六本木アートカレッジ

六本木アートカレッジ
「見えない」アートが増えている? 
— 経済から考えるアートの最前線 by AIT

Clip to Evernote

日時

2012年10月08日 (月)  16:10~17:10
終了しています

内容

物質感を伴った「もの」よりも、パフォーマンスやコンセプト、プロセス重視の作品が近年増えています。これは、アートが難しくなっているのではなく、アートが今の経済システムを鏡のように映し出している証拠。サービス、知識、ITなどの産業が、「もの」よりも「つながり」を生んでいるのを見れば、そこから今のアートの姿も想像できるはず。この回では、具体的なアート作品を紹介しながら、私たちの身の回りで渦を巻くお金や人、もの、情報の関係を探り、その関係のアート的質感に迫ります。


講師紹介

スピーカー
ロジャー・マクドナルド (ろじゃー・まくどなるど)
特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]副理事長/フェンバーガー・ハウスディレクター

1971年生まれ。ケント大学にて宗教学修士課程修了後、美術理論にて博士号を取得。博士号では近代アートとスピリチュアリティーを研究。2002年、仲間とともにAITを立ち上げ、現代アートの学校MADを開講、現在もプログラム・ディレクターをつとめる。個人美術館フェンバーガー・ハウス(長野件佐久市)ディレクター。現在は、アートと変性意識の関係をテーマに、研究やキュレーションを行っている。

すべて読む 閉じる

小澤慶介 (おざわ・けいすけ)
特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]ディレクター

1971年生まれ。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジにて現代美術理論修士課程修了。
現代アートの学校MADの受講生とともに守章「終日中継局」展(2012)、泉太郎「たしかめる」展(2013)などの実験的な展覧会企画を手掛ける。女子美術大学非常勤講師。「十和田奥入瀬芸術祭 SURVIVE この惑星の、時間旅行へ」(2013)キュレーター。十和田市現代美術館チーフ・キュレーター。

すべて読む 閉じる


六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
日本元気塾
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB