:2013年9月21日(土)から2014年1月13日(月・祝)

日本のアートシーンを総覧する3年に一度の展覧会シリーズ「六本木クロッシング」。4回目となる本展では、東日本大震災以降明らかに高まっている社会的な意識を反映しつつ、日本の現代アートの「いま」を、歴史やグローバルな視点も参照しながら問いかけます。29組の芸術的実践を通して、先の見えない日本の次のステージにどのような風景が見えてくるのかを考えます。


「MAMプロジェクト 019:エムレ・ヒュネル」 会期:2013年9月21日(土)から2014年1月13日(月・祝)
「MAMプロジェクト 019:エムレ・ヒュネル」 会期:2013年9月21日(土)から2014年1月13日(月・祝)

エムレ・ヒュネル(1977年イスタンブール生まれ)は、科学、戦争、テクノロジー、建築などの歴史を踏まえ、危うさをはらんだ文明社会、その延長線上にある未来について問いかける作品を制作します。本展では《ジャガーノート》(2009年)、素描シリーズ《ブラック・シップス・エイト・ザ・スカイ》(2009年)に加え、新作の彫刻《トリロン》を含むインスタレーションを発表します。




六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB