オピニオン・記事

一人ひとりが世界を変える方法

マイクロソフトから途上国の子供たちに教育支援をする“天職”に出会うまで

更新日 : 2009年09月14日 (月)

第7章 組織のマネジメントとコミュニケーションのポイント

Room to Read CEO、ジョン・ウッド氏

会場からの質問: 短期間のうちに数多くの国で、多くの人々がルーム・トゥ・リードという組織でチャリティ活動をしているのには、どんな魅力があったからでしょうか。

それと、マイクロソフトご出身ということで、このNPOの運営にもITを駆使していらっしゃるのではないかと個人的に非常に興味があるのですが。

ジョン・ウッド:なぜ人々がこの活動にかかわってくれるのかというと、結果が出るからです。
ルーム・トゥ・リードで、「GSD」と言っています。それは「ゲット・スタッフ・ダン」、「とにかくやれ」ということです。実はスティーブ・バルマーから借用した言い方なのですが、このチャリティの世界では、多くの話し合いばかりしています。「変えよう」と言うだけで何もしないのです。

私は、「結果を四半期ごとに発表して、サイトに載せよう。何校できたか、いくつの奨学金を出せたか、結果を見せよう」と言ってます。それが人々をひきつけるのだと思います。つまり結果を見せることによって、彼らのお金がちゃんと使われているということ、そして彼らの使った時間もきちんと使われているということが見せられるわけです。

ITは世界中の人たちをつなげるという意味で使っています。eメール、スカイプ、そしてときどきグリーティングをそれぞれの国の人たちにYouTubeに掲載します。リンクをはってビデオで「こんにちは」と言ったり、テレビ会議をして評価のモニタリングをします。
 
セールスフォース・ドットコムは、寄付金の他、サイトの方でもデータトラッキングする力をくれました。グローバル・ソリューション・データベースといって——これもGSDですね——セールスフォース・データベースの中にあり、例えばラオスの図書館では、今どのぐらいの本が貸し出されているのか、今何人ぐらいの子どもたちが入っているのか、そういうことを知ることができます。つまりITをトラッキングのツールに使っているのです。

会場からの質問:チームや組織が大きくなってくると、一般的な企業では社内の教育が必要だったりするのですが、NPOのルーム・トゥ・リードの中では、組織内の教育やコミュニケーションにおいて、何か工夫はありますか?

Room to Read CEO、ジョン・ウッド氏

ジョン・ウッド: 私は、とにかく新しく入った人たちと話をします。オリエンテーションなどフォーマルなものはありますけれども、インフォーマルなものが必要で、とにかくかかわる人には、設立に至った経緯を理解していただきたい、それがまず1つです。

もう1つは現場に行くことですね。そしてチームの人とともに時間を過ごす。私はこの1年でネパールにもベトナムにも南アフリカにもザンビアにも行きました。やはり時間を割くことが必要です。

そのときに、「私とあなた、みんなで自分たちの組織にしたいんだ」と言います。“I”ではなく“We”と言うのです。


会場からの質問: 世界中に図書館をつくったり学校奨学金を出していると思いますが、優先順位はどうやって決めるのですか?

ジョン・ウッド: 図書館をどこに設定するかは、ローカルチームとの作戦になります。それから、ローカルチームとその国の中央政府、現地政府、自治体との話し合いになります。そしてその後、どうすれば両親を関与させられるか、図書館を一緒につくれるかという、いろいろな要素の組み合わせになります。

最も難しいのは、何千、何万もの村が私たちを必要としていることです。例えば(2008年)2月、ネパールのある責任者が女子の奨学金に関して今年500人にしか奨学金をあげられないことにフラストレーションを感じていました。500人というのは非常に大きな数字ですが、4,000人の申し込みがあったのです。つまり申し込みをしてくれた女の子たちの87.5%に「だめ」と言わなければいけないからです。

そこで私は責任者に、「私は死ぬまで世界を旅し続ける。そして、申し込んできた女の子たちに、誰もNo、だめと言えないようにしたい」と話しました。

関連書籍

マイクロソフトでは出会えなかった天職—ぼくはこうして社会起業家になった

ウッド,ジョン, 矢羽野 薫【訳】
ランダムハウス講談社


該当講座

特別セミナー
「“一人ひとりが世界を変える”方法がここにある」
Room to Read CEO、ジョン・ウッド氏をお招きして
John Wood (ルーム・トゥ・リード 創設者 兼 共同理事長)
米倉誠一郎 (日本元気塾塾長/法政大学イノベーション・マネジメント研究科教授/ 一橋大学イノベーション研究センター名誉教授)

『マイクロソフトでは出会えなかった天職(原題:Leaving Microsoft To Change the World)』の著者、ソーシャルアントレプレナーのジョン・ウッド氏による特別セミナーです。 マイクロソフトのエグゼクティブであった氏が、非営利団体ルーム・トゥ・リード(Room to Re....


BIZセミナー その他 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事