アカデミーヒルズスクール
イベント

森美術館「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」アーティストトーク

カルチャー&ライフスタイル 知識・文化・アート

日時

2014年05月31日 (土)  18:30-21:00

※当日の受付は18:00を予定しています。

終了しています

内容

テリーサ・ハバード/
アレクサンダー・ビルヒラー
《エイト》
2001年
ビデオ
Courtesy: Tanya Bonakdar Gallery, New York
ウォン・ソンウォン
《豚さん銀行の助け》(「7歳の私」シリーズより)
2010年
19世紀後半から20世紀にかけてニューヨークの貧しい移民の暮らしを取材した写真家ジェイコブ・A・リースは、英語が不自由な両親の橋渡しとしてさまざまな用務をこなす移民の子どもたちを「ゴー・ビトゥイーンズ(媒介者)」と呼びました。

本展は、異なる文化の間、現実と想像の世界の間など、さまざまな境界を自由に行き来する子どもの性質に注目し、子どもの視点を通して世界を展望しようとする試みです。世界各国の優れたアーティスト26組の作品に表れる子どものイメージを通して、社会で起こっているさまざまな事象に注目し、政治、文化、家族など子どもを取り巻く環境と、彼らが直面する諸問題に目を向けます。さらに、遊びや夢、記憶などをキーワードに、大人の常識や伝統の枠組みにとらわれない子どもの創造性と、その多様な感覚に迫ります。環境に翻弄される存在であると同時に、行き詰まった情況の突破口ともなり得る子どもの潜在能力は、未来への鍵となることでしょう。境界を超える子どもの姿を通して、より多様な価値が共存する、新たな世界への可能性を探ります。

本プログラムは、展覧会のために来日するアーティストたちが自らの作品について語ります。作品制作の背景など、アーティストの生の声を聞くことができる絶好の機会です。

出演:
テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー(アーティスト)
ウォン・ソンウォン(アーティスト)

タイムスケジュール:
18:30~ 出演:テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー
19:30~ 出演:ウォン・ソンウォン
20:30~ セッション 
       出演:テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー、ウォン・ソンウォン
       モデレーター:荒木夏実(森美術館キュレーター)

※日英韓同時通訳付

講師紹介

スピーカー
テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー (テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー)
アーティスト

テリーサ・ハバードは、1965年アイルランドのダブリン生まれ。アレクサンダー・ビルヒラーは、1962年スイスのバーデン生まれ。現在2名ともにアメリカのオースティン在住。1990年より協同で写真やビデオ、彫刻などを制作する。本格的なセットを用いて撮影する映像作品でとくに高い評価を得ている。主な展覧会に、「サウンド・スピード・マーカー」(ボールルーム・マルファ、米国/アイルランド現代美術館、ダブリン/ヒューストン大学ブラッファー美術館、米国、2014年)、「オープン・スペース|シークレット・スペース」(ルツブルク近代美術館、オーストリア、2013年)、「ザ・シネマ・エフェクト:イリュージョン、リアリティ、ムービング・イメージ」(ハーシュホーン美術館・彫刻庭園、ワシントンD.C./カイシャ・フォーラム、バルセロナ、2011年)などがある。

すべて読む 閉じる

スピーカー
ウォン・ソンウォン (ウォン・ソンウォン)
アーティスト

1972年韓国の高陽(コヤン)生まれ、ソウル在住。アーティスト本人の身近な人から聞いた話などをもとに物語を構成し、写真を用いてファンタジックな世界をつくりあげる。主な展覧会に、「リバプール・ビエンナーレ2012」(イギリス)、「キャラクター・エピソードI」(ギャラリー・アートサイド、ソウル、2011年)、「釜山ビエンナーレ:現在のアジア・アーティスト」、(釜山文化センター、韓国、2010年)、「ダブル・ファンタジー:韓国現代美術展」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、香川、2009年)など

すべて読む 閉じる

講座趣旨

※森美術館とは




森美術館とは文化都心 六本木ヒルズのシンボルとして、森タワーの最上階に位置する美術館。 「現代性」と「国際性」をテーマに、現代アート、ファッション、建築、デザイン、写真、映像など様々なジャンルの斬新な展覧会を開催しています。
展覧会会期中は休館日がなく、また22時まで開館(火曜日を除く)しています。

※MAMCメンバーとは
MAMC(マムシー)メンバーとは、森美術館(Mori Art Museum)と、現代(Contemporary)美術を、よりお楽しみいただくためのメンバーシップ。展覧会の無料入館や、メンバーイベントへのご案内など、特典を多数ご用意しています。
MAMCメンバーの詳細は、こちらをご覧ください。


募集要項

日時 2014年05月31日 (土)  18:30-21:00

※当日の受付は18:00を予定しています。

受講料 1,000円

「森美術館MAMCメンバー(個人・法人)」の方は無料。
森美術館ウェブサイトよりお申込ください。
森美術館MAMCメンバー個人:https://mamc.mori.art.museum/webapp/form/12176_ias_147/index.do
森美術館MAMCメンバー法人:https://f.msgs.jp/webapp/form/13445_dxt_504/index.do


定員 150名(要予約)

注意事項

複数名で一緒にご参加いただく場合にも、一括でお申込を頂くことはできません。お一人様ずつWEB上のお申込みフォームよりご登録いただくことにより、お席を確保させて頂いております。
恐れ入りますが、参加されるご本人にお申込いただくか、又は代理でご参加者の情報をご登録下さいますようお願い申し上げます。
尚、その際に同一のメールアドレスはご利用いただけません。必ず人数分のメールアドレスをお手元にご用意の上お申込ください。

主催
協力
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階) 

※申し込み締切:5月30日(金)15:00

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※いかなる理由においても、お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※森美術館のセミナーは1回ごとに異なるセミナーになりますので、日程の振り替え、変更は承ることはできかねます。お申し込みの際にはご注意ください。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)


【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

森美術館展覧会情報

「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」 会期:2014 年5 月31日( 土)から8 月31 日( 日)
「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」 会期:2014 年5 月31日( 土)から8 月31 日( 日)

本展は、異なる文化の間、現実と想像の世界の間など、さまざまな境界を自由に往き来する子どもの性質に注目し、子どもの視点を通して世界を展望しようとする試みです。世界各国の優れたアーティスト26組の作品に表れる子どものイメージを通して、社会で起こっているさまざまな事象に注目し、政治、文化、家族など子どもを取り巻く環境と、彼らが直面する諸問題に目を向けます。


「MAMプロジェクト021:メルヴィン・モティ」 会期:2014年5 月31日( 土)から8 月31 日( 日)
「MAMプロジェクト021:メルヴィン・モティ」 会期:2014年5 月31日( 土)から8 月31 日( 日)

メルヴィン・モティ(1977年、オランダ生まれ)は、神経学、科学、歴史と視覚文化の関係について、綿密なリサーチを基に作品を制作するアーティストです。日本初紹介となる本展では、「クラスター錯覚」と題した新作のテキスタイル作品シリーズを発表します。星図と着物の細密な小紋柄を組み合わせた本作は、ランダムに並んだ点や抽象的な文様から、具象的なイメージを想像したり、そこに何らかの摂理を見出そうとする人間の習....




Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB